コラム

 公開日: 2016-01-04  最終更新日: 2016-03-06

生活費・養育費の支払いと実家からの援助

 明けましておめでとうございます。
 本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
 今日から仕事始めという方もいらっしゃると思いますが、年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。
 
 今日は生活費・養育費と実家の援助に関してお話したいと思います。
 結婚生活を続けることが難しくなり、別居ということになった場合、ご実家がおありの方は、離婚後の経済事情を踏まえて、ご実家に身を寄せる場合が多いのではないかと思います。また、実家に身を寄せるのではなくても、何かと生活をするにあたってお金が入用ではないかということで、ご実家の方にゆとりがある場合は、金銭的な援助を受けることもあるでしょう。
 そういった、実家からの種々の援助を受けている場合、生活費や養育費の算定にあたって考慮されるものでしょうか。

実家暮らしの場合、住居費は考慮されるでしょうか?

 別居で実家に身を寄せている場合、本来アパートなどを借りるとかかるはずの家賃相当がかかっていないことから、その分住居費が余分に加算されている、控除した金額にできないか、という話が出ることがあります。
 生活費に関する、婚姻費用算定表や養育費算定表では、別居中のそれぞれの世帯について統計的な数値をもとに既に住居費のような特別経費がかかることを踏まえて作成されています。そのため、こういった住居費を負担していないといった個別のことは、算定表で求められた1〜2万円の幅の範囲内で考慮すべきとされています。

親族からの援助は生活費などを決めるうえで考慮されますか?

 また、別居後、生活費などを受け取る側が、同居・別居を問わず親族から一定額の金銭的な援助を受けているというケースがあります。
 この場合、生活費や養育費を決める上で考慮されるでしょうか。
 自分の生活と同じだけの生活ができるようにする義務(生活保持義務)を負うのは、第一次的には、(元)夫婦の間であって、親族が負う義務は、自分の生活を犠牲にしない程度に、最低限の生活の援助を行う義務(生活扶助義務)を負うにすぎないとされています。ですから、たとえ親族が援助をしているとしても、それは贈与にすぎず、それとは別に生活保持義務を負う(元)夫なり妻が生活費や養育費を負担すべきといえます。
 ですから、たとえ生活費などを受け取る側が親族から定期的に金銭的援助を受けていても、それは考慮すべきではなく、あくまでも双方の収入に応じて決めていくべきものといえます。
 ただし、親族から援助を受けることで、本来は仕事をして収入を得られるはずが、仕事をしていないといった場合には、援助分をまるまる収入とみるわけではないものの、潜在的な稼働能力があるとみて、稼働能力に応じて本来得られるであろうはずの収入を考慮して算定される場合もあるので、注意が必要です。

 私は昨年暮れ近くになって、軽い風邪をひいてしまい、ようやく良くなってきた今日この頃です。昨年から今年にかけて、急に寒くなったり、そうかと思うとここ何日かのようにまさに小春日の陽気になったり、と体温調整に苦慮します。お気をつけてお過ごし下さい。
 新年2日の広島城の写真を撮ったのですが、貼り付けるとまたもや横倒しになるため、残念ですが写真はお休みにさせていただきます。







 

この記事を書いたプロ

勁草法律事務所 [ホームページ]

弁護士 片島由賀

広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL:082-569-7525

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
弁護士の費用

■ 相談料初回の打ち合わせより、有料です。責任をもって、担当者が真剣にお話をきかせていただきます。初回打ち合わせの目安:30分 5,000円(税込) ■弁護...

ご相談の流れ

男女の弁護士がご依頼者様のニーズに応じ、法律相談をお受けしています。勁草法律事務所では、少しでもご依頼者様のお力になりたいとの思いから、夜間・日・祝日...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
片島由賀さん

依頼者の目線に立って問題解決に臨む法律事務所(1/3)

 「疾風に勁草(けいそう)を知る」―困難に遭って初めてその人間の本当の価値や強さが分かること―中国の故事成語に由来して名付けたという勁草法律事務所の名前には、“逆風に遭った時こそ依頼者の力になれる存在でありたい”という強い思いが込められてい...

片島由賀プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

逆風を追い風に変えるべく伴奏・伴走する存在であり続けます

会社名 : 勁草法律事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL : 082-569-7525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-569-7525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

自己破産で免責決定が出て借金などの悩みが解決できました

先生のお話が非常に分かりやすく、また対応が大変懇切丁寧で...

男性
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
本人同士で離婚の話が進まない場合はどうすればいいでしょうか?⑵
イメージ

 前回は、本人同士で離婚の話が進まない場合に取りうる方法をお話しました。 今回は相手方がそもそも話し合い...

[ 離婚調停 ]

本人同士で離婚の話が進まないときにはどうすればいいのでしょうか?⑴
イメージ

 そもそも二人では話ができない状況の場合 離婚を決意して夫あるいは妻側に提案する内容を決め、いざ夫や妻...

[ 離婚調停 ]

離婚を決意したとき⑶(その場合にしてはいけないこと)
イメージ

 前回(その2)は離婚を決意したときにしておくといいことについて取り上げました。今回は逆にしてはいけない・...

[ 協議離婚 ]

離婚することを決意したとき⑵(具体的にしておくべきこと)
イメージ

前回は、そもそも離婚をした方がいいのか・離婚を決意するかどうかで考えておいた方がいいことについて触れました...

[ 離婚原因 ]

離婚することを決意したとき⑴
イメージ

 そもそも、離婚をした方がいいのでしょうか?  離婚は、新しいスタートを切ろうというものですから、心機...

[ 協議離婚 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ