コラム

 公開日: 2015-08-05  最終更新日: 2015-11-03

親権者の指定で争いがあるとき

 最近は少子化や育児への男性の関心の高まりなどからか、面会交流とともに親権者指定が争いになることが増えてきました。

婚姻時は、夫婦が共同して親権を行使することが原則とされていますが、離婚にあたっては単独親権となるため、どちらが親権者になるかを決めなければなりません。

 このように、離婚の際夫婦どちらかの単独親権となるため、双方が親権者になることを譲らなければ、シビアな争いになってきます。話し合いがつかなければ、その後裁判所での調停手続き・訴訟になったときにも解決が困難になる可能性があります。

 それでは、親権者に夫婦どちらがなるか争いになったとき、どのように定められることになるでしょうか。親権者を定めるにあたっては、あくまでも子どもの福祉・子どもの将来の成長にとってどちらが親権を獲得することが利益になるか、という観点で考えていくことになります。

 具体的に考慮される要素としては、主に4つあります。すなわち、➀現在までの子どもの養育状況、➁今後の養育方針・養育する上での環境、③夫婦の一方が親権者になるのが適当な理由、④他方が親権者となるのが不適当な理由などです。そしてこれらをみていく上で、親権者の事情・子どもの事情を具体的にみることになります。最近では、子どもをみている親が他方の親との面会交流を認めることができるかという点も考慮するようになってきており、複雑化してきているといえます。
 
 時々みられるのが、現に子どもをみている親が親権者になりたいとの主張をしているが、不倫・不貞行為があったとき、他方が不倫・不貞行為をするような親に子どもは任せられない、と主張するケースです。ただ、前述のように、子どもの福祉から親権者がいずれになるのがよいか考えることからすれば、子どもをみている親が不倫・不貞行為があったから即親権者として適切ではない、とはされません。その親が不倫・不貞行為をしていたときに、子どもの面倒をみるのがないがしろにされていた、育児放棄をしていた、という事情があった場合に考慮されることになるのです。

 上記の考慮要素のなかでも重視されるのが、子どもと親の結びつき、子どもの意思とされています。
 子どもの親権者指定にあたっては、母親の方が有利ではないかという質問もよくあります。子どもが幼ければ幼いほど母親が現に面倒をみているのが普通であることから、そういった場合は母親が親権者になることが多いと思われます。しかし,父親が子どもを引き取って面倒をみており、監護補助者の協力もあるという場合は、父親が親権者になることもあります。
親権者指定にあたり、「母親優先」というよりも「母性優先」といわれるようになってきているのも、上記のような場合を加味してのことといえます。

 また、子どもの意向については、満15歳以上であれば子どもの監護者指定などの審判手続きのとき子どもの意向確認が必要とされていますが、調停でも十分に考慮する必要があります。ちなみに、子どもの年齢がおおむね10歳前後であれば考慮されているようです。

 親権は子どもの視点からみて、親が果たすべき権能・責任といえます。ですから、先にも述べたとおり、子どもにとって健やかに成長するためには誰が面倒を見えるのが適切といえるか、という観点で考えていくことがなにより重要になります。

 酷暑が続いています。国宝・松江城です。 
 





 

この記事を書いたプロ

勁草法律事務所 [ホームページ]

弁護士 片島由賀

広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL:082-569-7525

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
弁護士の費用

■ 相談料初回の打ち合わせより、有料です。責任をもって、担当者が真剣にお話をきかせていただきます。初回打ち合わせの目安:30分 5,000円(税込) ■弁護...

ご相談の流れ

男女の弁護士がご依頼者様のニーズに応じ、法律相談をお受けしています。勁草法律事務所では、少しでもご依頼者様のお力になりたいとの思いから、夜間・日・祝日...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
片島由賀さん

依頼者の目線に立って問題解決に臨む法律事務所(1/3)

 「疾風に勁草(けいそう)を知る」―困難に遭って初めてその人間の本当の価値や強さが分かること―中国の故事成語に由来して名付けたという勁草法律事務所の名前には、“逆風に遭った時こそ依頼者の力になれる存在でありたい”という強い思いが込められてい...

片島由賀プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

会社名 : 勁草法律事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL : 082-569-7525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-569-7525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

相談に乗ってもらい心の安らぎを得られました

役所の方から法律相談に行くようすすめて頂き相談したのがき...

女性(60歳代)
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
養育費の支払いと預金口座特定に関する法改正について
イメージ

  養育費の支払い合意は6割どまり  養育費の支払いについては、平成24年4月の民法改正後、「夫婦の協議...

[ 養育費 ]

年金受給年齢前後の離婚では、離婚しないときと年金額がどう違いますか?
イメージ

 年金受給開始年齢に近くなってから、あるいは受給開始年齢後に離婚する、となると将来の生活面での収入が基本的...

[ 年金分割 ]

離婚が成立しましたがどんな手続きをとる必要がありますか?
イメージ

 話し合いで離婚が成立した場合はもちろんのこと、調停や裁判で離婚となった場合にも、その後色々な手続きを行う...

[ その他(健康保険・年金) ]

婚姻費用の支払いから、生活費などの一部負担としてどこまで考慮されるでしょうか?
イメージ

 前回から随分と日にちが空いてしまいましたが、今回はしばしば問題となる、婚姻費用の支払いを求められている場...

[ 婚姻費用 ]

婚姻費用の請求はいつの時点から認められますか?
イメージ

 婚姻費用には衣食住の費用、医療費、娯楽費、交際費、老後や将来のための準備、未成熟子の養育費・教育費などの...

[ 婚姻費用 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ