コラム

2016-03-09

『金融機関対応・資金調達Q&A』(その5)

Q 9:融資依頼を行ったら銀行の担当者に
    「役員報酬が少ない。」と言われた。
    役員報酬が少ないと借入れが受けられないのか?
Q10:「雨が降ってきたから傘(お金)は貸さない、
    晴れている時は傘(お金)を貸すと言う」
    銀行とはどんなところだ?

税務に付加して、金融機関対応と財務に対する強みを有するこ
とを宣言する当事務所には、様々な相談が寄せられます。前回
に続いて、一部をご紹介させていただきます。

Q9:
『融資依頼を行ったら銀行の担当者に「役員報酬が少ない。」
と言われた。役員報酬が少ないと借入れが受けられないのか?』
(相談者様)

A9:
融資依頼をするために決算書を提示した時に、出入りの銀行の
担当者が「役員報酬が少ないですね。」と言ったそうです。併
せて、新規の融資に難色を示されたので、相談者様は役員報酬
が少ないと借入れが受けられないのか?との疑問を持たれたよ
うです。

○金融機関が新規の融資を検討する時には、まず現状の財務の
 健全性を確認します。
・簡易キャッシュフロー(税引き後利益+減価償却費)を確認
 します。
・この簡易キャッシュフローの要素となる税引き後利益を確認
 するために、販売管理費も確認します。
・この時、役員報酬が過少であれば、本来はもっと役員報酬が
 必要となるため、税引き後利益が少なくなるのではないか?
 と考えたと推測できます。
・金融機関が考える役員報酬額に置き換えた時、簡易キャッシ
 ュフローが極小であったため、新規融資に難色を示されたよ
 うです。

○役員報酬の多い・少ないではなく、実態の税引き後利益がポ
 イントです。
※融資審査時の財務診断は他にもあります。簡易キャッシュフ
 ローの診断はほんの一部です。

◎当事務所にて、診断を行った結果、奥様の所得が給与に計上
されており、社長様の役員報酬は過少であっても、世帯所得は
常識の範囲内である、役員報酬額の是正(税引き後利益の減額
補正)は必要ない旨を、銀行担当者に説明することで、理解を
得ました。誤解を解きました。
金融機関との折衝は、当事務所が行いました。必要な金額の新
規融資を調達できました。

Q10:
「雨が降ってきたから傘(お金)は貸さない、晴れている時は
傘(お金)を貸すと言う」銀行とはどんなところだ?

A10:
6か月前に融資を受けませんかとの提案をいただいたそうです。
その時は断ったが、その後、主要な取引先との取引がなくなっ
て、業績が悪化して赤字に転落しています。(試算表ベースで
大赤字です。)同じ銀行に融資依頼を行うも、「融資できない
(銀行担当者)」との回答だったそうです。

○金融機関は総じて、「雨が降っている時には傘を貸しません。
晴れたら傘を貸しに来ます。」金融機関にあるのはすべて「日
傘」ですから当然です。金融機関にある傘はすべて「日傘」で
あって「雨傘」ではないことを理解してください。金融機関対
応はこの趨勢を理解して行わないと本事案の様な間違えを起こ
します。
※「雨傘」は、国策としての制度融資や制度保証として時々貸
 し出される例外です。

◎当事務所にて財務診断を行いましたが、足元の業績の悪化が
顕著で、新規借り入れの返済原資となるキャッシュフローの見
込みが立ちません。新規の借入れは無理です。
・経営改善計画書を作成して既存借入れのリスケジュール(返
 済金額0円)を即座に実行しました。
・資金繰りシミュレーションを継続的に行いながら、資金ショ
 ートの回避と収支バランスの改善に、財務部長として継続し
 てご支援させていただいています。
 当事務所のサービス「資金繰り円滑化サービス(財務部長の
 代行業務)」を導入いただいています。社長様の経営改善を
 資金繰り・財務面で継続的にサポートできています。
 収支改善の目途が付けばいち早く、資金調達にもチャレンジ
 します。(この時は、リスケジュールを同時に解消します。)
※本事案においても、6か月前に提案された融資を受けておれば、
 経営改善のための手持ち資金に余裕が持てたはずです。
 本事例については、是非記憶に留めてください。

この記事を書いたプロ

石田雄二税理士事務所 [ホームページ]

税理士 石田雄二

広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL:082-264-9024

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
石田雄二プロ

中小企業の財務機能を強化し、経営をサポート(1/3)

 「会社の設立を考えている方のお力になります。ぜひ、ご相談下さい」と、真摯なまなざしで熱く訴えかける石田雄二さん。会社設立と銀行融資に特化した税理士事務所の代表で、税務書類の作成などの一般的な税理士業務に加え、中小企業の経営コーチの役割も担...

石田雄二プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

起業家向け経営トレーニング、銀行融資サポート

会社名 : 石田雄二税理士事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL : 082-264-9024

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-264-9024

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
中小企業と持たざる経営

「持たざる経営」が称賛された時期があります。今でも、生産設備を自社で保有せず、好調な業績を上げているファ...

[ 経営 ]

一般社団法人という選択

一般社団法人は、登記のみで設立することができます(一般社団法22)。社員が最低二人以上で設立が可能であり...

[ 会社設立 ]

『新規事業の数値計画を作成するコツ』

先日、あるお客様の新規事業計画書の作成をお手伝いしました。ある商品を仕入れてインターネットで販売する事業...

[ 銀行融資・補助金 ]

『業務改善助成金の拡充について』

業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者が生産性向上のための設備投資等を行い、事業場内で最も低い賃金を一...

[ 銀行融資・補助金 ]

『営業利益率+5%を目指しませんか?』

■年商約5億円、営業利益約1,000万円(減価償却費約1,500万円)の飲食業を経営しておられる社長様から...

[ 経営 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ