コラム

 公開日: 2015-06-19  最終更新日: 2015-11-03

離婚と別居期間

 離婚のご相談に来られる場合、すでに夫婦が別居している、あるいはこれから別居しようと考えているというケースが多いです。
 離婚の合意に至っていない場合で、とくに離婚裁判まで至っているとき、裁判上の離婚原因である、夫婦関係が継続しがたい重大な事由があるとき、といえるかどうかの客観的な指標として、一定期間の「別居」が問題になってきます。これは、夫婦は本来同居義務を負っていることの裏返しであって、同居していないということは、あとに述べるような事情があって別居せざるをえない場合はともかく、そうでない場合は愛情が薄れていると考えられるのが一般であることから来ています。

 一定期間の「別居」とはどのくらいかが問題になりますが、一般的にはとくに夫婦の一方に破綻の原因があるわけではなく結婚生活がこれ以上続けるのが難しくなった、というときは、別居期間が3年から5年くらいで破綻が認められることが多いように思います。

 これに対して、夫婦の一方に結婚生活破綻の原因があると認められるケースで、破綻の原因を作った側からの離婚請求が認められるには、➀夫婦の年齢・同居期間に比して別居期間が長く、相当の長期間に及ぶこと、➁未成熟子がいないこと、③離婚を求められている側が離婚により精神的・社会的・経済的に極めて過酷な状態におかれるなど、離婚を認めると著しく社会正義に反するといえる特段の事情の認められないこと、が必要とされています。

 このうち、➀については、一般的に破綻原因が双方いずれにあるともいえないケースより別居期間が長期間でないとと認められないことが多く、7年・8年以上でないと離婚が認められないようです。

 なお、どんな場合を別居というかですが、通常は一方が他方と一緒に住んでいた家を出て、別で暮らすようになったときを指します。いわゆる「家庭内別居」の場合は、同じ屋根で暮らしていることから、たとえ食事も寝室も別、お互い顔を合わせることもほとんどない、といってもなかなかそれを立証すること自体困難で、別居と認められにくいです。
 ただし、仕事の都合や介護などの事情で夫婦が別居することもあるため、本当に結婚生活が破綻しているという意味での「別居」かどうかは夫婦が共同して生活しているといえるか、実態に立ち入って考えていく必要があります。



太田川河川敷の写真です。



 
 

この記事を書いたプロ

勁草法律事務所 [ホームページ]

弁護士 片島由賀

広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL:082-569-7525

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
弁護士の費用

■ 相談料初回の打ち合わせより、有料です。責任をもって、担当者が真剣にお話をきかせていただきます。初回打ち合わせの目安:30分 5,000円(税込) ■弁護...

ご相談の流れ

男女の弁護士がご依頼者様のニーズに応じ、法律相談をお受けしています。勁草法律事務所では、少しでもご依頼者様のお力になりたいとの思いから、夜間・日・祝日...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
片島由賀さん

依頼者の目線に立って問題解決に臨む法律事務所(1/3)

 「疾風に勁草(けいそう)を知る」―困難に遭って初めてその人間の本当の価値や強さが分かること―中国の故事成語に由来して名付けたという勁草法律事務所の名前には、“逆風に遭った時こそ依頼者の力になれる存在でありたい”という強い思いが込められてい...

片島由賀プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

逆風を追い風に変えるべく伴奏・伴走する存在であり続けます

会社名 : 勁草法律事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL : 082-569-7525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-569-7525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

問題が解決し、子供達とうまく関係づくりができて有意義に過ごせています

 協議・調停と(ご自身で)行ったが、話し合いとして全く進...

50歳代・男性
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
親権者の一方が子どもを連れ去ったときは犯罪にあたりますか?
イメージ

 先日、親権者の一方が自分の親族らとともに、子どもがいる他方の実家に行き、子どもを連れ去った・ないし連れ去...

[ 親権 ]

別居が長引いているときでも財産分与は別居当時が基準ですか?
イメージ

離婚を申し入れているが、相手が応じない、あるいは離婚自体には合意しているが、子どもの親権や面会交流、あるい...

[ 財産分与 ]

離婚するのにどのくらい時間がかかりますか?
イメージ

 離婚したいと思うが、どのくらい時間がかかるのでしょうか?ーご相談の際によくご質問を頂きますが、結論として...

[ 協議離婚 ]

内縁関係のうちにかかった生活費は内縁解消後に支払ってもらえますか?
イメージ

 内縁関係であっても、一緒に暮らしている間に生活費(食費・日用品費・医療費など)がかかるのは、入籍をしてい...

[ 内縁・事実婚 ]

事実婚(内縁関係)で同居中相手方が死亡した場合に今の住居に住み続けられますか?
イメージ

 事実婚(内縁関係)のまま、戸籍を入れることなく、相手方契約の賃貸物件に一緒に住んでいる、あるいは相手方所...

[ 内縁・事実婚 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ