コラム

 公開日: 2017-09-06 

離婚することを決意したとき⑵(具体的にしておくべきこと)

前回は、そもそも離婚をした方がいいのか・離婚を決意するかどうかで考えておいた方がいいことについて触れました。
今回は、離婚を決意したとして、具体的にどんなことをしておくとよいかについてお話します。

1 自分名義の財産の把握をする

特にこれまでの家計管理をすべて夫・あるいは妻がやっていて、もっぱら任せきりにしている場合には、不動産についてはともかく、預貯金の残高について把握していない、またお金がどのように動いているか管理状況が分からないのが一般だと思います。
そういった場合には、まずは自分名義の預金通帳を返してもらう、通帳をみて動きが分からない部分があれば預金口座の取引履歴を銀行で取り寄せることで、今後分与対象となる財産の整理をする、使途不明金があればその説明を求めるための準備をするべきでしょう。

2 子どもの養育の実績を積み重ねる

これは子どもの親権が争いになる場合ですが、ご自身が子どもをみているものの、これまで夫あるいは妻もともにみていた、あるいは夫あるいは妻もなにかしら子どもの面倒をみていた場合に特に問題になってきます。
親権者について対立するときは、話し合いでの解決が難しいことが多く、離婚調停や離婚裁判にまで進むケースが割と多いです。その場合には家庭裁判所の調査官による、子どもの養育・監護状況についての調査がされるのが一般的です。
そのため、特に離婚の決意をして以後子どもへの養育・監護の実績を積み重ねていくことで、現在の子どもの生活状況に問題がなく、引き続き夫あるいは妻が養育・監護をすることで、生活環境を維持すべきといえる状態にしておくことが重要になってきます。

別居について

離婚を決意した場合には、通常離婚を希望する側が自宅を出て別居するのが一般的です。
もちろん、別居せずに離婚の話し合いをすることも可能ですが、離婚の話をしながら同居を続けるというのが精神的に負担になることもあります。特に夫・妻からの暴力やモラハラを理由に離婚を決意された場合には、離婚の話を夫、あるいは妻に持ち出すとその反応如何ではさらに暴力やモラハラがひどくなることが多いと思いでしょう。
また、そういった場合でなくても、何かとお互い気まずいまま生活をしなければなりませんし、夫あるいは妻が離婚をしたくないといってきた場合には、離婚理由が弱いと別居の長さといった、客観的な状況を中心に結婚生活が破綻しているかどうか判断していくことになります。
ですから同居を続けているとたとえ家庭内別居であっても、結婚生活が破綻していると証明することが難しくなってきます。これは、当初仕事の都合や子どもの学校の関係で夫が単身赴任を始めたものの、その後夫あるいは妻が離婚を決意するに至ったときでも、いつの時点で結婚生活が破綻したかと見る上で同じく問題になってきます。

いずれにせよ、離婚を決意した場合には、別居を見据えた上で将来のことを考えた方がよいでしょう。

基町・ひろしま美術館の噴水
ひろしま美術館近くの噴水。少し前の写真です。ここ最近急に涼しくなり、秋の虫の音が賑やかになってきたように思います。9月7日には「白露」だそうです。「大気が冷えてきて、露が出来始めるころ」だそうなので、季節的にはそんなに外れていない感じです。

このコラムに関連する記事をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
離婚することを決意したとき⑴
離婚した方がよいか迷っているとき
離婚の理由いろいろ

この記事を書いたプロ

勁草法律事務所 [ホームページ]

弁護士 片島由賀

広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL:082-569-7525

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
弁護士の費用

■ 相談料初回の打ち合わせより、有料です。責任をもって、担当者が真剣にお話をきかせていただきます。初回打ち合わせの目安:30分 5,000円(税込) ■弁護...

ご相談の流れ

男女の弁護士がご依頼者様のニーズに応じ、法律相談をお受けしています。勁草法律事務所では、少しでもご依頼者様のお力になりたいとの思いから、夜間・日・祝日...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
片島由賀さん

依頼者の目線に立って問題解決に臨む法律事務所(1/3)

 「疾風に勁草(けいそう)を知る」―困難に遭って初めてその人間の本当の価値や強さが分かること―中国の故事成語に由来して名付けたという勁草法律事務所の名前には、“逆風に遭った時こそ依頼者の力になれる存在でありたい”という強い思いが込められてい...

片島由賀プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

逆風を追い風に変えるべく伴奏・伴走する存在であり続けます

会社名 : 勁草法律事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL : 082-569-7525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-569-7525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

離婚にあたり着地点へ導いてもらえました

調停は数回ありましたが、相手方が欠席したり、納得がいかな...

30代・女性
  • 女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お互いの対立点が激しく大きくもめている場合⑴
イメージ

 夫婦で今後のことについて話し合いをしているけれども、なかなか先に進まないというケースは割とあります。離婚...

[ 離婚調停 ]

本人同士で離婚の話が進まない場合はどうすればいいでしょうか?⑵
イメージ

 前回は、本人同士で離婚の話が進まない場合に取りうる方法をお話しました。 今回は相手方がそもそも話し合い...

[ 離婚調停 ]

本人同士で離婚の話が進まないときにはどうすればいいのでしょうか?⑴
イメージ

 そもそも二人では話ができない状況の場合 離婚を決意して夫あるいは妻側に提案する内容を決め、いざ夫や妻...

[ 離婚調停 ]

離婚を決意したとき⑶(その場合にしてはいけないこと)
イメージ

 前回(その2)は離婚を決意したときにしておくといいことについて取り上げました。今回は逆にしてはいけない・...

[ 協議離婚 ]

離婚することを決意したとき⑴
イメージ

 そもそも、離婚をした方がいいのでしょうか?  離婚は、新しいスタートを切ろうというものですから、心機...

[ 協議離婚 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ