コラム

 公開日: 2016-04-04 

子どもを監護していない親が親権者になる場合はあるのでしょうか(面会交流への許容性)

 相手が子どもを連れて実家に戻っていて、離婚協議中のとき、子どもを見ていない親が親権者になる場合があるのでしょうか?

 こういったご相談は、女性(妻)が子どもを連れて実家に戻ってしまうことが多いため、特にここ最近男性(夫)からよくあるように思います。

 

親権者を決めるにあたっての面会交流への許容性


 未成年の子どもがいる場合、親権者をどちらにするかは必ず決めなければなりません。夫婦でどちらを親権者にするか話し合いが付けば、すんなり離婚も含めて話もまとまり易いと思います。しかし、話がつかないときは、家庭裁判所の調停、それでもダメなら他の条件も含め離婚裁判によることになります。

このように、夫婦でどちらを親権者にするか話がつかないといき、親権者を決めるにあたって考慮する事情があることは、以前のコラムでお話したとおりです親権者指定にあたり考慮されること(母親か母性か)

 こういった考慮要素と別に最近考慮されつつあるのが、面会交流について、親権者になったとき他方の親に対して柔軟に対応できるかみるというもの(フレンドリー・ペアレント・ルール)です。

 過去の裁判例では、この面会交流への柔軟性を考慮要素にしているかのようなものがちらほら見られていました。
 子どもの引渡しをめぐる事件ですが、子どもをみている親が面会交流に拒否的な態度をとることで紛争が激化しているとして、柔軟に対応をするとしている親への引渡しを認めたもの、面会交流の実現のため、親権者の変更を認める一方で、子どもが手元にいる親に監護権を残したものなどがありました。
 
 先日は、離婚裁判で子どもをみていない親を親権者に指定するという内容の判決があったようです。詳しい事案ははっきりしないので、今後裁判例が公刊されるのを待つ必要がありますが、親権者指定の理由の一つに、自分が親権者になったとき、他方に対して、より柔軟な面会交流の条件を提示したことも考慮されたとの事情があるようです。

 親権者の指定にあたっては、考慮要素はいくつかあるものの、基本的には現在子どもをみている親の監護状況に問題がなければ、そのまま認めるという「継続性の原則」がとられているとされ、一般にはそれに沿った判断がなされていたように思います。

 しかし、家庭裁判所の実務でも、面会交流は子どもの成長にとって、かかせないというのが前提で、禁止・制限されるべき事情がない限り、広く認めるようになってきています。その兼ね合いで親権者を決める際にも、一方に指定後面会交流が滞りなくできるかどうか、より一層みられるようになってくる可能性があります。

 夫婦の対立が大きいと、面会交流について子どもをみている親が否定的になるケースは結構ありますが、親権者指定に影響してくるとなると、面会交流をどのような形で行うかが、今後より重要になってくるでしょう。

 
 先日の宮島・厳島神社への参道途中(だったと思います)でのしだれ桜。天気がよく、桜もほぼ満開でした。宮島には桜のシーズンに初めて行きましたが、また違った趣を楽しむことができました。
厳島神社・参道のしだれ桜

 

この記事を書いたプロ

勁草法律事務所 [ホームページ]

弁護士 片島由賀

広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL:082-569-7525

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
弁護士の費用

■ 相談料初回の打ち合わせより、有料です。責任をもって、担当者が真剣にお話をきかせていただきます。初回打ち合わせの目安:30分 5,000円(税込) ■弁護...

ご相談の流れ

男女の弁護士がご依頼者様のニーズに応じ、法律相談をお受けしています。勁草法律事務所では、少しでもご依頼者様のお力になりたいとの思いから、夜間・日・祝日...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
片島由賀さん

依頼者の目線に立って問題解決に臨む法律事務所(1/3)

 「疾風に勁草(けいそう)を知る」―困難に遭って初めてその人間の本当の価値や強さが分かること―中国の故事成語に由来して名付けたという勁草法律事務所の名前には、“逆風に遭った時こそ依頼者の力になれる存在でありたい”という強い思いが込められてい...

片島由賀プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

逆風を追い風に変えるべく伴奏・伴走する存在であり続けます

会社名 : 勁草法律事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL : 082-569-7525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-569-7525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親切な対応で良かったです

親切で良かったです。また何かあった時にはお願いしたいと思...

30代・男性
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
本人同士で離婚の話が進まないときにはどうすればいいのでしょうか?⑴
イメージ

 そもそも二人では話ができない状況の場合 離婚を決意して夫あるいは妻側に提案する内容を決め、いざ夫や妻...

[ 離婚調停 ]

離婚を決意したとき⑶(その場合にしてはいけないこと)
イメージ

 前回(その2)は離婚を決意したときにしておくといいことについて取り上げました。今回は逆にしてはいけない・...

[ 協議離婚 ]

離婚することを決意したとき⑵(具体的にしておくべきこと)
イメージ

前回は、そもそも離婚をした方がいいのか・離婚を決意するかどうかで考えておいた方がいいことについて触れました...

[ 離婚原因 ]

離婚することを決意したとき⑴
イメージ

 そもそも、離婚をした方がいいのでしょうか?  離婚は、新しいスタートを切ろうというものですから、心機...

[ 協議離婚 ]

離婚した方がよいか迷っているとき
イメージ

  結婚生活がうまく行っていないが、子どもが小さいので離婚した方がいいか迷っている、あるいは夫や妻から離婚...

[ 協議離婚 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ