コラム一覧 :財産分与

1件~15件(19件)

過去の15件

私的年金・企業年金と財産分与

イメージ

以前、退職年金や確定拠出年金が財産分与でどう評価されるか、について取り上げました(「退職年金や確定拠出年金は財産分与でどう評価するのでしょうか?」)。似たようなものとして、民間の会社との契約で受け取る私的年金、勤務先の会社から受け取る企業年金があります。これらも、公的年金... 続きを読む

財産分与

2017-08-28

別居が長引いているときでも財産分与は別居当時が基準ですか?

イメージ

離婚を申し入れているが、相手が応じない、あるいは離婚自体には合意しているが、子どもの親権や面会交流、あるいはお金のことで話がつかず、別居が長引くというケースがあります。 そうこうしているうちに、子どもの進学や親の介護などから、次第に貯金が目減りをしてきている、こんな場合にも... 続きを読む

財産分与

2017-06-12

公務員の離婚で問題になりうること

イメージ

 一般的にいえば夫あるいは妻が公務員である場合であっても、そうでない場合(夫あるいは妻が会社員であるとき)と比べて問題になることが特段別であるとはいえません。 熟年離婚の場合は分与対象となる退職手当が高額になることも  ただ、通常熟年離婚に近くなると分与対象財産にあたる... 続きを読む

財産分与

2016-08-02

退職年金・確定拠出年金は財産分与でどう評価するのでしょうか?

イメージ

 以前は退職金というと、退職時に一括で支給される形態が一般でしたが、近時は特に大企業で全額一括での受取か、退職金の一部を年金として受け取るかを社員が選べるようにすることも増えてきました。 また、企業によってはさらに企業年金や確定拠出年金の形をとっているところもあります。... 続きを読む

財産分与

2016-07-18

財産分与の一環として不動産に住む権利が認められることがありますか?

イメージ

 財産分与にあたって、不動産が一方の名義になっている、あるいは共有のとき、名義人となっていない他方と子供達が一定期間(通常成人になるまでが多いのではないかと思います)住み続けることを前提に、賃借権(お金を払って住む)・あるいは使用借権(ただで住む)という形にするよう求めたり、... 続きを読む

財産分与

2016-07-11

会社経営者が離婚するにあたって問題になること(2)

イメージ

 前回から少し間が空いてしまいましたが、会社経営者が離婚をするにあたって問題となりうる、財産分与に関することの続きについて触れたいと思います。 夫婦が持っている株の評価が問題に  会社を経営している場合、夫・妻とも役員ということが割とあると思います。そんなときに問題にな... 続きを読む

財産分与

2016-06-13

会社経営者が離婚にあたって問題になりうること(1)

イメージ

 夫(あるいは妻)が会社を経営していて、妻(あるいは夫)も役員として仕事をしている、あるいは専従者となっているという場合があります。 このような場合、夫婦が離婚という話になると、サラリーマン家庭と異なった色々なことが問題になりえます。 そこで、今回は回数を分けて、このよう... 続きを読む

財産分与

2016-05-31

財産分与と住宅ローン(3)(自分の貯金から出した頭金・別居後の一括払いは考慮されますか?)

イメージ

 住宅ローンがついている不動産を財産分与するにあたっては、オーバーローンの場合とそうでない場合とで異なり、特にオーバーローンの場合に問題が大きいこと、住宅ローンの連帯債務・連帯保証人になっている場合は、離婚により当然に外してもらえる訳ではなく、債権者との話し合いが必要であるこ... 続きを読む

財産分与

2016-05-23

財産分与と住宅ローン(2)(オーバーローンの住宅ローンあり不動産の財産分与・その後の処理)

イメージ

 前回、住宅ローンが残っている不動産で、オーバーローンでない場合の財産分与とその後の処理についてお話しました。 今回はその続きになります。 オーバーローンの住宅ローンあり不動産の財産分与・その後の処理  住宅ローンが残っていて、オーバーローンの場合は、より処理が難しく... 続きを読む

財産分与

2016-05-16

有責配偶者からの離婚請求と財産分与

イメージ

 有責配偶者からの離婚請求は男性(夫)、女性(妻)側いずれのケースもありますが、どちらかといえば収入のより多い男性から起こされることが多い印象があります。 そのため、分与対象となる共有財産も預金以外は男性名義になっていることが多いので、離婚請求のみが一般的で、離婚請求ととも... 続きを読む

財産分与

2016-05-12

財産分与と住宅ローン(1)(オーバーローンでない住宅ローンあり不動産の財産分与・その後の処理)

イメージ

 財産分与の際に問題になってくるのが、結婚期間中に購入をした、住宅ローンがまだある不動産です。 住宅ローンがなければ、そのまま分与割合に応じて(普通は1/2)で分ければよいので話は単純です。ただ、熟年離婚でない限り、住宅ローンが支払い終わっているケースはあまり多くない印象があ... 続きを読む

財産分与

2016-05-09

親からの援助を財産分与で精算できますか?

イメージ

 離婚の話になったとき、親から受けた援助が問題になることがあります。結婚してから家を購入したときに、夫婦では頭金の準備ができなかったので、親が出してくれた、そのお金を離婚の際に少しでも親に渡したい(返したい)が、可能かといったものです。 親からの援助が贈与と考えられるとき... 続きを読む

財産分与

2016-04-11

財産分与にあたって、いつの時点での財産・価値を基準にするのですか?

イメージ

 離婚のときに、結婚後夫婦が協力し合って築き上げた財産を分け合って清算をすることを財産分与というのは、これまでもお話したとおりです。それでは、この財産分与をするにあたり、対象となるのはいつの時点の財産を考えればいいのでしょうか? 分与対象財産の範囲はいつの時点を基準にしま... 続きを読む

財産分与

2016-03-24

財産分与の対象にならないもの(特有財産について)

イメージ

 今日は財産分与について取り上げます。財産分与は分与対象財産にはどういったものがあるか、ということと寄与度がよく問題になりますが、今日は分与対象財産にならないもの、すなわち特有財産にはどういったものがあたるかについて解説します。 どんなものが特有財産にあたるのでしょうか?... 続きを読む

財産分与

2016-02-15

別居までの多額のお金の使い込みが判明した場合

イメージ

  今日のテーマは「別居までの多額の金員費消が発覚した場合」についてお話したいと思います。 通常、結婚後夫婦の一方が主に家計を握っていることが多いのではないかと思います。管理しているのは収入が多い方かそうでないかはその家庭それぞれですが、他方は任せっきりであまり把握しておら... 続きを読む

財産分与

2016-01-12

1件~15件(19件)

過去の15件

RSS
弁護士の費用

■ 相談料初回の打ち合わせより、有料です。責任をもって、担当者が真剣にお話をきかせていただきます。初回打ち合わせの目安:30分 5,000円(税込) ■弁護...

ご相談の流れ

男女の弁護士がご依頼者様のニーズに応じ、法律相談をお受けしています。勁草法律事務所では、少しでもご依頼者様のお力になりたいとの思いから、夜間・日・祝日...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
片島由賀さん

依頼者の目線に立って問題解決に臨む法律事務所(1/3)

 「疾風に勁草(けいそう)を知る」―困難に遭って初めてその人間の本当の価値や強さが分かること―中国の故事成語に由来して名付けたという勁草法律事務所の名前には、“逆風に遭った時こそ依頼者の力になれる存在でありたい”という強い思いが込められてい...

片島由賀プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

逆風を追い風に変えるべく伴奏・伴走する存在であり続けます

会社名 : 勁草法律事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL : 082-569-7525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-569-7525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

問題が解決し、子供達とうまく関係づくりができて有意義に過ごせています

 協議・調停と(ご自身で)行ったが、話し合いとして全く進...

50歳代・男性
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
調停で定めた面会交流の取り決めが守られないとき
イメージ

 面会交流についてはこれまで何度か取り上げましたが、今回は面会交流の調停で話合いがつき、調停条項も決められ...

[ 面会交流 ]

相手方親族との不和を理由に離婚できますか?
イメージ

 以前お話しましたが、夫婦がお互い離婚で話がつくのであれば、離婚自体についてその理由は問題になりません。夫...

[ 離婚原因 ]

婚姻費用の支払いから、生活費などの一部負担としてどこまで考慮されるでしょうか?
イメージ

 前回から随分と日にちが空いてしまいましたが、今回はしばしば問題となる、婚姻費用の支払いを求められている場...

[ 婚姻費用 ]

相続関係の民法改正案について(その1・配偶者居住権)
イメージ

相続分野の民法改正案が3月13日に通常国会に提出されました。改正になれば、相続について40年ぶりに大掛かり...

[ 相続 ]

財産分与の際に問題になりうる資産(子ども名義の預貯金・退職金)
イメージ

 離婚の際に、お金のことで問題になるものとして財産分与があります。 財産分与は別居までの結婚期間に夫婦が...

[ 財産分与 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ