コラム

 公開日: 2015-10-20  最終更新日: 2015-11-07

熟年離婚で問題になりうること(3)(主に年金分割について)

 前回は熟年離婚で問題になりうることとして、財産分与(扶養的財産分与)と慰謝料について取り上げました。
 今回は、特に離婚後の生活保障の上で大きな意味をもつ、年金分割について触れたいと思います。
 
 年金分割は、平成19年4月から始まった制度です。たとえば厚生年金保険の場合、老齢厚生年金などの保険給付の額は、被保険者の標準報酬を基礎に算定されるので、結婚後専業主婦であったり、短時間のパート勤務しかしていない女性は、離婚してから就職が困難な可能性があるため、将来受け取れる年金額が非常に少なくなってしまいます。
  他方離婚をしても、勤めをしている夫は、そのまま退職後も満額で年金を受け取れる、そういった不公平を正そうと設けられました。
 当初はいわゆる熟年離婚の件数が増えるのではないかとの予測もあったところです。
 しかし、実際のところは思ったほど分割対象となる年金額自体が多くないことや、年金制度の改定などで年金額自体が年々下がっていることもあってか、件数の増加にまでは至っていないようです。

 年金分割の仕組みはなかなか複雑ですが、2種類ありますので、まずそれぞれを見ていきましょう。
 ➀ 合意分割(離婚分割とも)
    これは平成19年4月1日以後に離婚などした場合に請求できるもので、婚姻期間中の厚生年金の標準報酬が   分割されるというものです。
     現在の国民年金制度では、国民年金(基礎年金)の上に、厚生年金部分が載っている形になっていますが、上
   記のとおり、分割対象となるのは、厚生年金の被用者年金にかかわる報酬比例部分の年金額の算定の基礎にな    る、標準報酬などのみとなっています。
     ですから、基礎年金部分や年金基金、企業年金などは対象とならないため、注意が必要です。
     分割の割合については、最大で5割が上限とされていますが、当事者で合意ができれば5割と異なることも可能で
    す。
     たとえば、分割を請求している側が慰謝料額や財産分与の額などが十分で、老後の生活にあたって、分割割合    が5割より低くてもよい、と同意した場合は4割とか3割で定めることもできます。
     この、合意分割については、後述する3号分割と異なり、請求する側が他方の被扶養配偶者(いわゆる第3号
    保険者)でない場合でもできます。
     ですから、結婚後も夫婦揃って一貫して共働きであるが、夫が一時病気のため収入が減少していたことがあり、
    厚生年金の標準報酬について、妻が金額的に上回るという場合は、夫からも分割請求できることになります。
     

 ➁  3号分割
    平成20年5月1日以後に離婚した場合などに、婚姻期間のうち、平成20年4月1日以降の扶養に入っていた配
   偶者の、いわゆる第3号被保険期間中の、相手方の厚生年金の標準報酬を分割するというものです。
     こちらの分割については、請求する方が他方の被扶養配偶者として第3号保険者と認定された期間があることが    必要になります。
     分割割合は合意分割と異なり、当然に保険料納付記録等を2分の1の割合で分割することになります。

   熟年離婚は結婚20年以上の場合をいいますから、3号分割の方は問題にならず、合意分割が問題になります。婚  姻期間全体が対象になるため、熟年離婚の場合はこの部分の分割があるかないかで受け取る年金額が大きく変わっ  てくることになります。

   いずれの場合も、分割を受けると、厚生年金受給資格に応じた年金を受給することになりますが、自分が年金を受  け取る年齢に達するまでは老齢厚生年金は支給されません。また、基礎年金の額には影響しません。
   ただ、一旦分割をすれば、分割を行った元配偶者が死亡しても、自分の厚生年金受給は受けられることになります。

   特に熟年離婚を考えている女性は、年金を現に受給できるようになるまでの生活をどうやって確保するか、相手方か  ら受け取れそうな財産分与(あるいは慰謝料)などで十分か、離婚する時期とあわせてよく検討してみべきでしょう。

   なお、年金分割請求は離婚から2年以内に行わなければ、分割が認められなくなりますので、離婚後は速やかに手
  続きを行うことが必要です。

   島根県松江市の宍道湖畔にある、島根県立美術館の写真です。
   

■関連コラム:目次
熟年離婚で問題になりうること(1)(概要)
熟年離婚で問題になりうること(2)




   
   
   
   

    
    

この記事を書いたプロ

勁草法律事務所 [ホームページ]

弁護士 片島由賀

広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL:082-569-7525

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
弁護士の費用

■ 相談料初回の打ち合わせより、有料です。責任をもって、担当者が真剣にお話をきかせていただきます。初回打ち合わせの目安:30分 5,000円(税込) ■弁護...

ご相談の流れ

男女の弁護士がご依頼者様のニーズに応じ、法律相談をお受けしています。勁草法律事務所では、少しでもご依頼者様のお力になりたいとの思いから、夜間・日・祝日...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
片島由賀さん

依頼者の目線に立って問題解決に臨む法律事務所(1/3)

 「疾風に勁草(けいそう)を知る」―困難に遭って初めてその人間の本当の価値や強さが分かること―中国の故事成語に由来して名付けたという勁草法律事務所の名前には、“逆風に遭った時こそ依頼者の力になれる存在でありたい”という強い思いが込められてい...

片島由賀プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

会社名 : 勁草法律事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL : 082-569-7525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-569-7525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

問題が解決し、子供達とうまく関係づくりができて有意義に過ごせています

 協議・調停と(ご自身で)行ったが、話し合いとして全く進...

50歳代・男性
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
離婚調停で慰謝料の金額に争いがある場合
イメージ

夫婦で離婚に向けての話し合いをしたものの、話し合いがつかない場合には、裁判所での手続きを利用した、離婚調停...

[ 慰謝料 ]

算定表より少ない金額で養育費の合意をした後変更が認められますか?
イメージ

 以前に養育費を求めない合意をしたあとで、養育費の支払いを求める請求をした場合について触れました(養育費を...

[ 養育費 ]

養育費と支払う側・支払いを受ける側の収入
イメージ

 養育費の金額を決めるにあたっては、裁判所で使う、いわゆる養育費の算定方式・算定表によるというのは既にご存...

[ 養育費 ]

児童扶養手当の受け取りと養育費の受け取り
イメージ

 離婚をしたあと、子どもを引き取った親は、それまで相手と同じ世帯で子どもを育てていた場合と違って、何かと支...

[ 養育費 ]

夫婦の一方が家を出たとき同居を求める方法は?
イメージ

 法律では夫婦は同居し、互いに協力し助け合わなければならないと定められています。最近は仕事の都合や子どもの...

[ 離婚原因 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ