コラム

 公開日: 2016-04-13 

『財務面から見たビジネスモデルの検証』

財務のご相談に来られるお客様の大多数は、新しいビジネスプ
ランに取り組むための資金調達を望んでおられます。これまで
多くの新規ビジネスに財務面で関わらせていただきましたが、
1年程度で一気に年商数億円の規模にスケールアップする事業
もあれば、中々立ち上がらない事業もあります。これらの違い
を財務面から検証してみます。

比較的スケールアップの早い事業は、「キャッシュの回りが良
い」、もしくは「利益率が高い」という共通点があります。

創業初年度で3億円の売上高を計上した企業の取引条件は、売
上金が末締め翌月末回収、外注費の支払いが20日締め翌々月
5日となっています。支払日を入金日の5日後に設定すること
で、支払いを気にすることなく売上を伸ばすことができます。
在庫も持たないビジネスですので、資金が在庫に寝ることもあ
りません。

また、新規事業としてネット販売に取り組み、初年度で1億円
の売上高を計上した企業の場合は、まず、現金で仕入を行い、
仕入れた商品を平均1か月弱で販売し、販売後1か月弱で代金
を回収するという流れです。仕入から代金の回収まで、約2か
月弱の期間を要しますが、粗利益率が80%と高いため、仕入
から回収までの1サイクル毎に、(再投資)に回せる資金がど
んどん膨らみます。

逆に立ち上がりの遅いビジネスの特徴は、受注から納品までの
仕掛かり時間が長い、仕入から代金回収までの期間が長い、利
益率が低い、といった点が挙げられます。いくら営業力があっ
ても、資金がボトルネックとなって、スケールアップの速度が
遅くなります。

新規事業はリスクが高いため、金融機関の融資姿勢は消極的で
す。多くの融資は望めませんので、調達できる金額の範囲内で
事業を軌道に乗せることが極めて重要になります。

創業を含め、これから新規事業に取り組まれる方にとって、そ
のビジネスが軌道に乗るまでに、一体どれぐらいの資金が必要
になるかを、正確に見極めることが重要です。その事業は、
(銀行借入を含む)自身の資金力で軌道に乗せられるものかど
うかを、慎重に検討しましょう。

新規事業が上手く行かない要因として、営業力の不足がよく挙
げられますが、「思った以上に資金が必要なビジネスだった・
・・」という資金の見込み違いが案外多いように思います。

この記事を書いたプロ

石田雄二税理士事務所 [ホームページ]

税理士 石田雄二

広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL:082-264-9024

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
石田雄二プロ

中小企業の財務機能を強化し、経営をサポート(1/3)

 「会社の設立を考えている方のお力になります。ぜひ、ご相談下さい」と、真摯なまなざしで熱く訴えかける石田雄二さん。会社設立と銀行融資に特化した税理士事務所の代表で、税務書類の作成などの一般的な税理士業務に加え、中小企業の経営コーチの役割も担...

石田雄二プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

起業家向け経営トレーニング、銀行融資サポート

会社名 : 石田雄二税理士事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL : 082-264-9024

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-264-9024

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
中小企業と持たざる経営

「持たざる経営」が称賛された時期があります。今でも、生産設備を自社で保有せず、好調な業績を上げているファ...

[ 経営 ]

一般社団法人という選択

一般社団法人は、登記のみで設立することができます(一般社団法22)。社員が最低二人以上で設立が可能であり...

[ 会社設立 ]

『★はじめての助成金申請におすすめ★少人数開催!助成金セミナー』
イメージ

●セミナー概要●助成金について、初心者でもわかりやすくお伝えするセミナーです①知らなきゃ損する「助成...

[ 銀行融資・補助金 ]

『小規模事業者持続化補助金について』

「小規模事業者持続化補助金」の公募が始まりました。締切は平成29年1月27日です。約2万件の事業者の補...

[ 銀行融資・補助金 ]

『金融行政の動向について』

日本の金融機関は、長らく「金融庁マニュアル」に縛られてきました。金融庁マニュアルの本来の目的は、金融機関...

[ 銀行融資・補助金 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ