コラム

 公開日: 2017-02-24 

内縁(事実婚)の場合、相手名義の遺産を相続できますか

かつては家の事情などからやむを得ず、籍を入れずに事実婚のケースが多かったと言われています。
最近は特に女性の社会進出の中で、仕事柄結婚することによる改姓を避けるため、あるいは生活環境などの理由であえて籍を入れないというケースも増えてきているようです。
事実婚かどうか、ということによっては、遺族年金の受給や保険の受け取りなどでの違いは少なくなってきています。
しかしまだ法律上違いがある面もあります。
今回はそんな内縁(事実婚)において、相続問題が発生した場合について考えてみます。

内縁(事実婚)の場合、民法上相続を認められるケースは限られる

例えば、内縁(事実婚)のケースで長年連れ添った相手が死亡したとします。相手には兄妹がいる場合、連れ添っていた人は相続できるのでしょうか?
この場合、亡くなった相手に両親がすでに亡く、実の子どももいないとき、相続人になる人は法律上、兄妹のみということになります。
相続人がいない場合には、亡くなった人と生計を同じくしていた者・あるいは療養看護に努めていた者など、亡くなった人と特別に縁故がある人にあたれば(「特別縁故者」といいます)、遺産の全部あるいは一部の分与を受けられることがあります。
しかし、上のケースのように、相続人がいると民法上は相続が認められる規定がないのが現状です。

内縁(事実婚)でも遺産への権利を認める裁判例が存在

裁判例でも、こういった内縁(事実婚)のケースで遺産についても権利が認められないか判断したものがあります。
内縁(事実婚)の場合に、相続でも財産分与の考え方により権利を認めるべきと主張したケースがありましたが、最高裁判所は財産分与の類推を否定しています。
そもそも財産分与は双方生きていて、離婚に伴い、それまで築いた財産を精算する際の仕組みであって、亡くなったときに遺産の分け方に関して問題になる場合とはそもそも場面が異なる、というのが主な理由です。
その一方で、下級審の裁判例ではありますが、内縁(事実婚)の場合でも遺産への権利主張を認めているものがいくつかあります。
一つは内縁(事実婚)の間に、相手の家業を断続的にではあるものの手伝っており、その間に買った不動産に対する権利主張を2分の1の範囲で認めたというケースです。もう一つは、内縁(事実婚)関係にある一方が、両方の収入を合わせて管理していて、他方名義の預金口座(遺産)に余剰の金員(自分の収入も含めて)を預け入れていたという場合で、内縁(事実婚)にあった者の権利を認めたものがあります。
いずれも一見すると財産分与の類推ではないかと思われるのですが(特に前者のケース)、学説上は共有関係を認めたものとして分類されているようです。
いずれにせよ、裁判所の判断によっては、内縁(事実婚)の場合でも遺産への権利主張を認められることはありますが、事案によることになるため、必ずしも認められるとは限りません。
ですから、明確に他方が財産に対して権利主張ができるようにするには、生前に贈与をしておく、あるいはあらかじめ遺言書に記載をしておくのが一番確実でしょう。

最近は春の嵐とまではいかないですが、風が強い日が時々あります。だんだんと春が近づいているのを感じるのも増えてきたように思います。
写真は先日笠岡に行ったときの写真です。もう菜の花が咲いていました。
昨年12月には向日葵が咲いている写真を載せましたが、ほぼ同じ場所です。よくみると、半分くらい花が終わっていました。
12月に向日葵が終わったあとくらいから、もう咲いていたそうです。2列ずつ交互にまだ花が咲いていない列・花が咲いている列、となっていたので、あと1ヶ月かもう少し早く、次の菜の花の見頃になりそうです。向日葵のときと違って、道の駅も大賑わいでした。
一足早い春の香りでした。

笠岡湾干拓の菜の花

この記事に関連した内容のコラムをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
内縁(事実婚)でも財産分与を求められますか?




 

この記事を書いたプロ

勁草法律事務所 [ホームページ]

弁護士 片島由賀

広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL:082-569-7525

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
弁護士の費用

■ 相談料初回の打ち合わせより、有料です。責任をもって、担当者が真剣にお話をきかせていただきます。初回打ち合わせの目安:30分 5,000円(税込) ■弁護...

ご相談の流れ

男女の弁護士がご依頼者様のニーズに応じ、法律相談をお受けしています。勁草法律事務所では、少しでもご依頼者様のお力になりたいとの思いから、夜間・日・祝日...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
片島由賀さん

依頼者の目線に立って問題解決に臨む法律事務所(1/3)

 「疾風に勁草(けいそう)を知る」―困難に遭って初めてその人間の本当の価値や強さが分かること―中国の故事成語に由来して名付けたという勁草法律事務所の名前には、“逆風に遭った時こそ依頼者の力になれる存在でありたい”という強い思いが込められてい...

片島由賀プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

会社名 : 勁草法律事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL : 082-569-7525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-569-7525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

自己破産で免責決定が出て借金などの悩みが解決できました

先生のお話が非常に分かりやすく、また対応が大変懇切丁寧で...

男性
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
事実婚(内縁関係)で同居中相手方が死亡した場合に今の住居に住み続けられますか?
イメージ

 事実婚(内縁関係)のまま、戸籍を入れることなく、相手方契約の賃貸物件に一緒に住んでいる、あるいは相手方所...

[ 内縁・事実婚 ]

DVを証明するにはどんなものがありますか⑵
イメージ

前回、DVを証明するものとして、診断書・カルテ、写真、録音媒体があることをお話しました。今日はその続きで、メ...

[ DV ]

DVを証明するにはどんなものがありますか⑴
イメージ

DVというと、かつては主に夫から妻に対する、身体的な暴力というイメージが強かったと思います。最近では精神的な...

[ DV ]

内縁(事実婚)でも財産分与を求められますか?
イメージ

 結婚観も多様化してきて、最近では仕事柄、姓の変更を望まないあるいはそれ以外の理由から、あえて戸籍上夫婦と...

[ 内縁・事実婚 ]

約束した面会交流が履行されないとき損害賠償請求はできますか?
イメージ

 面会交流については、調停で合意をしたのに守られないトラブルがしばしば起こります。調停の合意が守られなかっ...

[ 面会交流 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ