コラム

 公開日: 2018-06-26 

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「ブラックリストとは何ですか」

2018/6/25(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「ブラックリストとは何ですか」


広島 借金 相談 弁護士

ブラックリストとは何ですか

Q: 今月は、「借金・過払い」をテーマに、番組に寄せられましたご相談について、法律の専門家であるお立場からお答えをいただきます。
江さん、今週もよろしくお願い致します。

A: はい、よろしくお願いします。

Q: 今日は34歳・女性の方からの質問に答えていただきたいと思います。

 「先日、ガソリンスタンドで、クレジットカードを作ると、今日からのガソリン代が安くなるというセールストークにつられ、どうせ定期的に使用するものだし、少しでも安くなれば助かる…と思い、申し込みをしました。
 後日、カードが送られてくるはずでしたが、いくら待っても届かず…個人情報満載の申し込み用紙がいったいどこに行ったのか不安になったので、ガソリンスタンドのスタッフに確認してもらいました。
 すると、お客様のカードは発行できない。という答えが。
 納得できず、カード会社に問い合わせてみたのですが、あなたのお名前ではカードがつくれません。の一点張り。
 本人が聞いているので、理由を教えて欲しいと依頼しましたが、理由はお応えできません。というばかりなのです。
 友達に話すと「ブラックリストに載っているんじゃない?」とのこと。
 昔、借金をしたとか、クレジットの振込みをしなかったとか、なんらかの心当たりがあれば納得もできるのですが、そのようなことは一切記憶になく、どうしてカードが作れないのかわかりません。
 友達が言うようにブラックリストに載っていたりしたら、この先、どんなことになるのか不安で仕方ありません。
 しかも、ブラックリストに載っているのかすら、どうやって確認すればいいのかもわからず、悶々とした日々を過ごしています。
 そもそもブラックリストとはどういうものなのか…江先生、丸子さん、番組で、ブラックリストとは何なのか教えてください。」

というご相談です。
 以前にも、ブラックリストについては、番組で取り上げましたが、今日は、今一度、ブラックリストについて、詳しく教えてください。

A: はい。
 ではまず、ブラックリストとはどういうものを指すのか、というところからお話しましょうかね。
 ブラックリストと言われているものは、実際には存在しない、ということは、以前にもお話ししましたね。

Q: そうでしたね。
 具体的にはブラックリストというものがあるわけではない。ということでしたね。

A: そうです。
 一般的に「要注意人物を書いたリスト」として認識されていますが、リスト・・・名簿があるわけではないということです。

Q: 名簿があるわけではないが、要注意人物に挙げられてしまうのは、どうしてなのでしょうか?

A: 例えばクレジットカードで利用した代金を延滞、滞納した時の記録や自己破産、失跡など、返済に支障があった時の情報に基づいています。
 いわゆる民間の信用情報機関に登録されている債務者の借入・返済履歴のうち、「事故情報」と呼ばれるリストのことを指してブラックリストと呼んでいるだけです。

Q: 信用情報機関…というのはどのような機関なのでしょう?

A: 信用情報機関は、クレジットカードの申し込みや金融機関への借入れ申し込みがあった時に、他社での利用状況や過去に事故情報がないかを調べるために設けられた機関です。

Q: クレジットカード会社は、カードの申し込み者が申込書に記入した事項だけでは、カードを発行していいかどうか判断できませんから、それを裏付ける正確な個人情報が必要になる…ということなんでしょうか?

A: そういうことです。
 その際に利用するのが信用情報機関の顧客情報や債務情報になります。
 クレジットカードの申し込みがあった時には、必ず、この信用情報機関のデータを照会して、カード発行の有無を判断します。

Q: 信用情報機関に登録されている情報は、どのような内容なのか、わかりますか?

A: はい。
 氏名・生年月日・住所・電話番号・勤務先などの顧客情報に加え、過去の利用履歴・返済金額・返済日などの債務情報、そして過去の延納や延滞などの事故情報の3つです。
 初めてカードを申し込むと、信用情報機関にはまだ情報がありませんから、その際に申込書に記入した事項が登録されます。

Q: なるほど、よくわかりました。
 ブラックリストと一般的に呼ばれている事故情報、ここに、相談者の事故情報が登録されているのかもしれませんね。
 ただ、相談者は「過去に支払いを延滞したりという覚えがない。」と言われています。
 ブラックリストに登録されるケースを具体的に教えてください。

A: 一般的には破産や失跡の他に、3ヶ月以上返済をしなかった場合、短期間にたびたび延滞を繰り返した…と言う場合にも登録されることはあるようです。

Q: 意外にも身近なケースで事故情報に登録されることもあるのですね。

A: 今回の相談者は、このようなケースは覚えがないとのことでしたので、カードが作れなかったのは、事故情報があったらとは断定できませんが、そういえば…昔…というような日常の延滞が登録されてしまっている可能性もあるかもしれませんね。

Q: そうですね。
 ただ、何が原因でカードが作れないのか、気になりますね。
 例えば、自分がブラックリストに載っているか否かを確認することってできるのですか?

A: 個人情報は、それぞれの情報機関に郵送で申し込めば、回答をもらうことができます。
 信用情報機関に直接問い合わせれば、郵送料金に500円から1000円程度で開示してもらえます。
 申し込みの際には、本人確認のため、身分証の提示と申込書の提出が必要になります。

Q: これが原因かはわかりませんが、ご自分の信用情報を確認するという意味でも、一度、信用情報を閲覧してみるのもいいかもしれませんね。

A: そうですね。
 万が一、事故情報が登録されていて、いわゆるブラックリストに情報が挙がっていたとしても、いずれは記録は消えますので、ご安心を。
 というのも、ブラックリストには、返済の延滞など、事故のあった日から5年~7年以内の記録が載ることになっていますから、期間を過ぎると、情報は自動的に消去されます。

Q: 一度登録されたら、一生ついて回る…というものではないのですね。
 ブラックリスト…よくわかりました。
 江さん、さすが法のスペシャリストです!
 なんでも答えていただけて、頼りになります。
 それではここで、山下江法律事務所相談予約のフリーダイヤルをお伝えしておきましょう。
 山下江法律事務所フリーダイヤルは0120-7834-09 0120-7834-09 
 この番組名と同じ「なやみよまるく」と覚えてください。
 また、今日の番組の内容は、まちの専門家をさがせるウェブサイト「マイベストプロ」でもご覧いただけます。
 江さん、今日もありがとうございました。


■次回のテーマ 
「貝掘りや釣りは勝ってにやっていいの」について
2018/6/25 13:30~13:40 FMちゅーピー(76.6MHz)

「借金・過払いでお悩みの方へ」

■バックナンバー(債務整理)
「浪費での借金は自己破産できない?」 2018/6/19OA
「家を残せる借金整理法を教えて」 2018/6/11OA
「今からでも過払い金を取り戻せますか」 2018/6/4OA
「個人再生なら家を残せますか?」 2016/11/28OA
「払い金返還請求ができるのは、いつまで?」 2016/11/21OA
「自己破産をするのは恥ずかしい…」 2016/11/14OA
「自己破産以外にも借金整理をする方法があるのですか」 2016/11/8OA
「解雇すると言われた」 2016/11/1OA
「自己破産だけはしたくない。何か方法は?」 2016/4/18OA
「自己破産すると会社から解雇されないか心配」 2016/4/11OA
「過払い金返還請求にかかる弁護士費用は?」 2016/4/4OA
「過払い金請求できるかどうか知りたい」 2015/11/30OA
「自己破産すると戸籍に残るのでは」 2015/11/23OA
「家を残して借金整理する方法は?」 2015/11/16OA
「もうすぐ過払い金請求ができなくなるのですか?」 2015/11/2OA
「いわゆる『ブラックリスト』について教えて!」 2015/5/25OA
「過払い金について、司法書士も広告をしているが…」 2015/5/18OA
「手元に資料がなくても過払い金返還請求はできる?」 2015/5/11OA
「自己破産と個人民事再生の違いを教えて?」 2015/5/4OA
「自宅を守る借金整理法は?」 2014/10/20OA
「自己破産しないで借金整理できますか」 2014/10/13OA
「過払い請求できるかどうか知りたいのですが」 2014/10/6OA
「特定調停手続について教えて下さい。」 2014/6/30OA
「自己破産しようにも費用がないのですが・・・。」 2014/6/9OA
「今からでも過払い請求できますか?」 2014/6/2OA
「個人再生手続きについて教えてください」  2013/12/16OA
「自己破産すべきかどうか悩んでいます」  2013/12/9OA
「過払い金返還請求には時効があるのですか?」  2013/12/2OA
「過払い金返還、弁護士と司法書士の違い」 2913/6/25OA  
「自己破産のメリットとデメリット」 2013/6/17OA 
「数年前に完済していても、過払い金返還請求は可能か?」 2013/6/10OA
「過払い金返還請求するとブラックリストに載る?」  2013/6/3OA
「江さんに、質問!」 2012/1/30OA 
「家を守りながら借金を整理したい」 2012/1/23OA
「法テラスの利用法」 2012/1/16OA
「完済後でも消費者金融からお金を取り戻せますか?」 2012/1/9OA 
「過払いについて」 2012/1/5OA 
「会社を倒産して、夜逃げをしようと考えています」 2011/2/28OA
「消費者金融からお金を取り戻せますか」 2011/6/13OA

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

■解決事例はこちら■お客様の声はこちら

相談料

無料相談についてはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■相続問題専門サイト■離婚・男女トラブル問題専門サイト■借金・過払い専門サイト■不動産トラブ...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

「親切な相談」と「適切な解決」がモットー。「依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします」(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江法律事務所代表弁護士の山下江さんです。 山下江法律事務所は、弁護士16人・秘書23人を擁する中四国最大級の法律事務所。広島本部に加え、呉...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「ラインで誹謗中傷された」
イメージ

2018/7/16(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届けし...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんのお知らせ「はなまる相続フェア開催」
イメージ

 はなまる相続フェア開催 弊所の相続アドバイザー/山口亜由美、相続(上級)アドバイザー/今井絵美、弁護士/...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの「7月11日創立23周年 」ほか
イメージ

 7月11日創立23周年  昨日7月11日(水)、山下江法律事務所は創立23周年を迎えました。山下江法律...

[ 代表/山下江のブログ ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「5歳女児虐待死は防げなかったのか」
イメージ

2018/7/9(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届けし...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの「広島はじめ大雨被害、お見舞いもうしあげます。 」ほか
イメージ

 えっ!4432万円!  この数字は何か分かりますか?1平方メートル当たりの路線価の最高値だ。場所は、...

[ 代表/山下江のブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ