コラム

 公開日: 2013-03-21  最終更新日: 2014-07-04

ロケーションに恵まれた住まいづくり・・・その7 (マドリ・・・とマドトリ・・・)



綺麗なロケーションの理由は、北側を見たロケーションだからなのです。

このリビングから、北側を見れば、川面だけでなく、川の向こうに街並みや、山々が見えます。

その眼に入ってくる光景は、「お陽さま・・」 の光を「燦々・・」 と受けて、

色の鮮やかさが、より鮮明になるのです。


京都の神社の庭もそうなのですが、茶室の主庭は、必ず建物から見て、北側にレイアウトします。


建物から、南側を見ると、見える景色は全て、影の暗い面を見ていることになります。


つまり、 「北側のロケーションを、いかに、活かすか・・・? 」

ということは、敷地を選択したり、与えられた敷地でどのような

「窓取り」(マドトリ)をするか・・・?

ということに、重要な考え方に関連しています。

「窓取り」(マドトリ) という言葉は、

「間取り」(マドリ) とは、違います。


「間取り」 とは、平面計画を考えるに当り、機能性を考慮するための考えかたです。

「窓取り」 とは、与えるであろう平面計画と、構造計画を、予測、熟知、した上で、

いかに、快適な空間を演出できるか・・・?


 屋外や風景・・・その家を取り巻く環境と

一体になった家づくりができるか、否か・・・という、

家作りに関しては、たいへん、重要な考え方なのです。

この記事を書いたプロ

株式会社 ヨハネハウス [ホームページ]

一級建築士 藤本慎一

広島県広島市佐伯区三宅1丁目4-38 [地図]
TEL:0829-43-5679

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

22

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
個性を生かす住まい
イメージ

「家を建てる」ということは、大きなイベントです。同時に、どの住宅会社にお願いしようかという判断も、非常に重要となります。大手のハウスメーカーを選択される...

家づくり
イメージ

わたしたちは家づくりにおけるデザインには次のものがあると考えています。■視覚のデザイン(目に見えるデザイン。色、風合い、寸法、比率、空間の広がりなどを考...

 
このプロの紹介記事
藤本慎一さん

環境と共生する住まいで理想のライフスタイルを実現(1/3)

 「木の良さは調湿機能に優れていること。木の家は建物自体が除湿剤の役割を果たしてくれているので、快適に過ごせるのです」。そう語るのは、創業から日本の伝統建築である木造住宅にこだわり続けてきた「ヨハネハウス」2代目社長の藤本慎一さん。一言で木...

藤本慎一プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

お客様第一主義を貫く

会社名 : 株式会社 ヨハネハウス
住所 : 広島県広島市佐伯区三宅1丁目4-38 [地図]
TEL : 0829-43-5679

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0829-43-5679

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤本慎一(ふじもとしんいち)

株式会社 ヨハネハウス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ヨハネハウス「OMソーラーの家」
イメージ

今年もいよいよ寒くなり、OMソーラーの家が、大活躍の時期になりましたね・・・OMソーラーとは、 ...

[ OMソーラー ]

ヨハネハウス「suumo 注文住宅 広島-秋冬号-」に掲載しています
イメージ

地元の工務店情報を地元の人に届ける住宅情報誌「suumo 注文住宅 広島・岡山で建てる-秋冬号-」。そろそ...

[ お知らせ ]

ヨハネハウス「入野の家」
イメージ

家のどこからでも外の緑が飛び込む自然に包まれたOMソーラーの住まい。ヨハネハウスの家づくりの特...

[ 家づくり ]

ヨハネハウス「OMソーラー季刊誌 きづき」ZEHとは
イメージ

地球環境、自然、健康を考えた家づくりを推進するOMソーラー株式会社季刊誌「きづき」37号。テーマはZ...

[ OMソーラー ]

ヨハネハウス「廿日市の家」
イメージ

優しい杉の木に包まれて暮らす 暑さ寒さを感じさせない OMソーラーの住まい。 フローリングの他、木...

[ OMソーラー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ