コラム

 公開日: 2018-02-09 

弁護士コラムvol.169 「子どもの連れ去りについて」 柴橋 修

子どもの連れ去りについて


山下江法律事務所 弁護士 柴橋修
 夫婦が別居する際に、子どもをどちらが育てるかということは大きな問題になり、この点でトラブルが多く発生しています。双方の主張が対立することも多く、一方が実力行使をしてしまう場合も見受けられます。
 例えば、夫婦が別居することになり、妻(夫)が子どもを連れて家を出たというケースにおいて、突然相手方が押しかけてきて、子どもを奪い去り、返してくれないというような事例です。
 このような場合、再び自分の下に子どもを返してもらうためにはどうすればいいのでしょうか。
 法的な手続きをとるべきと思います。家庭裁判所に対して、①子の監護者として自分を指定するよう求める審判②子を自分に引き渡すよう求める審判を申し立てます。また、迅速に判断してもらうため、審判前の保全処分として③子の監護者として自分を仮に指定するよう求める審判④子を自分対して仮に引き渡すよう求める審判も同時に申し立てます。
 違法に子どもを奪取したという事情が認められる場合には、審判前の保全処分が認められる可能性が高くなると思われます。
 審判前の保全処分が認められる場合、特に相手方に代理人弁護士がついているような場合には、この結論を尊重して任意に子どもを返してもらえることが期待できます。
 それでも任意に子どもを返してもらえないときには強制執行の手続きをとることを検討します。
 違法に子どもを奪われたという場合、これを放置してしまうと、子どもが新しい環境に慣れてくることもあり、子どもの福祉を考えると現状を維持した方がいいという判断がされてしまう可能性が上がってくるといえます。
 したがって、なるべく早く弁護士に相談すべきと思われます。上記のようなトラブルが発生した場合には、当事務所までご相談ください。


 執筆者:山下江法律事務所 弁護士 柴橋 修   (広島弁護士会所属)

弁護士 柴橋 修のプロフィール

■離婚・男女トラブル専門サイト「子どもの問題」

■弁護士コラムバックナンバー【離婚・男女トラブル】
・vol.164 「認知について」 宮部 明典 2017.11.24
・vol.162 「離婚と税金」 青山 慶子 2017.10.27
・vol.161 「不倫をして一方的に自宅を出て行った妻は夫に対し生活費(婚姻費用)を請求できるのか」 久井 春樹 2017.10.13
・vol.159 「不貞行為とは」 城 昌志 2017.9.15
・vol.144 「離婚した場合の自分や子どもの名字・戸籍について」 城 昌志 2017.2.17
・vol.129 「養育費を支払ってほしい」 齋村 美由紀 2016.7.22
・vol.120 「離婚の裁判とは?」 青山 慶子 2016.3.4
・vol.119 「浮気をした交際相手に慰謝料請求できるか」 久井 春樹 2016.2.19
・vol.118 「有責配偶者からの離婚請求」 新名内 沙織 2016.2.5
・vol.115 「女性の再婚禁止期間」 城 昌志 2015.12.25
・vol.114 「子どもの引渡しについて」 齋村 美由紀 2015.12.11
・vol.110 「養育費算定表」 稲垣 洋之 2015.10.16
・vol.109 「別居,離婚後も子どもに会うためには(面会交流)」 柴橋 修 2015.10.2
・vol.107 「離婚後の手続き」 青山 慶子 2015.9.4
・vol.102 「不倫の慰謝料と養育費」 蔦尾 健太郎 2015.6.26
・vol.94 「夫婦別姓と女性の再婚禁止期間について」 田中 伸 2015.3.6
・vol.91 「離婚と在留資格」 新名内 沙織 2015.1.23
・vol.85 「離婚後の親権者死亡」 加藤 泰 2014.10.31
・vol.72 「養育費を支払ってくれない」 齋村 美由紀 2014.4.18
・vol.60 「離婚事件に思うこと」 蔦尾健太郎 2013.10.11
・vol.55 「養育費の支払を減額したいのですが」 山口卓 2013.8.2
・vol.51 「離婚した妻が子どもに会わせてくれなかったら・・・」 久井春樹 2013.6.7
・vol.32 「離婚の届出と離婚後の親子の氏について」 榎本紀子  2012.8.31
・vol.30 「離婚相談でよく聞かれる質問ベスト3」 山本靖子 2012.8.3
・vol.23 「離婚時の年金分割」 松浦亮介 2012.4.27
・vol.14 「離婚で悩んでいるけれど…」 山本靖子 2011.12.16
・vol.7 「離婚に伴う養育費の問題」 片島由賀 2011.9.9 
・vol.4 「不貞行為と離婚理由」 山口卓 2011.7.29

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
弁護士コラムvol.170 「未成年者の契約について」 稲垣 洋之
イメージ

 未成年者の契約について  現在の民法では,未成年者が契約を締結するには,法定代理人の同意を得なけれ...

[ 弁護士コラム/いろいろ ]

広島の弁護士・江さんの「福田浩一君(YMFG初代社長)のご冥福をお祈りします」ほか
イメージ

 福田浩一君(YMFG初代社長)のご冥福をお祈りします 2月18日,山口フィナンシャルグループの初代社長であ...

[ 代表/山下江のブログ ]

相続アドバイザーの「小さな冒険」
イメージ

 小さな冒険 こんにちは。相続アドバイザー・事業承継士の山口亜由美です。今、東京に来ています。ま...

[ 相続アドバイザー ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「エステの違約金が高すぎる」
イメージ

2018/2/19(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの「羽生は負けたが羽生は勝った」ほか
イメージ

 羽生は負けたが羽生は勝った 2月17日(土)は「羽生」デーだったようだ。将棋の羽生(はぶ)善治竜王は...

[ 代表/山下江のブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ