コラム

 公開日: 2015-07-11  最終更新日: 2015-11-03

慰謝料と財産分与

 慰謝料、財産分与もともに、離婚のときに発生する金銭的なもの。どちらも細かい法的な問題がありますが、細かいところはまた別の機会に譲り、今日は大きく両者についてみてみたいと思います。

 慰謝料は離婚の際に発生する、婚姻関係破綻の原因を作った側が他方に払う、離婚慰謝料と、たとえばDVや不倫(不貞行為)があった場合、それにより相手方が被った精神的な苦痛を慰謝するための、個別の原因による慰謝料請求があります。

 個別の原因に基づく慰謝料は、まさしく個々の事情に応じて金額が決まるものですので、結婚生活の長さ如何は直接に影響してこないところです。ただ、個別の原因に基づいての慰謝料請求となると、しっかりとした証拠に基づく必要が出てきますので、DVであれば診断書、カルテや写真などによる裏付けが必要になりますし、不貞行為の場合は、その存在を推測させるような写真、メールなどが必要になります。また、あとで述べますように個別の原因に基づく慰謝料を請求するとなると、期間が経ちすぎて時効になっていることもありえますので、離婚の場合はとくにそうですが、こういった個別の行為のみ取り出して、離婚請求とともに慰謝料請求するのは(私の印象ですが)多くないように思われます。

 離婚慰謝料は、結婚期間の間に生じた事情すべてをみて、結婚生活を破綻にいたらせた側の、相手方に対して与えた精神的な苦痛を慰謝するものとなるため、結婚生活がだめになった経緯、それに関する夫婦双方の言動、責任の程度、それまでの結婚生活の状況、結婚期間の長さ、未成年の子の有無、年齢などといった事情を総合的に考慮して決めていくものです。結婚期間が長い場合には、未成年の子どもがいない可能性が出てくるため、長いからといって慰謝料が高くなるとは限りません。ただ、離婚慰謝料は結婚生活の中で与えた精神的な苦痛を補うためのものではありますが、生活保障的な意味合いもあるため、たとえば結婚後専業主婦になり、その期間が長いときは、離婚しても収入を得られる見込みが低いため、それを加味しての慰謝料額を決めていくこともあります。

 慰謝料は個別の原因に基づく慰謝料は損害・加害者(相手方)双方を知ってから3年で時効、離婚慰謝料の場合は離婚してから3年で時効になりますので、請求するのであれば早めにすることが必要です。

 これに対して、財産分与は夫婦のいずれに責任があって離婚に至ったかとは別に、問題になるものです。財産分与には3つの側面があるとされていて、➀結婚生活で双方築き上げた資産の清算、➁離婚後の生活保障的な意味合い、③結婚期間中の精神的な苦痛を慰謝する、といった意味合いがあるとされています。
 ③については、慰謝料とかぶるところがあるので、いずれか一方で考慮をしていくことになるでしょう。
 財産分与については、結婚期間が長ければ長いほど、結婚期間中に築き上げた資産が多くなるのが多いと思いますので、よほど短期間のうちに両者で資産を築いた場合でない限り、結婚期間が短いと分与対象財産は少なくなる傾向があります。あとは離婚後の生活保障という観点からどれだけ上乗せできるかというところになるでしょう。

 財産分与は離婚成立から2年過ぎると話し合いにより金額が決まらなかったとき、審判手続きで家庭裁判所により決めてもらうことができなくなります。ですから、離婚自体の話し合い、裁判手続きの中で解決しておくのが無難です。

 最終的には、慰謝料・財産分与を含めた金銭的な解決となることが多いでしょうが、財産分与の額の方が占める割合が多いこともあるのではないかと思います。

 暑さが厳しい季節になってきました。水をみると涼しさを感じる今日このごろです。
 

この記事を書いたプロ

勁草法律事務所 [ホームページ]

弁護士 片島由賀

広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL:082-569-7525

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
弁護士の費用

■ 相談料初回の打ち合わせより、有料です。責任をもって、担当者が真剣にお話をきかせていただきます。初回打ち合わせの目安:30分 5,000円(税込) ■弁護...

ご相談の流れ

男女の弁護士がご依頼者様のニーズに応じ、法律相談をお受けしています。勁草法律事務所では、少しでもご依頼者様のお力になりたいとの思いから、夜間・日・祝日...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
片島由賀さん

依頼者の目線に立って問題解決に臨む法律事務所(1/3)

 「疾風に勁草(けいそう)を知る」―困難に遭って初めてその人間の本当の価値や強さが分かること―中国の故事成語に由来して名付けたという勁草法律事務所の名前には、“逆風に遭った時こそ依頼者の力になれる存在でありたい”という強い思いが込められてい...

片島由賀プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

会社名 : 勁草法律事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL : 082-569-7525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-569-7525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

相談に乗ってもらい心の安らぎを得られました

役所の方から法律相談に行くようすすめて頂き相談したのがき...

女性(60歳代)
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
離婚調停で慰謝料の金額に争いがある場合
イメージ

夫婦で離婚に向けての話し合いをしたものの、話し合いがつかない場合には、裁判所での手続きを利用した、離婚調停...

[ 慰謝料 ]

算定表より少ない金額で養育費の合意をした後変更が認められますか?
イメージ

 以前に養育費を求めない合意をしたあとで、養育費の支払いを求める請求をした場合について触れました(養育費を...

[ 養育費 ]

養育費と支払う側・支払いを受ける側の収入
イメージ

 養育費の金額を決めるにあたっては、裁判所で使う、いわゆる養育費の算定方式・算定表によるというのは既にご存...

[ 養育費 ]

児童扶養手当の受け取りと養育費の受け取り
イメージ

 離婚をしたあと、子どもを引き取った親は、それまで相手と同じ世帯で子どもを育てていた場合と違って、何かと支...

[ 養育費 ]

夫婦の一方が家を出たとき同居を求める方法は?
イメージ

 法律では夫婦は同居し、互いに協力し助け合わなければならないと定められています。最近は仕事の都合や子どもの...

[ 離婚原因 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ