コラム

 公開日: 2014-04-15  最終更新日: 2014-07-04

パッシブの基本3要素



パッシブな家づくりにとって、

基本的に一番大切な、3要素とは、何でしょうか・・・ ?

それは、

☆ 集熱  ☆ 蓄熱  ☆ 断熱・気密  です。




 ☆ 集熱 

   集熱とは、太陽の熱エネルギーを建物の中に、取り込むことです。 

   OMソーラーの家の場合は、

   屋根に置いてあるガラスの部分で、

太陽からの恩恵をそのまま家の中に取り込んでいます。

   ただ、OMソーラーの家ではなくても、

窓ガラスから日射として取り込むことも、同様です。


 ☆ 蓄熱 

   蓄熱とは、いったん取り込んだ熱をどこかに貯めておかないと、

   夕方、陽が暮れると、建物は、一気に冷えてしまいます。

   OMソーラーの家づくりでは、それをためておくために、

基礎のコンクリートを利用します。


 ☆ 断熱・気密 

   断熱・気密とは、一言で言うと、

せっかく太陽からいただいた熱エネルギーを逃がさない、

   「 箱 」 を作ることです。 

    それは、建物の工法のみならず、障子や厚手のカーテンなど

    普段の生活によるひと工夫も大切なポイントです。





パッシブの3要素をそれぞれ、具体的にご説明しましょう。


まず、1番目の、「 集熱 」 です。

「 OMソーラーハウス 」 は

屋根面で、太陽の熱を集め家の中に取り込みます。


このとき、「 ハンドリングボックス 」 


というファンをまわして、空気を吸い込みます。


屋根の下に集熱空気を取り入れるスキマの層があり、


ガラスのない部分は、金属製の屋根で、じわじわ空気を暖めます。


暖かい空気は上昇しますので、屋根の高い位置へ移動します。


屋根の高い位置にはガラスが貼られており、


この部分を通過するときに、一気に温度が上がります。


冬でも60度以上になります。 


それらの空気が、「 棟ダクト 」 を通過して、


「 ハンドリングボックス 」 へ取り込まれます。


これが、「 集熱 」 の流れです。




「 全部ガラスにしちゃえば、もっと、暖かい家になるのでは・・・? 」


と、私も最初はそう思いました。 



実際、すべてガラスにすれば、冬でも100度近くは可能と言うことを


聞いたことがあります。 


しかしながら、「ハンドリングボックス」も機械ですから、ゴムの部分


など、80度を超えると溶解したり破損したりする可能性がありますので、


基本的には、夏の昼間において


80度を超えないよう、コンピューターでシミュレーションを行い、


屋根のガラスの部分の大きさを決めるのです。 


もちろん、ガラスは強化ガラスを使用していますし、


それゆえ高価ですので、ガラスの面積が


小さいほど経済的ともいえます。



また、「 屋根材は、瓦ではできないの・・・? 」 というご要望もよくいただきます。


これは、「 OMソーラーハウス 」 の基本「 集熱 」 と言う考え方では、


「 瓦 」 という素材は、逆に、「 断熱 」 効果を発揮してしまいます。


もちろんその分、「 ガラス付集熱面 」 を、


大きくしてあげれば、可能です。


ただし、ガラスのような、フラットな素材の水下側に、


瓦のような山あり谷ありの素材を組み合わせるという、


建築的な納まりが、複雑になってしまいます。


屋根面の納まりが、複雑と言うことは、


必然的に、雨漏りなどの事故にもつながりやすいので、


出来れば金属板の屋根材をお勧めしています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
OMソーラーの公式サイト。太陽エネルギーで電気を作るのではなく
太陽熱をそのまま利用するのが特徴です。
http://omsolar.jp/top.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
広島、山口の注文住宅ならヨハネハウス
「ちょっとオシャレな木の家」
---------------------------------------------
http://www.johanehaus.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事を書いたプロ

株式会社 ヨハネハウス [ホームページ]

一級建築士 藤本慎一

広島県広島市佐伯区三宅1丁目4-38 [地図]
TEL:0829-43-5679

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
個性を生かす住まい
イメージ

「家を建てる」ということは、大きなイベントです。同時に、どの住宅会社にお願いしようかという判断も、非常に重要となります。大手のハウスメーカーを選択される...

家づくり
イメージ

わたしたちは家づくりにおけるデザインには次のものがあると考えています。■視覚のデザイン(目に見えるデザイン。色、風合い、寸法、比率、空間の広がりなどを考...

 
このプロの紹介記事
藤本慎一さん

環境と共生する住まいで理想のライフスタイルを実現(1/3)

 「木の良さは調湿機能に優れていること。木の家は建物自体が除湿剤の役割を果たしてくれているので、快適に過ごせるのです」。そう語るのは、創業から日本の伝統建築である木造住宅にこだわり続けてきた「ヨハネハウス」2代目社長の藤本慎一さん。一言で木...

藤本慎一プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

お客様第一主義を貫く

会社名 : 株式会社 ヨハネハウス
住所 : 広島県広島市佐伯区三宅1丁目4-38 [地図]
TEL : 0829-43-5679

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0829-43-5679

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本慎一(ふじもとしんいち)

株式会社 ヨハネハウス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ヨハネハウス「OMソーラーの家」
イメージ

今年もいよいよ寒くなり、OMソーラーの家が、大活躍の時期になりましたね・・・OMソーラーとは、 ...

[ OMソーラー ]

ヨハネハウス「suumo 注文住宅 広島-秋冬号-」に掲載しています
イメージ

地元の工務店情報を地元の人に届ける住宅情報誌「suumo 注文住宅 広島・岡山で建てる-秋冬号-」。そろそ...

[ お知らせ ]

ヨハネハウス「入野の家」
イメージ

家のどこからでも外の緑が飛び込む自然に包まれたOMソーラーの住まい。ヨハネハウスの家づくりの特...

[ 家づくり ]

ヨハネハウス「OMソーラー季刊誌 きづき」ZEHとは
イメージ

地球環境、自然、健康を考えた家づくりを推進するOMソーラー株式会社季刊誌「きづき」37号。テーマはZ...

[ OMソーラー ]

ヨハネハウス「廿日市の家」
イメージ

優しい杉の木に包まれて暮らす 暑さ寒さを感じさせない OMソーラーの住まい。 フローリングの他、木...

[ OMソーラー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ