コラム

 公開日: 2016-04-27 

『社長の仕事の優先順位』

■仕事に追われる人生は大変です。ビジネス初心者の二十代な
らいざ知らず、四十代までには、仕事を主体的に進められるよ
うになりたいものです。
主体的に行う仕事は、案外楽しいものですが、追われる仕事は
辛いですね。

○いつも納期に追われてバタバタしている人がいます。
・他人に決められた納期を基準に、仕事をしているからでしょ
 う。
・納期が迫るまで仕事を始めない、との見方もできます。

○一方、粛々と腰を据えて仕事を進める人がいます。
・自分で仕事のスケジュールを組み立てているからでしょう。
・納期が迫る前に、先手を打っている、との見方もできます。
 この違いが何故生まれるのか、検証してみましょう。

■仕事の進め方に違いがあるように思います。解明しましょう。
 仕事を区分してみましょう。区分する基準を二つ用意します。

○重要性の有無が一つ目の基準です。
・その仕事は重要か、重要でないかの区分です。

○緊急性の有無が二つ目の基準です。
・急ぎか、急ぎでないかの区分です。

○重要性と緊急性を組み合わせると四つに区分出来ます。さら
 に、それらの仕事に対して、取り組む順位を付けると、一般
 的には以下になりますが…
1.急ぎで、重要な仕事。
2.急ぎで、重要性の低い仕事。
3.急ぎでない重要な仕事。
4.急ぎでもなく、重要でもない仕事。

○上記の順位は模範解答の様ですが、実は正解ではありません。
本当は、3の『急ぎでない重要な仕事』を最初に持ってくるべ
きなのです。言い方を変えると、1と2の仕事を極力減らすた
めに、3の仕事にしっかり取り組むことが重要なのです。

■良く考えてください。

○そもそも、重要な仕事を急いで行う事は間違えです。
・重要な仕事は、じっくりと腰を据えて取組むべきであって、
 急いで対処すべきではありません。
・もちろん、急なトラブル等は、最優先で対応すべきですが、
 そもそも、そうならないように先手を打つべきです。
・言い方を変えると、重要な仕事を急ぐタイミングまで持ち込
 むこと自体が間違えです。

■いつも納期に追われてバタバタしている人は、

1.急ぎで、重要な仕事。
2.重要性は低いが、急ぎの仕事。
に追われる人です。

○『急ぎでない重要な仕事』に取り組むことが出来ていません。
だから急ぎの仕事に追われます。また、急ぎの仕事を終えると、
次の仕事に取り組みません。先を見越すことが出来ていません。
ただ、納期を守り、日々の仕事への支障が出にくく、多忙であ
るために、仕事ができているとの錯覚を抱いてしまいます。本
人が自分の力不足に気付きません。これも大きな問題です。

■粛々と腰を据えて仕事を進める人は、

1.急ぎで、重要な仕事。
2.重要性は低いが、急ぎの仕事。
3.急ぎでない重要な仕事。
1と2をさっさと片付けて、3に取り組み続ける人です。

○『急ぎでない重要な仕事』に継続して取り組んでいるので、
1や2に費やす時間が極端に少なくなります。本当に重要な仕
事に充てる時間を確保できます。

■本当に重要な仕事には、(外部から決められる)納期はあり
 ません。

○本当に重要な仕事とは、自社や自分の近未来・未来を決める
 ための仕事です。外部から与えられる納期はありません。仕
 事の本質はここにあります。
○営業の仕事で例えるなら、
・納期の迫った提案書を作る仕事は、急ぎで重要な仕事です。
・一方、受注するための大局的な攻め方を考える仕事は、『急
 ぎでない重要な仕事』です。
○資金繰りの仕事はこれの典型です。
・目先の資金繰りは、急ぎで重要な仕事です。
・一方、『お金の心配をしないための財務戦略を継続して打つ』、
 これは『急ぎでない重要な仕事』です。
後者がしっかりできていなければ、前者の様な急ぎ仕事がたく
さん生まれます。後者をしっかり済ませておけば、急ぎの仕事
はほとんど生まれません。

●これらの本当に重要な仕事こそが社長の仕事です。

急ぎの仕事ばかりに追われていては、いつまでも仕事の主導権
を取ることはできません。忙しいからこそ、『急ぎでない重要
な仕事』の時間を確保して、近未来の忙しさから抜け出す種を
まきましょう。
今日一日の、先週一週間の仕事の内訳を検証してください。

この記事を書いたプロ

石田雄二税理士事務所 [ホームページ]

税理士 石田雄二

広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL:082-264-9024

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
石田雄二プロ

中小企業の財務機能を強化し、経営をサポート(1/3)

 「会社の設立を考えている方のお力になります。ぜひ、ご相談下さい」と、真摯なまなざしで熱く訴えかける石田雄二さん。会社設立と銀行融資に特化した税理士事務所の代表で、税務書類の作成などの一般的な税理士業務に加え、中小企業の経営コーチの役割も担...

石田雄二プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

起業家向け経営トレーニング、銀行融資サポート

会社名 : 石田雄二税理士事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL : 082-264-9024

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-264-9024

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
中小企業と持たざる経営

「持たざる経営」が称賛された時期があります。今でも、生産設備を自社で保有せず、好調な業績を上げているファ...

[ 経営 ]

一般社団法人という選択

一般社団法人は、登記のみで設立することができます(一般社団法22)。社員が最低二人以上で設立が可能であり...

[ 会社設立 ]

『★はじめての助成金申請におすすめ★少人数開催!助成金セミナー』
イメージ

●セミナー概要●助成金について、初心者でもわかりやすくお伝えするセミナーです①知らなきゃ損する「助成...

[ 銀行融資・補助金 ]

『小規模事業者持続化補助金について』

「小規模事業者持続化補助金」の公募が始まりました。締切は平成29年1月27日です。約2万件の事業者の補...

[ 銀行融資・補助金 ]

『金融行政の動向について』

日本の金融機関は、長らく「金融庁マニュアル」に縛られてきました。金融庁マニュアルの本来の目的は、金融機関...

[ 銀行融資・補助金 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ