コラム

 公開日: 2017-08-15 

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「妻のセックス拒否は離婚理由になりますか」

2017/8/14(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「妻のセックス拒否は離婚理由になりますか」

セックスレス 離婚 広島 弁護士

妻のセックス拒否は離婚理由になりますか

Q: 今月は、「離婚・男女トラブル」をテーマに、番組に寄せられました手紙やメールによるご相談に、法律の専門家であるお立場からお答えをいただきます。
 江さん、今日も、よろしくお願いします。

A: はい、よろしくお願いします。

Q: 今日は39歳の男性からメールでご相談いただきました。

 「私は12年前に結婚し、現在、年長の息子と、妻の3人暮らしです。
 結婚してから6年、ようやく子どもに恵まれました。
 それまで、避妊をしていたわけではなく、欲しいのに出来なかったというのが本当のところです。
 妻は不妊に悩んでおり、毎月毎月、妊娠をするためだけにセックスをしていたといっても過言ではありません。
 夫婦として愛し合うということよりも、子どもを作るための行為にしか思えないものでした。
 子どもができるまでは…と我慢していましたが、子どもが産まれてからは、セックスを拒まれるようになりました。もう、私の役目は終わったようにも感じます。
 妻は子どものことばかりで、私には興味がないようにも思えてきました。
 そんな中、職場の後輩を好きになってしまったのです。
 家庭では私を必要としていないようだし、いっそ離婚して、その後輩と一緒になりたいと考えています。
 妻がセックスを拒否することが原因で離婚はできるものなのでしょうか?
 教えてください。」

というご相談です。
 う~ん、これはちょっとせつないお悩みですね。

A: 最近、よく聞く悩みの一つです。
 性交渉のない、いわゆる「セックスレス」の夫婦は、近年上昇傾向にあると報じられています。

Q: たしかに、よく聞くようになりましたよね。
 ただ、夫婦がセックスレスだからといって、法に触れるわけではありませんよね?

A: はい。
 お互いがそれに納得しているのであれば、何の問題もありません。
 しかし、今回のご相談のように、一方的に片方が性交渉を拒否している…という場合は問題となります。
 どうしてかというと、結婚という定義において、夫婦の性生活は両者間で合意がなされているもの。と想定されているからです。

Q: どちらか一方が拒否し続けるということは、夫婦である以上、法的に罰せられるということですか?

A: いえ、特に法律で夫婦の性生活を規定している条文はありませんが、今回のご相談のように、拒否し続けられた場合は、離婚を認められる理由のひとつになり得るということです。
 以前、最高裁判所が下した判例のひとつを紹介すると、夫に性交能力がなく、結婚から1年半を経過した事案について、若い女性である妻として忍びえないものであり、とした上で「夫婦の性生活が婚姻の基本となるべき重要事項である点を考えれば、婚姻を継続し難い重大な事由」に当たるとして、離婚を認めたというものがあります。

Q: なるほど、今回のご相談とは逆のパターンですが、夫婦のどちらか片方が拒否しているという点では、参考になる判例ですね。
 こうすると、ご相談者の「セックスレスを理由に離婚ができるか」という質問には、イエスと回答できますね。

A: そうですね。
 可能性としては離婚できると思います。
 ただ、メールにもありましたが、このような状況から、会社の後輩を好きになり、その人と一緒になりたい…という点においては、少し気になるところもあります。
 本当に、セックスレスが理由で、それに対して婚姻関係を続けていけないというのであれば、まずはこの件についてきちんと整理することだけを考えて行動しなければならないと思いますね。

Q: そうですね。
 好きな人ができたから、離婚を望んでいる…と理由をすり変えられる可能性もありますよね。
 ところで江さん、今回のご相談のように、セックスレスを理由に離婚ができるというのは、法律的には「婚姻を継続し難い重大な事由」として認められるということでしたが、この「婚姻を継続し難い重大な事由」の中には、他にどのようなものがあるのですか?

A: 「婚姻を継続し難い重大な事由」とは、夫婦関係が破綻していてその復元の見込みがない場合に使われます。
 内容も幅広く、限定されていませんが、その多くはセックスレス、性格の不一致、暴力沙汰、両親・親族との不和や嫁・姑問題、ギャンブル狂や浪費、信仰・宗教上の対立などが挙げられます。

Q: いろいろな理由があるということですね。

A: 裁判で離婚が請求できる、いわゆる民法で定められている「離婚原因」は、全部で5つの項目に分けられます。
 一つ目は、配偶者の不貞行為。
 そして二つ目に、悪意の遺棄。
 三つ目に、3年以上の生死不明。
 四つ目に不治の精神病。
 そして今回取り上げている、婚姻を継続し難い重大な事由、の5つです。
 婚姻を継続し難い重大な事由の中には、先ほど紹介したように様々なケースが含まれています。
 同じような原因でも離婚が認められる場合と、認められない場合があり、それぞれの事情において、裁判官が総合的に判断することになります。

Q: なるほど、大まかにはセックスレスを原因として離婚請求をしたとしても、離婚できる場合とそうではない場合があるということなんですね。

A: そういうことです。
 例えば、セックスレスなどはなかなか立証が難しいもので、単に性交渉が長期間に渡り行われていないというだけでは離婚できるとはいえないかもしれません。
 要するに、セックスレスがきっかけとなって、その結果、愛情が失われ、結婚生活に破綻を来たした、という場合でないと難しいのではと思います。

Q: なるほど。
 双方の言い分もあるでしょうからね…。
 やはりこのような場合は、弁護士などに頼る方が、いいのでしょうね。

A: そうですね。
 今回も、相談者である夫は、セックスを拒否されて愛情までなくなっているかもしれませんが、奥さんの主張として、子育てが忙しいであるとか、気持ちはあるけれど疲れていて応えられないなどの答えが返ってきたとすると、これは愛情が無くなっているとはいえず、結婚生活が破綻しているわけではないとされ、修復可能として判断されることもありますからね。

Q: そうでしょうね。
 そのあたり、弁護士などに委ねると、裁判になった場合も優位に展開できる術を知っているわけですから、心強いですね。
 しかし江さん、この方のつらい気持ちもわからないわけではありませんが、子どもがいるという以上、簡単に離婚はして欲しくないというのが、私の気持ちです。

A: 丸子さんがおっしゃる意味もよく分かります。
 この夫婦は、もう少し話し合いが必要かもしれませんね。
 お互いの気持ちをきちんと話した上で、今後どうしたいのかをじっくり決めていただきたいですね。
 それでもやはり離婚の道を選ばれるのなら、是非、弁護士に相談いただきたいです。

Q: そうですね。
 まずは夫婦でじっくり話し合ってみてください。
 ここで山下江法律事務所の相談予約のフリーダイヤルをお伝えしておきましょう。
 山下江法律事務所フリーダイヤルは0120-7834-09 0120-7834-09 
 この番組名と同じ「なやみよまるく」と覚えてください。
 現在、個人の方に対して無料相談実施中です。
 お悩みやお困りごとがある方は、是非、山下江法律事務所にご相談いただければと思います。
 また、今日の番組の内容は、まちの専門家をさがせるウェブサイト「マイベストプロ」でもご覧いただけます。
 今日は、「妻のセックス拒否は離婚理由になりますか」というお悩みに答えていただきました。
 江さん、今日はありがとうございました。


■次回のテーマ 
「未成年者との性行為は犯罪ですか」について
2017/8/21 13:30~13:40 FMちゅーピー(76.6MHz)

■山下江法律事務所HP「離婚・男女トラブル問題でお悩みの方へ」

■バックナンバー(離婚・男女トラブル)
「離婚の財産分与は半分ずつと決まっているのですか」 2017/8/7OA
「暴力をふるう夫と離婚したい」 2017/3/27OA
「夫の不倫相手に慰謝料を請求したい」 2017/3/20OA
「離婚して生活していけるのか不安です」 2017/3/13OA
「女子高生は大人と付き合ってはいけないのですか」 2017/3/6OA
「離婚したいと思っているのですが…」 2016/9/26OA
「子の親権を取れますか?」 2016/9/19OA
「不倫の慰謝料の相場は?」 2016/9/12OA
「彼氏が浮気。相手女性から慰謝料を取りたい」 2016/9/5OA
「離婚した後でも、養育費を請求できますか?」 2016/2/29OA
「不倫の慰謝料を請求されている」 2016/2/22OA
「息子が親の承諾なしに結婚していた」 2016/2/15OA
「夫がセックスに応じてくれない…」 2016/2/8OA
「女性の再婚禁止期間が100日となったようですが」 2016/2/1OA
「不倫相手から慰謝料を取りたい」 2015/9/29OA
「離婚は弁護士に依頼した方が良い?」 2015/9/22OA
「10年別居中、離婚できますか?」 2015/9/15OA
「離婚後の子の姓と相続の関係」 2015/9/4OA
「家に金を入れない夫と離婚できるか」 2014/8/11OA
「夫の同性愛は不貞行為になりますか」  2014/2/25OA 
「夫と話すことなく離婚手続きを進めたい」  2014/2/17OA 
「別居中の夫から生活費をもらいたいが・・・。」  2014/02/10OA 
「暴力と浪費の夫と離婚したいが」  2014/2/3OA 
「熟年離婚,年金分割について知りたい…」  2013/9/30OA 
「宗教にはまった妻と離婚したい…」 2013/9/23O 
「婚約不履行、どこまで損害賠償できる?」  2013/9/16OA 
「セクハラ被害で訴えたいが、恥ずかしくて行動に移せない」  2013/9/9OA 
「金遣いの荒さが原因で離婚できるか?」  2013/9/2OA 
「ストーカー行為の対処法について」 2013/2/25O 
「25年前の夫の不倫に賠償請求はできる?」 2013/2/18OA
「婚姻費用分担義務とは?」 2013/2/11OA 
「養育費の決め方」 2013/2/4OA 
「もう顔を見たくもない夫と離婚したいが…」 2012/7/30OA 
「セックスレスは離婚原因になるか?」 2012/7/23OA 
「再婚すると養育費はもらえなくなる?」 2012/7/16OA 
「離婚しようと思うが、子どもの親権は取れるか?」 2012/7/9OA 
「離婚をする際、弁護士に相談するメリットは?」 2012/7/2OA 
「子どもを取り戻したい」 2012/3/26OA 
「浮気相手の女性に対し慰謝料請求できるのですか?」 2012/3/19OA 
「離婚のための手続きを教えてください。」 2012/3/12OA 
「離婚したいが、どのような理由が必要ですか?」 2012/3/5OA 
「離婚したら夫の年金の半分がもらえる?」 2011/9/26OA 
『娘が「婚約を破棄したい」と言っているのですが…』 2011/9/19OA 
「離婚後、子と同じ氏にしたい」 2011/9/12OA 
「偽装離婚は有効でしょうか?」 2011/9/5OA  
「夫の同棲相手への損害賠償は出来ますか?」 2011/3/28OA
「養育費の支払いを減額できないか…」 2011/3/21OA
「未婚の息子に子どもができたのですが…」 2011/3/14OA 
「離婚に伴う子どもの親権とは?」 2011/3/7OA
「養育費の支払いを減額できないか…」 2011/3/21OA
「未婚の息子に子どもができたのですが…」 2011/3/14OA 
「離婚に伴う子どもの親権とは?」 2011/3/7OA

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「相続税が心配」
イメージ

2017/9/25(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの「オバマ大統領がハグした森重昭さんが講演(広島ペンクラブ) 」ほか
イメージ

 オバマ大統領がハグした森重昭さんが講演(広島ペンクラブ)  9月20日(水)広島ペンクラブ平成29年9月...

[ 代表/山下江のブログ ]

広島の弁護士・江さんのお知らせ「フジグラン広島で相続無料相談会を開催します<特典あり!>」
イメージ

 フジグラン広島で相続無料相談会を開催します<特典あり!> フジグラン広島にて、弁護士による無料相続...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの『「不貞行為とは」(マイベストプロ広島・山口) 』ほか
イメージ

 修道高校23回生同期会に70数名、「学園闘争」映像も 2年ごと開催されている修道高校23回生(1971年卒...

[ 代表/山下江のブログ ]

相続アドバイザーの「はなまる相続フェアの開催報告とお礼」
イメージ

 はなまる相続フェアの開催報告とお礼 先週土曜日に開催した「はなまる相続フェア」は、おかげさまで沢山...

[ 相続アドバイザー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ