コラム

 公開日: 2017-02-14 

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「飲酒運転で歩行中の人に大けがをさせた」

2017/2/13(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「飲酒運転で歩行中の人に大けがをさせた」
飲酒運転 広島 相談 弁護士

飲酒運転で歩行中の人に大けがをさせた

Q: 今月は、「交通事故」をテーマに番組に寄せられました、ご相談について、法律の専門家であるお立場からお答えをいただきます。
 江さん、今日も、よろしくお願いします。

A: はい、よろしくお願いします。

Q: 今日は57歳女性の方からのご相談です。
 「江さん、丸子さん、今日は私の息子が起こした事故について、相談にのってください。
 息子は先月、友達との新年会の帰りに、車で歩行中の人をはね、大けがを負わすという事故をおこしてしまいました。
 相手は命に別状はなかったものの、約3ヵ月の重傷。
 息子はというと、友達の誘いを拒めず飲酒をしていました。
 交通事故後、警察の現場検証と保険会社からの聞き取りを終えたと報告を受けましたが、息子はこれからどのような責任を取らなければならないのでしょうか?
 飲酒運転で事故を起こすなんて、人として決してしてはいけないことだと思います。
 しかし、息子も反省しており、将来がある若者です。
 なんとか、立ち直って欲しいという、甘い親心もあり、今後の息子の人生が気になって仕方ありません。
 警察、保険会社から、連絡を待っていれば自ずと答えはでるのでしょうが、心配で、心配で…。
 法的に、息子に生じる責任について、教えていただきたく、メールをしました。
 よろしくお願い致します。」

という相談です。
 息子さんを心配しているお母様からの相談です。
 飲酒運転で人にケガを負わせた場合、どのような責任が生じるのか、不安な気持ち、よく分かりますね。
 それにしても、今でも飲酒運転での事故が、なくなりませんね。

A: そうですね。
 約17年前、道路交通法が改正され、飲酒運転の取り締まりが強化されました。
 以後、最高懲役15年という「危険運転致死傷罪」も設けられ、飲酒運転の事故は、かなり減少してきました。
 ただし、未だに事故根絶には至っていません。
 今なお、年間200人以上もの方が飲酒運転が原因で命を落としています。

Q: そうなんですね。
 ゼロにするのは容易ではないかもしれませんが、飲酒運転ということに限れば、これは100%防ぐことができるはずですよね。

A: そうなんです。
 丸子さんのおっしゃるとおり、交通事故は予測不可能なものですから、一人ひとりが十分気をつけるしか防ぎようがありません。
 しかし、飲酒運転というのは、飲んだら運転しない!ということをドライバーが徹底すれば、不可能ではないんですがね。

Q: そうですね。
 固い意思を持って生活したいものですね。
 さて、本題に戻りましょう。相談者の息子さん、飲酒運転で人にケガを負わせたとのことです。
 この場合、どのような責任が生じるのでしょうか?

A: はい。
 大きく3つの責任が生じます。
 まずひとつ目が「刑罰などの刑事責任」。
 次に「被害者への損害賠償などの民事責任」。
 そして3つ目、「免許取消などの行政責任」です。

Q: 「刑事責任」「民事責任」「行政責任」の3つの責任が生じるのですね。
 ひとつずつ、詳しく教えてください。

A: まず「刑事責任」ですが、これは事故の様子を詳しく聞かなければ一概には言えません。
 しかし、通常で考えると、息子さんは「刑法211条の業務上過失致傷罪」と「道路交通違反罪」が成立します。

Q: 「業務上過失致傷罪」の罪は、具体的にはどのようなものなのでしょうか?

A: 約3ヶ月の重傷…ということから判断しますと、5年以下の懲役もしくは禁固、または100万円以下の罰金が考えられます。

Q: これは、かなり重い罪ですね。

A: ただ、これは一般的な想定で、もし、アルコールの影響により、正常な運転が困難な状態で事故を起こしていたとしたら、もっと重い「危険運転致傷罪」が成立することも考えられます。
 この場合は、15年以下の懲役となります。

Q: 少しくらい…の甘い気持ちが、一瞬にして、何年もの罪を償わなければならなくなるということですね。
 胆に命じたいと思います。
 アルコールの量もさることながら、アルコールの影響によって、ドライバーがどのような運転をして起こした事故によるかで、罪の程度も変わるということですね。
 事故の内容をもう少し詳しく知らないと、お答えは難しいかもしれませんが、一般的な刑の程度を教えていただけますか?

A: 飲酒運転による傷害を伴う事故ですからね。
 罰金で済むというのは難しいでしょうね。
 訴訟され、裁判となる可能性が高いと思います。

Q: 裁判…ですか…。

A: 裁判になったとしても、息子さんに前科などがなく、特に態容が悪質でなければ、実刑ではなく、執行猶予付きの判決となる可能性もありますから、むやみに心配しないでください。

Q: 「民事責任」の被害者への損害賠償についてですが、これはいくらぐらい支払うことになるのでしょうか?

A: そうですね~、これも想定でしかお話できませんが、概ねの損害賠償金の内訳としては、治療費・休業損害・後遺症による逸失利益・慰謝料・車両など物損に関わる賠償金が発生します。
 算出は、東京三弁護士会が発行した「損害賠償額算定基準」などで概略計算することができます。

Q: なるほど、損害賠償の金額を算出できる、書物があるのですね。
 さて、最後に「行政責任」について、教えてください。
 行政上の処分としては、どのようなことが考えられますか?

A: 飲酒運転の場合には、状態に応じて免許が取り消されたり、免停になったりします。

Q: なるほど、息子さんの起こした事故は、詳細はわかりませんが、やはり、罪の大きなものですね。
 お母様の心配される気持ちはよく分かりますが、きちんと罪を償って、反省し、立ち直っていただきたいですね。

A: そうですね。
 また、なにか困ったことがありましたら、遠慮なく相談していただきたいと思います。

Q: 現在、山下江法律事務所では、様々な個人の相談については無料で応じているとのことですから、頼ってみられてもいいかもしれません。
 ここで山下江法律事務所の相談予約のフリーダイヤルをお伝えしておきましょう。
 山下江法律事務所フリーダイヤルは0120-7834-09 0120-7834-09 
 この番組名と同じ「なやみよまるく」と覚えてください。
 また、今日の番組の内容は、まちの専門家をさがせるウェブサイト「マイベストプロ」でもご覧いただけます。
 今日は、「飲酒運転で歩行中の人に大けがをさせた場合の責任について」答えていただきました。
 江さん、今日はありがとうございました。


■次回のテーマ 
「弁護士に依頼すると保険金が増額するって本当ですか」について
2017/2/20 13:30~13:40 FMちゅーピー(76.6MHz)

■山下江法律事務所HP「交通事故問題でお悩みの方へ」

■バックナンバー(交通事故)
「雪道の坂で追突された」 2017/2/6OA
「弁護士費用特約について教えてください」 2016/7/25OA
「自転車にぶつかって大けが」 2016/7/18OA
「後遺障害認定に不満」 2016/7/11OA
「加害者側の保険会社の対応が不満」 2016/7/4OA
「遺障害等級に不満があるのですが…」 2016/1/25OA
「事故後、集中力がなくなった夫」 2016/1/18OA
「本当に弁護士に頼むと保険金が増額するのですか?」 2016/1/11OA
「交通事故に強い弁護士とは?」 2016/1/4OA
「交通事故後、妻に笑い発作が…」 2015/7/28OA
「交通事故を弁護士に依頼すると保険金が増額できるのはなぜ」 2015/7/21OA
「弁護士費用特約をつけるべきか」 2015/7/14OA
「自転車交通違反の罰則強化とは」 2015/7/7OA
「認定された後遺障害に納得できない」 2015/1/19OA
「自分に過失がない時は保険が使えない?」 2015/1/19A
「交通事故チームがあると聞いたのですが」 2015/1/13A
「自転車事故に備える保険はあるのですか」  2015/1/5OA
「交通事故、保険金請求はいつまで可能?」 2014/7/28OA
「交通事故、弁護士と行政書士の違い」 2014/7/21OA
「交通事故、【赤い本】とは何ですか。」 2014/7/14OA
「交通事故、弁護士に依頼すると裁判になるのでは」 2014/7/7OA
「弁護士費用特約を使うと翌年保険料が上がる?」 2014/1/27OA
「交通事故で請求できる損害について教えて」  2014/1/20OA
「高次脳機能障害とはなんですか?」  2014/1/13OA
「交通事故の保険金、弁護士に頼むと増額出来る?」  2014/1/6OA
「交通事故、弁護士に依頼した時の費用は?」 2013/7/29OA 
「相手の保険会社と交渉したくない場合」 2013/7/22OA
「後遺障害認定に異議がある時はどうすればいい?」 2013/7/15OA
「交通事故紛争処理センターについて」 2013/7/9OA  
「交通事故保険金の計算方法に二重基準がある?」 2013/7/2OA  
「整骨院での治療費は認められるか」 2013/4/29OA
「元々持病があった場合の損害減額」 2013/4/22OA
「顔に傷が残った場合の損害(後遺症)」 2013/4/15OA 
「後遺障害における逸失利益の計算方法」 2013/4/8OA
「後遺障害の認定手続き」 2013/4/1OA
「便利な弁護士費用特約」 2012/10/29OA 
「事故後、夫がいらいらして怒りっぽくなったのですが。」 2012/10/22OA
「新車がぶつけられた。買換費用を請求できるか。」 2012/10/15OA
「交通事故の相談手続き その②」 2012/10/8OA
「交通事故の相談手続き その①」 2012/10/1OA
「交通事故、弁護士に依頼した場合の事例」 2012/2/27OA 
「交通事故の相談は、誰にすべきか?」 2012/2/20OA
「交通事故の責任は自分にあるが、賠償金をもらえるか」 2012/2/13OA
「従業員が交通事故でけが、会社に損害が出たが…」 2012/2/6OA
「バイクに乗せてもらった娘が事故で大けがを…」 2011/8/29OA
「病院の駐車場で当て逃げされた」 2011/8/22OA
「息子が私の車を無断運転で事故。私の責任は?」 2011/8/15OA
「保険金請求権の時効は」 2011/8/8OA
「自損交通事故に保険は出ますか」 2011/8/1OA
「病院の駐車場で当て逃げされた」 2011/8/22OA
「息子が私の車を無断運転で事故。私の責任は?」 2011/8/15OA
「保険金請求権の時効は」 2011/8/8OA
「自損交通事故に保険は出ますか」 2011/8/1OA

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんの協賛「広島国際映画祭」
イメージ

山下江法律事務所は今年も、<広島国際映画祭>に協賛しています♪ポジティブな力を持つ作品を、世界中から集めた...

[ 協賛 ]

広島の弁護士・江さんの「維新150年 歴史と紅葉を訪ねる下関の旅(広島ペンクラブ「ペンの旅」ほか
イメージ

 維新150年 歴史と紅葉を訪ねる下関の旅(広島ペンクラブ「ペンの旅」)  11月11日(土)、広島ペンク...

[ 代表/山下江のブログ ]

相続アドバイザーの「相続フォーラム事前準備会議」
イメージ

 相続フォーラム事前準備会議 こんにちは。相続アドバイザー・事業承継士の山口亜由美です。今日は、い...

[ 相続アドバイザー ]

弁護士コラムvol.163 「適切な親の財産管理」 小林 幹大
イメージ

 「適切な親の財産管理」 ご両親が高齢で、子供の一人が財産の管理も含めて親の面倒を見ながら同居し、ほ...

[ 弁護士コラム/相続・遺言 ]

広島の弁護士・江さんの「カクテル大会荒らしの北村聡バーテンダー40周年祝賀パーティー」ほか
イメージ

 カクテル大会荒らしの北村聡バーテンダー40周年祝賀パーティー  11月5日(日)夜、東京銀座のホテルに...

[ 代表/山下江のブログ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ