コラム

2016-09-13

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「不倫の慰謝料の相場は?」

2016/9/12(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)
「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、
OA内容をお届けします。(※内容を要約しております)
今回のテーマは、
「不倫の慰謝料の相場は?」

不倫 慰謝料 相談 広島 弁護士

不倫の慰謝料の相場は?

Q: 今月は、「離婚・男女トラブル」をテーマに、番組に寄せられましたご相談について、法律の専門家であるお立場からお答えをいただきます。
 江さん、今日も、よろしくお願いします。

A: はい、よろしくお願いします。

Q: 今日は、28歳の女性からのご相談です。
 「江先生、教えてください。
 私は会社の上司と不倫をしていました。
 いけないことだということは分かっていたのですが…今となっては、それもいいわけ。自分のしたことを反省する日々です。
 そんな中、先日、不倫相手の奥さんから直接電話があり、私の不倫で夫婦仲も修復できないほどになった。今後、離婚をすることになるかもしれないし、精神的にも不安定にさせられたので、慰謝料を請求したいと思っている。と言われました。
 その金額が、なんと500万円…。
 申し訳ないと思う気持ちはあるのですが、500万円もの大金は、持っていないし、払えないと答えると、人の家庭を壊しておいて、500万円は安い方だ!借金してでも払ってもらいます!と、ものすごい剣幕で言われました。
 不倫の慰謝料の相談を親にするわけにもいかず…一人悶々と悩んでいます。
 できる限りの謝罪はするつもりですが、あまりにも一方的に攻め寄られると、近づいてきたのはあなたの旦那の方で、そっちにも原因はあるのでは…と言いたくなります。
 私は慰謝料を払わなければならないのでしょうか?
 500万円という慰謝料は、妥当な金額なのでしょうか?
 このような悩みを弁護士さんに相談して、解決してもらうことはできるのでしょうか?
 どのような意見でもいいので、なにかアドバイスをください!
 よろしくお願いします。」

という内容です。
 さぁ、困りましたね。
 本人も反省していますが、慰謝料として500万円も請求されています。
 江さん、どうしたらいいでしょう?

A: メールを拝見する限り、相談者はかなり焦っているように見受けられます。
 不倫がバレたり高額な慰謝料請求がきたりと、気持ちは分からないでもないですが、一旦、落ち着いてひとつずつ、考えて行きましょう。
 不倫には大きなリスクがあることは今回の件で十分認識なさったと思いますが、不倫が相手の配偶者に発覚した場合にどう対処していくか、法律的にはどうなるのか、について今日はお話します。

Q: わかりました。よろしくお願い致します。

A: まず、不倫の慰謝料請求をされた場合、請求額そのままを支払う必要はありません。
 交渉次第で減額もできますし、そもそも支払う必要がない場合もあります。

Q: 支払わなくてもいい場合もあるのですか?

A: はい。
 今回のご相談は、ご本人が不倫を認めているので、アドバイスにはならないかもしれませんが、念の為、どのようなケースが慰謝料を支払わなくていいか、ご紹介しておきますね。
 まず、①肉体関係が無かった場合。
 ですから、プラトニックな関係であったり、一緒に食事をしたり、手を繋いだり、キスをした…という場合には、慰謝料を請求されても支払う必要はありません。

Q: え~っ(汗)
 キスしたり、手を繋いだりしてても…慰謝料請求からは逃れられるんですか?
 立派な不倫行動だと思いますが…

A: そう思われる人が多いかも知れませんね。
 しかし、法律的に慰謝料請求が認められるのは、原則として肉体関係…いわゆる不貞行為があった場合にのみ認めらることとなっています。
 さらに②相手が既婚者だと知らなかった場合も、慰謝料を支払う必要はありません。
 相手が独身だとウソをついていた場合にまで本人を攻めることができないからです。

Q: なるほど、これは…わかるような気がしますね。

A: その他には、
③不倫相手の夫婦関係が既に破綻していた場合
④脅迫による不貞行為であった場合
⑤そして、すでに請求権が時効消滅している場合
…などの項目が挙げられます。

Q: 参考になりました。
 では、今回のケース、本人も認めている場合…、慰謝料の減額ができる可能性について、教えていただけますか?

A: はい。
 ここからは、裁判にて慰謝料が決定される場合に、金額を下げられるケースをご紹介しましょう。
 まずは、①謝罪です。
 真摯に謝罪することで、減額を考慮されることがあります。
 しかし、この場合、謝罪を書面や署名などでしてしまうと、逆に不倫の証拠として扱われる場合がありますので、十分に注意が必要です。
 次に②反省をし、不倫相手とは二度と会わない・連絡を取らないと約束し、それを守ることです。
 そして③言われるがままにせず、反論できることはきちんとする。ということも減額に繋がるひとつです。

Q: 反論してもいいものですか?

A: 反省は反省としてしなければいけませんが、謝罪をしてばかりでは、全てを認めたことになりかねません。
 例えば、「不貞行為の回数が少ない」、「相手から不倫を持ちかけられた」など、いいわけ…と諦めずに、事情をきちんと示すことによって、慰謝料の減額交渉がなされる場合があります。

Q: どこまで反論するかの見極めが難しいような気がしますが、できることはきちんと反論した方がいいということですね。

A: はい、確かに交渉するのはとても困難です。
 ですからこのような場合には、私たち弁護士等、専門家に相談していただき、アドバイスを受けてから行動していただくことが望ましいですね。
 この他にも④当方には、収入や資産がないことを伝える方法などもあります。

Q: 慰謝料を請求されたからと言って、言われるがままに応じなくても良いということが分かり、相談者も、少しほっとされているかもしれませんね。
 しかし、500万円という慰謝料の金額は、かなり高額な気もしますが、相場なのでしょうか?

A: う~ん、これはきっと、不倫相手の奥さんが勝手に決めたことだと思いますね。
 慰謝料には明確な基準はなく、ケースバイケースで決まることが殆どです。
 過去の判例などを参考に一つの例として、相場をみてみますと、離婚や別居もなく、夫婦関係を継続する場合は、50万円から200万円。
 浮気が原因で別居に至った場合は100万円から300万円、さらに離婚に至ったら200万円から400万円…というのが一般的な相場となっているようです。
 しかし、妊娠までして離婚することになったという場合には、500万円という慰謝料の金額もあり得ます。
 これらは、あくまで一つの例であり、当方の責任の大きさ、相手方の精神的ショックの大きさ、不倫が離婚の原因になったかなど様々な事情により、異なります。

Q: 浮気・不倫による損害が大きければ大きいほど、慰謝料も高くなっていくということでしょうか。
 男女トラブルは、当事者間で話をすると、感情的にもなりますから、簡単には解決しないケースが殆どなのでしょうね。
 このような場合には、やはり、弁護士に相談して、アドバイスをもらった方が、良さそうですね。
 今回相談してくださった方も、いろいろな方法で解決できる可能性があることがわかりましたから、是非、一度、相談されることをお勧めします。

A: そうですね。
 是非、お電話ください。

Q: お問い合わせ先です。
 山下江法律事務所のご相談予約のフリーダイヤルは0120-7834-09 0120-7834-09
 この番組名と同じ「なやみよまるく」と覚えてください。
 ただいま、個人の方についての無料相談実施中です。
 また、今日の番組の内容は、まちの専門家をさがせるウェブサイト「マイベストプロ」でもご覧いただけます。
 今日は、「不倫の慰謝料請求について」答えていただきました。江さん、今日はありがとうございました。


■次回のテーマ 
「子の親権をとれますか?」について
2016/9/19 13:30~13:40 FMちゅーピー(76.6MHz)

■離婚・男女トラブル専門サイト「慰謝料とは

■バックナンバー(離婚・男女トラブル)
「彼氏が浮気。相手女性から慰謝料を取りたい」 2016/9/5OA
「離婚した後でも、養育費を請求できますか?」 2016/2/29OA
「不倫の慰謝料を請求されている」 2016/2/22OA
「息子が親の承諾なしに結婚していた」 2016/2/15OA
「夫がセックスに応じてくれない…」 2016/2/8OA
「女性の再婚禁止期間が100日となったようですが」 2016/2/1OA
「不倫相手から慰謝料を取りたい」 2015/9/29OA
「離婚は弁護士に依頼した方が良い?」 2015/9/22OA
「10年別居中、離婚できますか?」 2015/9/15OA
「離婚後の子の姓と相続の関係」 2015/9/4OA
「家に金を入れない夫と離婚できるか」 2014/8/11OA
「夫の同性愛は不貞行為になりますか」  2014/2/25OA 
「夫と話すことなく離婚手続きを進めたい」  2014/2/17OA 
「別居中の夫から生活費をもらいたいが・・・。」  2014/02/10OA 
「暴力と浪費の夫と離婚したいが」  2014/2/3OA 
「熟年離婚,年金分割について知りたい…」  2013/9/30OA 
「宗教にはまった妻と離婚したい…」 2013/9/23O 
「婚約不履行、どこまで損害賠償できる?」  2013/9/16OA 
「セクハラ被害で訴えたいが、恥ずかしくて行動に移せない」  2013/9/9OA 
「金遣いの荒さが原因で離婚できるか?」  2013/9/2OA 
「ストーカー行為の対処法について」 2013/2/25O 
「25年前の夫の不倫に賠償請求はできる?」 2013/2/18OA
「婚姻費用分担義務とは?」 2013/2/11OA 
「養育費の決め方」 2013/2/4OA 
「もう顔を見たくもない夫と離婚したいが…」 2012/7/30OA 
「セックスレスは離婚原因になるか?」 2012/7/23OA 
「再婚すると養育費はもらえなくなる?」 2012/7/16OA 
「離婚しようと思うが、子どもの親権は取れるか?」 2012/7/9OA 
「離婚をする際、弁護士に相談するメリットは?」 2012/7/2OA 
「子どもを取り戻したい」 2012/3/26OA 
「浮気相手の女性に対し慰謝料請求できるのですか?」 2012/3/19OA 
「離婚のための手続きを教えてください。」 2012/3/12OA 
「離婚したいが、どのような理由が必要ですか?」 2012/3/5OA 
「離婚したら夫の年金の半分がもらえる?」 2011/9/26OA 
『娘が「婚約を破棄したい」と言っているのですが…』 2011/9/19OA 
「離婚後、子と同じ氏にしたい」 2011/9/12OA 
「偽装離婚は有効でしょうか?」 2011/9/5OA  
「夫の同棲相手への損害賠償は出来ますか?」 2011/3/28OA
「養育費の支払いを減額できないか…」 2011/3/21OA
「未婚の息子に子どもができたのですが…」 2011/3/14OA 
「離婚に伴う子どもの親権とは?」 2011/3/7OA

この記事を書いたプロ

山下江法律事務所 [ホームページ]

弁護士 山下江

広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL:0120-7834-09

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

交通事故の解決事例をマンガで紹介しています山下江法律事務所 交通事故専門サイトトップページ ↓↓↓http://www.hiroshima-jiko.com/■その他の事例もご参照くだ...

相談料

無料相談について、詳しくはこちら↓をご覧下さい。■交通事故専門サイト■借金問題専門サイト相談予約専用フリーダイヤル0120-783409 (なやみよま...

 
このプロの紹介記事
山下江 やましたこう

依頼者に笑顔になってもらうために、全力を尽くします。(1/3)

 ドアを開けると、ずらりとスタッフの並ぶカウンター。案内された部屋で待っていたのは穏やかに微笑む山下江さん。まるで大病院の受付みたいですねと感想を伝えると、「そうですか? ハハハハ」と楽しげに笑う山下さん。山下江事務所は、弁護士15人・秘...

山下江プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

「親切な相談」「適切な解決」これが私たちのモットーです。

事務所名 : 山下江法律事務所
住所 : 広島県広島市中区上八丁堀4-27 上八丁堀ビル703 [地図]
TEL : 0120-7834-09

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-7834-09

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山下江(やましたこう)

山下江法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「離婚したいと思っているのですが…」
イメージ

2016/9/26(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

広島の弁護士・江さんの「10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る・・・」ほか
イメージ

 10月22日(土)三本松進先輩が最新ベンチャーを語る(第31回KKC交流会)  修道中高及び東大の2年先輩であり...

[ ブログ ]

広島の弁護士・江さんのお知らせ「保険代理店様向け相続セミナー開催」
イメージ

 山下江法律事務所は、保険代理店様向けの相続セミナーを開催します。 近時、相続に注目が集まっています。保...

[ お知らせ ]

広島の弁護士・江さんの何でも法律相談「子の親権を取れますか?」
イメージ

2016/9/19(月)13:30~FMちゅーピー(76.6MHz)「なやみよまるく~江さんの何でも法律相談」での、OA内容をお届...

[ 法律相談 ]

弁護士コラムvol.133 「いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合」 新名内 沙織
イメージ

 いわゆるマルチ商法に関与してしまった場合  いわゆる「マルチ商法」や「ネットワークビジネス」に関与し...

[ 弁護士コラム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ