コラム

 公開日: 2018-05-15 

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「同僚の夫から不倫慰謝料請求書が届いた」

2018/5/14(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「同僚の夫から不倫慰謝料請求書が届いた」


不倫 慰謝料 相談 広島 弁護士

同僚の夫から不倫慰謝料請求書が届いた

Q: 今月は、「離婚・男女トラブル」をテーマに、番組に寄せられましたご相談について、法律の専門家であるお立場からお答えをいただきます。
 江さん、今日も、よろしくお願いします。

A: はい、よろしくお願いします。

Q: 今日は27歳、男性からのご相談です。
 
 「弁護士事務所に相談に行くには勇気がなく、しかし、自分でどうにもできないトラブルが発生しました。
 新聞でこの番組のことを知っていたので、思い切ってメールを送ります。
 どうか、相談にのってください。
 先日、会社の同僚である女性のご主人から、不倫慰謝料請求書というものが届きました。
 この女性とは、同じ頃に転職してきた仲間ということもあり、仲良くしていました。
 よく食事にも行っていましたし、悩みがあれば相談しあう中…。
 彼女は既に結婚をしていましたし、僕にも付き合っている彼女がいましたので、恋愛関係ではなく、仲の良い同僚として付き合っていました。
 丁度半年位前でしょうか、ご主人とケンカばかりしていて、家に帰るのが嫌だというので、一緒に飲みに行き、明け方まで一緒にいました。
 どうやらその日の二人の様子を写真で撮られていたようで、証拠は揃っている…という文面の手紙もついていました。
 とはいえ、そんな事実はなく、相手の勝手な思い込みなのです。
 しかし、彼女が「僕のことを好きになってしまったので、別れて欲しい」とご主人に話したとか…そのあたりの事情がよくわからないまま、不倫慰謝料請求書だけが送られてきたのです。
 慰謝料は300万円、どうやってこの金額が出てきたのかもわかりませんし、後ろめたいことはなにひとつしていないのに慰謝料を払わなければならない意味もわかりません。
 彼女は連日出社しておらず、連絡を取って詳しく聞こうかとも思いましたが、接触して、また面倒なことになるものいやなので、そっとしています。
 とりあえず、僕はどうしたらいいのか…アドバイスをください!」

という内容のメールです。
 江さん、相談者は後ろめたいことは何一つしていないと断言されています…しかし、不倫慰謝料請求書は届いた…放っておくわけには、いかないでしょう…ね…

A: う~ん、そうですね…ご主人が証拠として挙げているものがどのようなものなのかにもよると思います。
 そもそも、不倫慰謝料請求をしても、全てが認められるか…というとそうではありません。

Q: 慰謝料を請求されても、支払う必要がない場合もあるということですね。

A: はい。
 請求額そのままを支払う必要がない。
 交渉次第で減額ができる。
 そもそも支払う必要がない場合もあります。
 法律上、慰謝料請求が認められるには、一定の要件が揃わなければなりません。

Q: では、慰謝料請求をされても、支払わなくて良いとされる、その要件を教えてください。

A: まずは「肉体関係が無かった場合。」です。
 相思相愛だったとしても、気持ちだけのプラトニックな関係であるとか、一緒に食事をしただけとか、手を繋いだ、キスをした…ということであれば、慰謝料請求には応じる必要はありません。

Q: あくまでも不貞行為がなければ、慰謝料を支払う必要はないということなんですね。
 ちょっと、意外な気もしますが、法律的には、そうなっているのですね。
 その他には…

A: 「相手が既婚者だと知らなかった」と言う場合にも、慰謝料を支払う必要はありません。

Q: なるほど、これは、納得できます。

A: そうですね。
 相手に本当のことを教えてもらえていなかったというわけですからね。
 その他には、「不倫相手の夫婦関係が既に破綻していた場合」や「脅迫による不貞行為であった場合」「すでに請求権が時効消滅している場合」などが挙げられます。

Q: 今回のご相談では、後ろめたい事実はないと断言されています。
 例えば、相談者が仰るとおり、不貞行為が無かったのであれば、その旨を主張すればいのでしょうか?

A: そうですね。
 それしかないと思います。
 そしてその主張が事実だと認められれば、慰謝料を支払わずに済みます。

Q: しかし、この主張が正しいと認めてもらうのって、なかなか難しいそうですね。
 嘘を言っているといわれたら、そこから先、証拠になるものが無いような…

A: そうですね。
 ただ、証拠を出すこと自体は難しくても、逆に、相手も証拠を持っていないと慰謝料請求権は認められません。
 ですから、本当に不貞行為がないのであれば、その旨を伝え、相手からの証拠の提出を求めるのが妥当です。

Q: 例えば相手がどのような証拠を出してきた場合、認めざるを得なくなるのでしょうか?

A: 不倫慰謝料請求に伴う証拠として重要なものを挙げてみましょう。
 不貞行為に対する証拠となるものですが・・・例えば、二人がホテルに入っていく、または出てくるタイミングの写真や動画。 二人が同じ部屋で就寝したことの証明。
 メールや手紙などに記された不貞行為を推測できる文言の証拠などが挙げられます。

Q: なるほど、今、挙げていただいた証拠がでてくれば、認めざるを得ないですね。
 ただ、今回のご相談では、自信を持って後ろめたいことはない!と書かれていますから、堂々と証拠の提出を求めるべきですね。

A: そうですね。
 ただ、以前もお話したかもしれませんが、男女トラブルについては、様々な理由や感情が入り乱れていることが多く、二つとして同じ事例はないものです。
 いくら自分の行動に自信があって、強気に出たとしても、何かの拍子に歯車が狂ってしまうという危険性も含んでいます。
 ですからまずは、あまり気を負うことなく、弁護士へ相談してされることをおすすめします。
 相談者のこれまでの行動や同僚との付き合い方などを聞いた上で、法的な立場でアドバイスをもらえるはずです。
 後ろめたいことはないから!と単独で事を進めるのは、少々危険です。このような時こそ、弁護士に頼るべきです。

Q: たしかにそうですね。
 相談者には、付き合っている方もいらっしゃるようですし、ことを荒立てず、きちんと無実であることを証明していただきたいと思います。
 それには、弁護士の力が重要なのかもしれませんね。
 一度、相談されてみてはいかがでしょうか?

A: 是非、お待ちしています。

Q: それではここで、山下江法律事務所相談予約のフリーダイヤルをお伝えしておきましょう。
 山下江法律事務所フリーダイヤルは0120-7834-09 0120-7834-09 
 この番組名と同じ「なやみよまるく」と覚えてください。
 また、今日の番組の内容は、まちの専門家をさがせるウェブサイト「マイベストプロ」でもご覧いただけます。
 今日は、「同僚の夫から不倫慰謝料請求書が届いた」というお悩みに、答えていただきました。
 江さん、ありがとうございました。


■次回のテーマ 
「浮気は結婚前と結婚後とでは違うのか」について
2018/5/21 13:30~13:40 FMちゅーピー(76.6MHz)

「離婚・男女トラブルでお悩みの方へ」

■バックナンバー(離婚・男女トラブル)
「閉経後の女性も再婚禁止期間があるのですか」 2018/5/7OA
「婚約中の不倫で慰謝料はとれるか」 2017/8/28OA
「未成年者との性行為は犯罪ですか」 2017/8/21OA
「妻のセックス拒否は離婚理由になりますか」 2017/8/14OA
「離婚の財産分与は半分ずつと決まっているのですか」 2017/8/7OA
「暴力をふるう夫と離婚したい」 2017/3/27OA
「夫の不倫相手に慰謝料を請求したい」 2017/3/20OA
「離婚して生活していけるのか不安です」 2017/3/13OA
「女子高生は大人と付き合ってはいけないのですか」 2017/3/6OA
「離婚したいと思っているのですが…」 2016/9/26OA
「子の親権を取れますか?」 2016/9/19OA
「不倫の慰謝料の相場は?」 2016/9/12OA
「彼氏が浮気。相手女性から慰謝料を取りたい」 2016/9/5OA
「離婚した後でも、養育費を請求できますか?」 2016/2/29OA
「不倫の慰謝料を請求されている」 2016/2/22OA
「息子が親の承諾なしに結婚していた」 2016/2/15OA
「夫がセックスに応じてくれない…」 2016/2/8OA
「女性の再婚禁止期間が100日となったようですが」 2016/2/1OA
「不倫相手から慰謝料を取りたい」 2015/9/29OA
「離婚は弁護士に依頼した方が良い?」 2015/9/22OA
「10年別居中、離婚できますか?」 2015/9/15OA
「離婚後の子の姓と相続の関係」 2015/9/4OA
「家に金を入れない夫と離婚できるか」 2014/8/11OA
「夫の同性愛は不貞行為になりますか」  2014/2/25OA 
「夫と話すことなく離婚手続きを進めたい」  2014/2/17OA 
「別居中の夫から生活費をもらいたいが・・・。」  2014/02/10OA 
「暴力と浪費の夫と離婚したいが」  2014/2/3OA 
「熟年離婚,年金分割について知りたい…」  2013/9/30OA 
「宗教にはまった妻と離婚したい…」 2013/9/23O 
「婚約不履行、どこまで損害賠償できる?」  2013/9/16OA 
「セクハラ被害で訴えたいが、恥ずかしくて行動に移せない」  2013/9/9OA 
「金遣いの荒さが原因で離婚できるか?」  2013/9/2OA 
「ストーカー行為の対処法について」 2013/2/25O 
「25年前の夫の不倫に賠償請求はできる?」 2013/2/18OA
「婚姻費用分担義務とは?」 2013/2/11OA 
「養育費の決め方」 2013/2/4OA 
「もう顔を見たくもない夫と離婚したいが…」 2012/7/30OA 
「セックスレスは離婚原因になるか?」 2012/7/23OA 
「再婚すると養育費はもらえなくなる?」 2012/7/16OA 
「離婚しようと思うが、子どもの親権は取れるか?」 2012/7/9OA 
「離婚をする際、弁護士に相談するメリットは?」 2012/7/2OA 
「子どもを取り戻したい」 2012/3/26OA 
「浮気相手の女性に対し慰謝料請求できるのですか?」 2012/3/19OA 
「離婚のための手続きを教えてください。」 2012/3/12OA 
「離婚したいが、どのような理由が必要ですか?」 2012/3/5OA 
「離婚したら夫の年金の半分がもらえる?」 2011/9/26OA 
『娘が「婚約を破棄したい」と言っているのですが…』 2011/9/19OA 
「離婚後、子と同じ氏にしたい」 2011/9/12OA 
「偽装離婚は有効でしょうか?」 2011/9/5OA  
「夫の同棲相手への損害賠償は出来ますか?」 2011/3/28OA
「養育費の支払いを減額できないか…」 2011/3/21OA
「未婚の息子に子どもができたのですが…」 2011/3/14OA 
「離婚に伴う子どもの親権とは?」 2011/3/7OA

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

■解決事例はこちら■お客様の声はこちら

相談料

無料相談についてはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■相続問題専門サイト■離婚・男女トラブル問題専門サイト■借金・過払い専門サイト■不動産トラブ...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

「親切な相談」と「適切な解決」がモットー。「依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします」(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江法律事務所代表弁護士の山下江さんです。 山下江法律事務所は、弁護士16人・秘書23人を擁する中四国最大級の法律事務所。広島本部に加え、呉...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
弁護士コラムvol.176 「近所間の騒音トラブル」 久井 春樹
イメージ

 近所間の騒音トラブル 1 昨今、騒音をめぐってご近所同士でトラブルになるケースが散見されます。言う...

[ 弁護士コラム/いろいろ ]

広島の弁護士・江さんの「とうかさん(6月1,2、3日)に今年も協賛」ほか
イメージ

 とうかさん(6月1,2、3日)に今年も協賛 もう少しで、広島に夏の到来をつげる「とうかさん」(浴衣祭り)...

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「浮気は結婚前と結婚後とでは違うのか」
イメージ

2018/5/21(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの「ネパール小中学校のトイレ修繕工事@広島北RC 」ほか
イメージ

 ネパール小中学校のトイレ修繕工事@広島北RC  5月17日(木)の広島北ロータリークラブ例会では、国際...

[ 代表/山下江のブログ ]

広島の弁護士・江さんのお知らせ「広島本部の受付をリニューアル☆」
イメージ

このたび山下江法律事務所の広島本部の受付をリニューアルしました☆エレベーターを降りて事務所の扉を開けて中に...

[ お知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ