コラム

2013-06-16

広島の住宅展示場の改修工事です。

住宅メーカーの展示場です。






この面の外壁・外構と内側LDKの内装をやり替える工事でした。
出入り口は木製建具のエンジンドア、自動ドアです。外構は私の考えで作りました。

足下みてください。



木製の塀と柱です、見えにくいですが地盤とは空かせてあります。展示場ですから耐久性は考慮
しなくても良いという注文でしたが見てもらうからにはそうもいきません。
チップと植栽で隠れていますがコンクリートの基礎とボルトで支えています。水に濡れにくくしています。
10年・15年は大丈夫だと思います。

すこし上から。






外壁と梁との間も空かせてあります、ピン構造のテラスです。出入り口の上の雨よけはガラスです
シールで固定して水平力に対応しています。桁の先はステンレスのアングルで接ないでいます。

http://www.youtube.com/watch?v=qrcdsR7CHuE
これくらい軽く作りたかったのですが。

この現場は以前本体の木工事もしました、展示場ですから工期が短いですし面積も大きいです。
常時大工さん5・6人入れて皆の仕事の段取りを付けるのは監督さんも大変ですから依頼されました。

展示住宅となりますと船頭が多いです、後々営業活動に使用するわけですから色々意見があります。
在来工法ですから意匠は工事中でもどんどん変わっていきます、一階の天井に桧のたいこ梁を井桁に
組みましたがすでに二階の床は貼ってありました。無垢フローリングの埋め木補修も大工さんの腕です。

今回の改修工事でその部屋も対象でした。たいこ梁は処分です持って帰りました。十分乾燥してます。
何に使うか目的があったわけではないですが・・・使いましたそれはまた追って載せます。



この記事を書いたプロ

一級建築士事務所 株式会社加地工務店(天然住宅グループ) [ホームページ]

一級建築士 加地健市

広島県広島市西区高須1丁目8-16 [地図]
TEL:082-273-3993

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
加地健市さん

ココロもカラダもよろこぶ自然素材の家の心地よさ(1/3)

 一級建築士事務所 株式会社「加地工務店」代表の加地健市さんは46年というキャリアを持つ住宅建築のプロフェッショナルです。卓越した施工管理技術と誠実な仕事ぶりに「ぜひ加地さんに」との依頼が多く、古民家再生など様々な建設現場を指揮してきました...

加地健市プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

会社名 : 一級建築士事務所 株式会社加地工務店(天然住宅グループ)
住所 : 広島県広島市西区高須1丁目8-16 [地図]
TEL : 082-273-3993

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-273-3993

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加地健市(かじけんいち)

一級建築士事務所 株式会社加地工務店(天然住宅グループ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
広島のヒマな建築ヤ 張り替えてみました!
イメージ

 ヒマなときに挑戦してみました Yチェアです、ペーパーコードの張り替えを済まして完成したものです。15年...

[ 仕事・作業 ]

広島古民家の瓦屋根補修工事です。
イメージ

 駄屋の屋根補修です。 以前から訪販の屋根工事がうるさく来るのでとの事で漆喰の補修をすることになりました...

[ 古民家・広島・再生 ]

広島のヒマな建築ヤの初夏
イメージ

 こんなにたくさん きぬさやえんどうです沢山いただきました私の大好物です。昨年いただいた折り“実の大きく...

[ 生活・一般・世間 ]

広島県の古民家調査 残念です!
イメージ

 立派な鬼かわらです。 屋根の仕事・左官のしっくい塗もすばらしいと思います。破風等もすべて漆喰で仕上げて...

[ 古民家・広島・再生 ]

天然住宅 高松市の現場です
イメージ

 こんな建物です板壁の落とし込みです http://tennen.org/kengakuentry120429.html耐力壁を兼ねた内側化粧の板...

[ 生活・一般・世間 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ