コラム

 公開日: 2016-08-02 

公務員の離婚で問題になりうること

 一般的にいえば夫あるいは妻が公務員である場合であっても、そうでない場合(夫あるいは妻が会社員であるとき)と比べて問題になることが特段別であるとはいえません。

熟年離婚の場合は分与対象となる退職手当が高額になることも

 ただ、通常熟年離婚に近くなると分与対象財産にあたるかで問題になる、退職金(退職手当)について、夫が公務員の場合は年齢によりますが、特に数年以内に退職をするという場合、ほぼ確実に退職時夫が退職金(退職手当)を受け取るケースが多いといえます。そのため、会社員の離婚以上に、退職金(退職手当)が財産分与の対象とされるといえます。
 また、新卒からずっと公務員というケースもままあるかと思いますので、そういった場合は退職金が高額になることも多いでしょう。
 ちなみに平成25年度の統計によると、公務員の退職手当の平均は約2300万円、地方公務員の場合もそれと同水準か地方によってはやや多いこともあるようです。これに対して、一般企業の場合は退職金が支給されないこともありますが、支給があるところでの平均が約1600万円のようです。
 一般企業の場合は定年まで務めるまでに倒産のリスクがあることからしても、確実に支給され、しかも高額になることが多い退職手当が分与対象になるかどうかは、特に分与を求める側からすると大きく問題になってくるでしょう。

年金額も高額になることも

 また、年金について現在は一元化されましたが、公務員の場合共済制度により、一般の会社員よりも受け取る年金額が多いケースもあるといえます。
 そのため、年金分割の手続きをきちんと取ることで、年金の支給開始年齢になって以後も年金分割をしてもらった側は確実に基礎年金に加えて共済部分の年金も受け取ることが可能になります。

婚姻費用・養育費は安定した収入があることを前提

 特に夫が公務員の場合は、よほどのことがない限り収入も安定しており,また勤務先が国ないしは地方公共団体ということもあって、合意により決められた金額については、婚姻費用、養育費といった月々の支払いとなるものも含め、支払いを確実に受けられる可能性が高いでしょう。
 ただ、今後は給料の減額等によって、一旦決めた婚姻費用・養育費の減額が問題になることもありえますが,これについては一般企業に勤める会社員と同じ問題といえます。

 ここまで、夫または妻の職業が公務員である場合をみてみましたが、意外と多いのは双方が公務員というケースです。この場合は、財産分与や養育費、年金分割が大きく問題になることは多くないと思いますが、職種によっては、特別な能力によって財産形成を行ったことを理由に、財産分与の割合が問題になることもあるでしょう。


ひろしま美術館前の彫刻・噴水
 7月下旬の梅雨明け以後、猛暑の毎日が続いていますので、少し涼しくなりそうな写真を。ひろしま美術館前の、彫刻と噴水をとった写真です。強い日差しが照りつける中、ひんやりとする涼しげな蔭をつくる大きな木の下。こんな情景を表現する季語が「緑陰(りょくいん)」です。「木下闇(こしたやみ)」ともいうようです。
 8月8日頃は立秋ですが、当分暑い日が続くようです。 

この記事を書いたプロ

勁草法律事務所 [ホームページ]

弁護士 片島由賀

広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL:082-569-7525

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
弁護士の費用

■ 相談料初回の打ち合わせより、有料です。責任をもって、担当者が真剣にお話をきかせていただきます。初回打ち合わせの目安:30分 5,000円(税込) ■弁護...

ご相談の流れ

男女の弁護士がご依頼者様のニーズに応じ、法律相談をお受けしています。勁草法律事務所では、少しでもご依頼者様のお力になりたいとの思いから、夜間・日・祝日...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
片島由賀さん

依頼者の目線に立って問題解決に臨む法律事務所(1/3)

 「疾風に勁草(けいそう)を知る」―困難に遭って初めてその人間の本当の価値や強さが分かること―中国の故事成語に由来して名付けたという勁草法律事務所の名前には、“逆風に遭った時こそ依頼者の力になれる存在でありたい”という強い思いが込められてい...

片島由賀プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

逆風を追い風に変えるべく伴奏・伴走する存在であり続けます

会社名 : 勁草法律事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-2-16 グリーンタワー5F [地図]
TEL : 082-569-7525

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-569-7525

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

片島由賀(かたしまゆか)

勁草法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

弁護士に相談してとても気が楽になりました

 先生の私に対する姿勢が決め手になって、先生に依頼しよう...

40歳代・男性
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お互いの対立点が激しく大きくもめている場合⑴
イメージ

 夫婦で今後のことについて話し合いをしているけれども、なかなか先に進まないというケースは割とあります。離婚...

[ 離婚調停 ]

本人同士で離婚の話が進まない場合はどうすればいいでしょうか?⑵
イメージ

 前回は、本人同士で離婚の話が進まない場合に取りうる方法をお話しました。 今回は相手方がそもそも話し合い...

[ 離婚調停 ]

本人同士で離婚の話が進まないときにはどうすればいいのでしょうか?⑴
イメージ

 そもそも二人では話ができない状況の場合 離婚を決意して夫あるいは妻側に提案する内容を決め、いざ夫や妻...

[ 離婚調停 ]

離婚を決意したとき⑶(その場合にしてはいけないこと)
イメージ

 前回(その2)は離婚を決意したときにしておくといいことについて取り上げました。今回は逆にしてはいけない・...

[ 協議離婚 ]

離婚することを決意したとき⑵(具体的にしておくべきこと)
イメージ

前回は、そもそも離婚をした方がいいのか・離婚を決意するかどうかで考えておいた方がいいことについて触れました...

[ 離婚原因 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ