コラム

 公開日: 2016-02-01  最終更新日: 2016-03-06

DVと男性の被害

DV

 今日はDVと男性の被害についてお話したいと思います。少し前に男性のDV被害が増加しているというニュースがありました。
 平成24年度の内閣府男女共同参画局による、「配偶者からの暴力に関するデータ」をみると、配偶者(事実婚や別居中の夫婦、元配偶者も含む)から「身体的暴行」「心理的攻撃」「性的強要」のいずれかを1つでも受けたことがあるという割合が、女性が32%あまりであるのに対し、男性も18%と割合的には下回るものの、5人に1人近くは被害を受けているというデータが出ています。
 この、被害を訴える割合が年々増加してきているようです。

DVとは

 DVという言葉は最近は珍しいものでなくなりましたが、ドメスティック・バイオレンスの頭文字の略です。
 DVは、かつては家庭内での夫(男性)から妻(女性)への身体的な暴力と考えられていました。現在では、法的に結婚していない、事実婚の場合や、女性から男性への暴力も含まれると考えられていますし、暴力も身体的な暴力だけではなく、精神的な暴力や性的な暴力も含まれると考えられています。

男性のDV被害と保護命令

 接近禁止命令などを定める、「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」(略してDV防止法)では、DVのことを「配偶者からの暴力」と定義しているので、男性・女性いずれを問わず、暴力を受けるとこの法律の範疇になるということになります(ただ、前文では、女性に対する暴力根絶を目指していることがうかがわれる内容になっています)。
 保護命令について定めている条項でも、やはり「配偶者からの身体に対する暴力…」とあるので、女性だけでなく、男性が被害を受けたときでも、接近禁止命令などの保護命令の申立を行うことができます。
 ただ、統計資料上、保護命令が認められた件数を男女別にしていないようですので、実際に男性が申立をして認められたケースがあるのかどうかは定かではありません。
 保護命令の申立をする場合、対象となるDVは配偶者からの身体に対する暴力と、被害者の生命または身体に対して害を加える旨告知してする脅迫、とされているので、それらの裏付けになる証拠(診断書や写真、録音媒体など)が必要になります。これは女性が被害者の場合と変わることはありません。

男性がDV被害にあった時はどうすればいいのでしょうか?

 警察や配偶者暴力相談支援センターへの相談をするとよい点は、女性の場合と同様です。
 ただ、女性と違い、男性の相談窓口は限られています。東京や神奈川などでは男性専用相談窓口が設けられているようですが、地方ではそこまで設けられていないところも多いようです。
 広島市では、男女共同参画推進センターでは男女問わず、電話による相談窓口があります(ただし、DV専用というわけではないようです)。もっとも面談での相談となると、女性のみになっています。
 そのため、現状では公的な相談場所は限られているのが現状でしょう。
 また、DV被害が著しい場合の避難についても、通常女性を対象とした婦人保護施設や母子生活支援施設であり、男性の避難できる場所となると民間の施設に限定されています。
 今後、男性のDV被害を受ける方が増加すると、相談窓口の増加や避難施設の設置がありうるかもしれません。

 1月下旬になって少し寒さが緩んできました。今年に入ってもう1ヶ月経過。あっという間ですね。2月は「逃げる」、3月は「去る」といいますので、2月、3月もなにもしないとあっという間に過ぎてしまいそうです。
ふるさと納税岡山の甘酒
 昨年暮れ近くに初めてふるさと納税をしてみました。せっかくなので思い入れがある自治体にと思い、いままで一番長く住んでいた、岡山市にしてみました。
 写真は先日、届いた品物です。岡山の名産のフルーツ(マスカット・桃・ぶどう)を使った甘酒。早速土曜日にマスカット甘酒を飲んでみました。お味は…甘酒の味でした。マスカット果汁が入っていたのですが、香料を使っていないため、マスカットの味がしなかったのだと思います。とはいえ、甘酒は美味しかったです。

この記事を書いたプロ

勁草法律事務所 [ホームページ]

弁護士 片島由賀

広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL:082-569-7525

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
弁護士の費用

■ 相談料初回の打ち合わせより、有料です。責任をもって、担当者が真剣にお話をきかせていただきます。初回打ち合わせの目安:30分 5,000円(税込) ■弁護...

ご相談の流れ

男女の弁護士がご依頼者様のニーズに応じ、法律相談をお受けしています。勁草法律事務所では、少しでもご依頼者様のお力になりたいとの思いから、夜間・日・祝日...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
片島由賀さん

依頼者の目線に立って問題解決に臨む法律事務所(1/3)

 「疾風に勁草(けいそう)を知る」―困難に遭って初めてその人間の本当の価値や強さが分かること―中国の故事成語に由来して名付けたという勁草法律事務所の名前には、“逆風に遭った時こそ依頼者の力になれる存在でありたい”という強い思いが込められてい...

片島由賀プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

逆風を追い風に変えるべく伴奏・伴走する存在であり続けます

会社名 : 勁草法律事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL : 082-569-7525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-569-7525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

相談に乗ってもらい心の安らぎを得られました

役所の方から法律相談に行くようすすめて頂き相談したのがき...

女性(60歳代)
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
本人同士で離婚の話が進まないときにはどうすればいいのでしょうか?⑴
イメージ

 そもそも二人では話ができない状況の場合 離婚を決意して夫あるいは妻側に提案する内容を決め、いざ夫や妻...

[ 離婚調停 ]

離婚を決意したとき⑶(その場合にしてはいけないこと)
イメージ

 前回(その2)は離婚を決意したときにしておくといいことについて取り上げました。今回は逆にしてはいけない・...

[ 協議離婚 ]

離婚することを決意したとき⑵(具体的にしておくべきこと)
イメージ

前回は、そもそも離婚をした方がいいのか・離婚を決意するかどうかで考えておいた方がいいことについて触れました...

[ 離婚原因 ]

離婚することを決意したとき⑴
イメージ

 そもそも、離婚をした方がいいのでしょうか?  離婚は、新しいスタートを切ろうというものですから、心機...

[ 協議離婚 ]

離婚した方がよいか迷っているとき
イメージ

  結婚生活がうまく行っていないが、子どもが小さいので離婚した方がいいか迷っている、あるいは夫や妻から離婚...

[ 協議離婚 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ