コラム

2016-03-16

『創業計画(事業計画)はなぜ必要か?』

■創業時には、適切と考える固定費を算出して、その固定費を
稼ぐための損益分岐点売上高を見つけてください。粗利益率も
想定してください。

・適切と考える固定費
・想定した粗利益率
・必要な損益分岐点売上高

まずは、固定費を無駄に膨らませない、粗利益率を安易に落と
さないで、必要な売上高を確保することに集中しましょう。
そして、この損益分岐点売上高を確保できるまでの赤字期間を
しのげるだけの資金調達を継続して行いましょう。さらに、こ
の期間の資金繰り計画を立てて管理してください。

■ここからが本題ですが…

○短期間で破たんする創業者の特徴は、
・上記の計画を持っていない
・上記の計画を立案すると、整合性がそもそも取れていない
 (計画がないから気付かないが、上手く行っても破たんして
  いた。)
・損益分岐点売上高を安易に達成できると思い込む
・適切と考える固定費が高すぎるために、損益分岐点売上高が
 実力に対して高すぎる

創業融資の計画等で、金融機関が確認したいのは、上記の事柄
です。

○従って、創業融資の計画書では、以下の事を織り込みます。
・損益分岐点売上高の実現可能性の確認(実現できる蓋然性が
 高いこと)
・計画上の整合性の確認
・計画が遅れた時の備え(資金余力)

創業計画は、利益計画よりも、資金繰り計画を立案すべきです。

■ここからがさらに本題ですが…

○そもそも計画通りに事業が立ち上がるのか?
・もちろん計画次第ですが、計画通りに進まないのが事業です。
 計画通りに立ち上がらないことを想定内として事業を開始す
 べきです。
・計画通りに立ち上がらないことへの備えは、資金的な余力を
 持つことしかありません。
・もちろん、永遠に立ち上がらない事業なら早めに手仕舞いす
 べきですが、事業に自信があれば粘るべきです。そのために
 は資金が必要です。

○過度に保守的になって、必要な投資や経費を掛けられない創
業者も事業を立ち上げられません。
・事業に応じた投資や経費は投入しないと事業としての体を成
 しません。これができないために立ち上がらない事業もあり
 ます。
○計画は計画、適時見直しも必要です。
・やってみないとわからない、これも事業の本質です。
・当初の計画にとらわれ過ぎず、適時修正を加える判断も重要
 です。

■いよいよ本題ですが…

「現実的には、ある程度先を考えておきながら適時対応してい
 くことになるだろう」

「実現された戦略は最初から明確に意図したものではなく、行
 動の一つひとつが集積され、その都度学習する過程で戦略の
 一貫性やパターンが形成される」

〔『戦略サファリ』(ヘンリー・ミンツバーグ氏著・齋藤嘉則
訳)より引用〕
※ヘンリー・ミンツバーグ氏は、カナダのマギル大学経営大学
院のクレゴーン記念教授、およびINSEADの組織理論学の
教授。古典的な経営理論を批判する異色の経営学者、欧米では
ピーター・ドラッカーと並び称される経営学の大家です。

計画がなければ始められません。進むべき大体の方向、道しる
べが必要です。また、どれぐらいのペースで進めば、主に資金
が足りるのか、一つの基準としても計画は有効です。
一方、近未来を完全に予見できる程の知見を持ち合わせている
人は稀有です。また、日々の経験と成長は、新しい気付きをも
たらします。当初計画へ固持し過ぎると、新しい気付きを反映
できなくなります。
計画の必要性を認識しながらも、当初の計画にとらわれ過ぎな
い経営が必要です。
ヘンリー・ミンツバーグ教授のメッセージを、再度ご確認くだ
さい。

「現実的には、ある程度先を考えておきながら適時対応してい
 くことになるだろう」
「実現された戦略は最初から明確に意図したものではなく、行
 動の一つひとつが集積され、その都度学習する過程で戦略の
 一貫性やパターンが形成される」

この記事を書いたプロ

石田雄二税理士事務所 [ホームページ]

税理士 石田雄二

広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL:082-264-9024

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
石田雄二プロ

中小企業の財務機能を強化し、経営をサポート(1/3)

 「会社の設立を考えている方のお力になります。ぜひ、ご相談下さい」と、真摯なまなざしで熱く訴えかける石田雄二さん。会社設立と銀行融資に特化した税理士事務所の代表で、税務書類の作成などの一般的な税理士業務に加え、中小企業の経営コーチの役割も担...

石田雄二プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

起業家向け経営トレーニング、銀行融資サポート

会社名 : 石田雄二税理士事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL : 082-264-9024

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-264-9024

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
中小企業と持たざる経営

「持たざる経営」が称賛された時期があります。今でも、生産設備を自社で保有せず、好調な業績を上げているファ...

[ 経営 ]

一般社団法人という選択

一般社団法人は、登記のみで設立することができます(一般社団法22)。社員が最低二人以上で設立が可能であり...

[ 会社設立 ]

『新規事業の数値計画を作成するコツ』

先日、あるお客様の新規事業計画書の作成をお手伝いしました。ある商品を仕入れてインターネットで販売する事業...

[ 銀行融資・補助金 ]

『業務改善助成金の拡充について』

業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者が生産性向上のための設備投資等を行い、事業場内で最も低い賃金を一...

[ 銀行融資・補助金 ]

『営業利益率+5%を目指しませんか?』

■年商約5億円、営業利益約1,000万円(減価償却費約1,500万円)の飲食業を経営しておられる社長様から...

[ 経営 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ