コラム

 公開日: 2017-09-02 

離婚することを決意したとき⑴

そもそも、離婚をした方がいいのでしょうか?


 離婚は、新しいスタートを切ろうというものですから、心機一転が図れる半面子供にダメージを与える・養育費などある程度の負担が男性側に来ることが多いなどの面もあります。また、女性側からすると、これまで主に男性の収入・あるいは双方の収入で回っていた家計の負担が、夫の援助を得られるにしても主に自分でまかなっていかなければならなくなるということが出てきます。
 離婚をすることを決意したというのに、そもそも離婚をした方がいいのかは愚問かもしれません。しかし、離婚により前述のように考えておくべき問題などが出てくることから、離婚をした方がいいのかなというくらいでそう簡単に離婚に踏み切ってしまうと、後戻りができなくなるので避けた方がいいと思われます。夫・あるいは妻側が離婚をしたくないと抵抗をした場合には使うエネルギーは相当なものになります。ですから、そうしたエネルギーや負担があったとしても、それを乗り越えてでも新しいスタートを切りたいという思いがある場合に離婚へと切り出した方がいいでしょう。

離婚を決意するかどうかで考えておいた方がいいこと


 まずは、夫あるいは妻がどういう態度に出てくるか想定することは重要です。そのうえで、ご自身で譲れる点と譲れない点を整理してみる必要があります。子供の親権や養育費その他のお金の問題についてどのような態度に出るのか、決めておく必要があるでしょう。
 どこまでの内容を提示するのか、当然相手から反対が出され話し合いによる調整がなされる場合にどこまでなら折り合えるのかをはっきりしておいた方が、話し合いなどのときストレスを感じないと思われます。
 よくわからない場合には、弁護士などの専門家に相談をしてアドバイスを得ておく必要があります。また、夫婦間の直接の話し合いでまとまりそうか、専門家を通じて話し合いをしてもらった方がいいのかといった、簡単な見極めもしておくと負担がなく、話し合いを進めることができるでしょう。
 どの程度の時間をかけて終わらせたいのかも考えておく必要があります。子供の親権やそもそも離婚をするのか自体が相当もめそうな場合はかなり時間がかかることが多いです。また、いきなり離婚調停を申し立てるのも相手とは全く話にならない・直接は話をする様子が見えない場合には考えられる方法です。ただし、調停は基本的には月1回程度の開催ですから,早めに新しいスタートを切りたいという考えであれば、最初の手段としては避けておいた方がいいこともあります。
 そのうえで、まずはご自身で話をしてみる・弁護士に交渉をしてもらう・いきなり離婚調停を申し立ててみる等方法をとっていくことになります。
 離婚を決意した際に、するべきこと・してはいけないことについては、次回に触れたいと思います。

ドイツの森・ひまわり
 最近いい写真がないので、前に載せました岡山市から東部にあります岡山農業公園・ドイツの森のひまわりです。街路にもひまわりを見かけましたが、暑すぎるせいか、しなびていたりしおれていたりするものが多かったように思います。

このコラムに関連する記事をさらにご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
離婚をした方がよいか迷っているとき
離婚協議と弁護士の関与
離婚をするのにどのくらい時間がかかりますか?

この記事を書いたプロ

勁草法律事務所 [ホームページ]

弁護士 片島由賀

広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL:082-569-7525

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
弁護士の費用

■ 相談料初回の打ち合わせより、有料です。責任をもって、担当者が真剣にお話をきかせていただきます。初回打ち合わせの目安:30分 5,000円(税込) ■弁護...

ご相談の流れ

男女の弁護士がご依頼者様のニーズに応じ、法律相談をお受けしています。勁草法律事務所では、少しでもご依頼者様のお力になりたいとの思いから、夜間・日・祝日...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
片島由賀さん

依頼者の目線に立って問題解決に臨む法律事務所(1/3)

 「疾風に勁草(けいそう)を知る」―困難に遭って初めてその人間の本当の価値や強さが分かること―中国の故事成語に由来して名付けたという勁草法律事務所の名前には、“逆風に遭った時こそ依頼者の力になれる存在でありたい”という強い思いが込められてい...

片島由賀プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

逆風を追い風に変えるべく伴奏・伴走する存在であり続けます

会社名 : 勁草法律事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL : 082-569-7525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-569-7525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

親身な相談で将来の見通しがつきました

 相手方が弁護士を代理人としたため、自分では対応できない...

40代・男性
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お互いの対立点が激しく大きくもめている場合⑴
イメージ

 夫婦で今後のことについて話し合いをしているけれども、なかなか先に進まないというケースは割とあります。離婚...

[ 離婚調停 ]

本人同士で離婚の話が進まない場合はどうすればいいでしょうか?⑵
イメージ

 前回は、本人同士で離婚の話が進まない場合に取りうる方法をお話しました。 今回は相手方がそもそも話し合い...

[ 離婚調停 ]

本人同士で離婚の話が進まないときにはどうすればいいのでしょうか?⑴
イメージ

 そもそも二人では話ができない状況の場合 離婚を決意して夫あるいは妻側に提案する内容を決め、いざ夫や妻...

[ 離婚調停 ]

離婚を決意したとき⑶(その場合にしてはいけないこと)
イメージ

 前回(その2)は離婚を決意したときにしておくといいことについて取り上げました。今回は逆にしてはいけない・...

[ 協議離婚 ]

離婚することを決意したとき⑵(具体的にしておくべきこと)
イメージ

前回は、そもそも離婚をした方がいいのか・離婚を決意するかどうかで考えておいた方がいいことについて触れました...

[ 離婚原因 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ