コラム

 公開日: 2016-05-23  最終更新日: 2016-05-25

財産分与と住宅ローン(3)(自分の貯金から出した頭金・別居後の一括払いは考慮されますか?)

 住宅ローンがついている不動産を財産分与するにあたっては、オーバーローンの場合とそうでない場合とで異なり、特にオーバーローンの場合に問題が大きいこと、住宅ローンの連帯債務・連帯保証人になっている場合は、離婚により当然に外してもらえる訳ではなく、債権者との話し合いが必要であることなどお話しました。
 今回は不動産を購入時、自分が頭金(の一部)を出したとき、あるいは別居後住宅ローンを支払った場合、財産分与のときに考慮してもらえるか、ということを取り上げます。

夫婦のどちらかが頭金を出していると寄与度に応じ考慮

 不動産を買うときに、夫婦のどちらかが結婚前の貯金を頭金として出すことがあります。
 この場合は、頭金自体は特有財産になりますが、購入後住宅ローンを夫婦の家計の中から支払っている場合(通常はそうでしょう)、不動産自体は財産分与の対象とみて、頭金は分与対象財産の形成・維持にあたってどのくらい貢献していたか、という中でみていくことになります。
 普通、頭金の額は不動産の購入価格の1〜2割でしょうから、上記のように考えるのでよいと思います。ただ、不動産の購入価格の5割を越えるのであれば、不動産が分与対象財産になるかどうかも争いになる可能性があります。
 裁判例では、一方の住宅ローンの支払い(頭金・残債務の支払いあわせて)が他方より多い場合、その者が引き続き家に住み続けるというケースで、住宅ローンの負担が少ない他方の貢献分を引き続き住む側が支払うことで解決をしたものもあります。
 結局のところ、ケースバイケースでの判断になるでしょう。

別居後の住宅ローンの支払いも寄与度に応じてみる

 別居後に、一方(通常は住む続けようと考えている方だと思います)が住宅ローンの支払いをして完済した場合には、財産分与のとき考慮してもらえるのでしょうか。
 これについても裁判例がいくつかあるようですが、同居のとき夫婦が協力し合って支払った住宅ローンについてはその総額の1/2、それに加えて別途別居後の住宅ローンの支払いがあるときは、不動産の購入価格に割り付けて寄与割合を出し、最終的には離婚時(正確には離婚裁判になっていたようで、裁判の口頭弁論が終わる時点)の不動産の時価に寄与割合をかけて計算したものが寄与度としています。
 
 いずれにしても不動産がオーバーローンでない限り、特有財産から頭金を出した場合、あるいは別居時にまとめて住宅ローンを支払った場合、いずれもその支払い額の寄与割合を財産分与のときに考慮してもらえる、と考えてよいと思います。


 暦の上では「小満」(しょうまん)というようで、陽気もよくなり、草木なども段々と生い茂ってくる季節です。そろそろ田に苗を植える準備などが始まる頃となります。ここ最近は梅雨に入る前の晴天が続いていて、急に夏が訪れたような感じがします。
鶴見橋の被爆柳
 田植えの写真がないので、鶴見橋のしだれ柳の写真です。柳もすっかり葉が生い茂っています。

この記事を書いたプロ

勁草法律事務所 [ホームページ]

弁護士 片島由賀

広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL:082-569-7525

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
弁護士の費用

■ 相談料初回の打ち合わせより、有料です。責任をもって、担当者が真剣にお話をきかせていただきます。初回打ち合わせの目安:30分 5,000円(税込) ■弁護...

ご相談の流れ

男女の弁護士がご依頼者様のニーズに応じ、法律相談をお受けしています。勁草法律事務所では、少しでもご依頼者様のお力になりたいとの思いから、夜間・日・祝日...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
片島由賀さん

依頼者の目線に立って問題解決に臨む法律事務所(1/3)

 「疾風に勁草(けいそう)を知る」―困難に遭って初めてその人間の本当の価値や強さが分かること―中国の故事成語に由来して名付けたという勁草法律事務所の名前には、“逆風に遭った時こそ依頼者の力になれる存在でありたい”という強い思いが込められてい...

片島由賀プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

逆風を追い風に変えるべく伴奏・伴走する存在であり続けます

会社名 : 勁草法律事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL : 082-569-7525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-569-7525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

常に進行状況の連絡がありとても安心感がありました

福祉指導員による(法律相談を受けるようにとの)アドバイス...

40代・女性
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
本人同士で離婚の話が進まない場合はどうすればいいでしょうか?⑵
イメージ

 前回は、本人同士で離婚の話が進まない場合に取りうる方法をお話しました。 今回は相手方がそもそも話し合い...

[ 離婚調停 ]

本人同士で離婚の話が進まないときにはどうすればいいのでしょうか?⑴
イメージ

 そもそも二人では話ができない状況の場合 離婚を決意して夫あるいは妻側に提案する内容を決め、いざ夫や妻...

[ 離婚調停 ]

離婚を決意したとき⑶(その場合にしてはいけないこと)
イメージ

 前回(その2)は離婚を決意したときにしておくといいことについて取り上げました。今回は逆にしてはいけない・...

[ 協議離婚 ]

離婚することを決意したとき⑵(具体的にしておくべきこと)
イメージ

前回は、そもそも離婚をした方がいいのか・離婚を決意するかどうかで考えておいた方がいいことについて触れました...

[ 離婚原因 ]

離婚することを決意したとき⑴
イメージ

 そもそも、離婚をした方がいいのでしょうか?  離婚は、新しいスタートを切ろうというものですから、心機...

[ 協議離婚 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ