コラム

 公開日: 2017-12-04 

お互いの対立点が激しく大きく揉めている場合にはどうすればいいでしょうか?⑶

前々回・前回で,離婚調停を申し立てたけれども,対立が大きくて進まない・離婚調停で話がつかず離婚裁判を起こすことを考えているという場合について見てきました。今回は離婚調停で話がつかなくなり,調停不成立になって以後のことを見ていきましょう。

 離婚調停で話し合いがつかない場合には調停は不調になります。この後問題の解決を図る(離婚を求めることが前提となります)ためには,離婚裁判を起こす必要があります。こちらが離婚を求めているもののすぐに裁判を起こさない場合には,相手方から離婚裁判を起こしてくることがあります。

相手方から離婚裁判を起こしてきたときの対応


 また,それとは別にご自身が修復を図りたいと考えているけれども夫・あるいは妻側がどうしても離婚をしたいという考えを持っている場合にも,離婚裁判を起こしてくることもあります。このような場合の対応としては,法律上の離婚原因がない(多くは様々な事情を上げて夫婦が修復可能であることを主張していくことになります)との主張をして,証拠があればそれを提出して争っていくことになります。気になるところですが,別居期間がどの程度あれば離婚判決が出るかは様々な事情によりますので,一概にどの程度ということはできません。こうしたケースでは,夫・あるいは妻側から事実の真偽はともかくとしてご自身の悪いところやその裏付けとされる出来事が言い分として出されてくることになります。そうした点や裁判の見通しを踏まえて行動することが必要となってくるでしょう。ちなみに,離婚裁判で逆に相手を訴え返すことを反訴といいますが,前提として離婚を求めることになりますから,修復を求める場合には,相手が起こした裁判に対応することになります。

自分から離婚裁判を起こしたときの今後の進み方


 これに対して,夫・あるいは妻側ご自身も離婚を求めている場合には,多くは子供の親権や慰謝料・財産分与面の対立が大きな場合と考えられます。離婚するかどうかは争いがないけれども単に理由が異なる場合には離婚裁判をしても結論には影響がなく,そこまで進めることは得策ではないでしょう。こうした場合には離婚調停の段階で話されていない家庭裁判所調査官の調査(時間が経過しているために新たな調査が必要な場合にはその調査)をする・財産分与ではお金の動きや動かした理由などを預金通帳や履歴その他の資料を通じて細かく整理をしていくことになります。裁判の進み方自体は,前回のコラムで述べた点と変わりません。
 訴えられた場合にも,訴えた場合と同じくどのような見通しになるのかどうかをある程度予測したうえで行動していく必要が出てくるでしょう。今後の対応などアドバイスなどを得るうえで弁護士の活用は重要になってきます。

基町・そごう前のクリスマス用イルミネーション
広島市内のデパート前のクリスマスイルミネーションです。12月になり、年の瀬もあっという間に間近になってきました。今年のうちに終わらせたいことは済ませておきたいところです。

このコラムに関連する内容の記事をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
離婚裁判と弁護士の役割
お互いの対立点が激しく大きく揉めている場合にはどうすればいいでしょうか⑵
お互いの対立点が激しく大きく揉めている場合⑴

この記事を書いたプロ

勁草法律事務所 [ホームページ]

弁護士 片島由賀

広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL:082-569-7525

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
弁護士の費用

■ 相談料初回の打ち合わせより、有料です。責任をもって、担当者が真剣にお話をきかせていただきます。初回打ち合わせの目安:30分 5,000円(税込) ■弁護...

ご相談の流れ

男女の弁護士がご依頼者様のニーズに応じ、法律相談をお受けしています。勁草法律事務所では、少しでもご依頼者様のお力になりたいとの思いから、夜間・日・祝日...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
片島由賀さん

依頼者の目線に立って問題解決に臨む法律事務所(1/3)

 「疾風に勁草(けいそう)を知る」―困難に遭って初めてその人間の本当の価値や強さが分かること―中国の故事成語に由来して名付けたという勁草法律事務所の名前には、“逆風に遭った時こそ依頼者の力になれる存在でありたい”という強い思いが込められてい...

片島由賀プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

逆風を追い風に変えるべく伴奏・伴走する存在であり続けます

会社名 : 勁草法律事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL : 082-569-7525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-569-7525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

常に進行状況の連絡がありとても安心感がありました

福祉指導員による(法律相談を受けるようにとの)アドバイス...

40代・女性
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お互いの対立が激しく大きく揉めている場合にはどうすればいいでしょうか?⑵
イメージ

前回は、離婚調停を申し立てたけれど対立が大きくて話が進まないとき、どんなことの整理が必要か。今後の見通しな...

[ 離婚裁判 ]

お互いの対立点が激しく大きくもめている場合⑴
イメージ

 夫婦で今後のことについて話し合いをしているけれども、なかなか先に進まないというケースは割とあります。離婚...

[ 離婚調停 ]

本人同士で離婚の話が進まない場合はどうすればいいでしょうか?⑵
イメージ

 前回は、本人同士で離婚の話が進まない場合に取りうる方法をお話しました。 今回は相手方がそもそも話し合い...

[ 離婚調停 ]

本人同士で離婚の話が進まないときにはどうすればいいのでしょうか?⑴
イメージ

 そもそも二人では話ができない状況の場合 離婚を決意して夫あるいは妻側に提案する内容を決め、いざ夫や妻...

[ 離婚調停 ]

離婚を決意したとき⑶(その場合にしてはいけないこと)
イメージ

 前回(その2)は離婚を決意したときにしておくといいことについて取り上げました。今回は逆にしてはいけない・...

[ 協議離婚 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ