コラム

2016-03-02

『金利の引き下げについて』

先日、「現在リスケジュール中だが、金利の支払いが厳しいた
め、金利を引き下げたい。良い方法はないか?」とのご相談が
ありました。業績の良し悪しに関係なく、誰もが金利を引き下
げる方法について興味があるのではないでしょうか。

金利決定のメカニズムは単純です。ある企業に対して、貸した
いと思う銀行が多ければ金利競争が発生して金利は低くなりま
す。反対に貸したいと思う銀行が少なければ金利競争は発生し
ませんので金利は高止まりします。

また、銀行は融資先を財務内容によってランク付をしており、
ランク毎に目安となる金利を設定しています。財務内容が良い
企業は金利が安く、財務内容が悪い企業は金利が高くなるよう、
銀行内のルールで事前に金利が決められていることを考えると、
金利交渉の余地はあまりないことが分かります。

弊所が財務部長を代行している企業様の例ですが、2.5%の
金利で7,000万円の手形割引を行っている銀行が、自ら、
手形割引の代わりに使って欲しいといって、1%弱の金利で長
期融資を提案してきたことがあります。金額にして年間100
万円以上の金利減です。

このようなことが起きる背景は、第一に業績が良くなったこと、
それから複数行と融資取引を開始したことが挙げられます。ま
ずは、業績が良くなければ、そもそも銀行は魅力を感じてくれ
ません。次にライバルとなる銀行の存在です。1行取引では競
争原理が働きませんので、複数行と融資取引を行い、お互いが
切磋琢磨してもらえる環境を作り出すことで、こちらが働きか
けることなく、先方が進んで低い金利を提示してくれるように
なります。

では、現在リスケジュール中の企業が金利を引き下げることは
可能でしょうか。お分かりのとおりほぼ不可能です。リスケジ
ュールを受け入れている銀行は、これ以上融資をしたいと考え
てはいません。むしろ、早く融資を回収したいと考えています。
金利を下げる動機、必然性がありませんので、基本的には難し
いと考えるのが自然です。

金利は財務内容に連動すると説明しましたが、「業績が悪化し
た際に利用するセーフティネットは金利が低いではないか。」
と考えた方もいらっしゃると思います。同じ銀行が提案に来る
ため紛らわしいのですが、セーフティネットは国の政策であり、
民間金融機関が営利目的で行っている融資とは根本が違います。
営利企業である民間金融機関が、救済目的で低い金利を提案す
ることは、預金者や株主の手前、許されません。

金利はあくまでも貸し手の条件です。貸し手の間で競争が起き
なければ金利は下がりませんので、まずは貸し手にとって魅力
のある財務内容を目指しましょう。金融機関が評価する財務の
ポイントについて、個別でご相談をお受けしております。もち
ろん無料ですので、お気軽にお問合せください。

この記事を書いたプロ

石田雄二税理士事務所 [ホームページ]

税理士 石田雄二

広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL:082-264-9024

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
石田雄二プロ

中小企業の財務機能を強化し、経営をサポート(1/3)

 「会社の設立を考えている方のお力になります。ぜひ、ご相談下さい」と、真摯なまなざしで熱く訴えかける石田雄二さん。会社設立と銀行融資に特化した税理士事務所の代表で、税務書類の作成などの一般的な税理士業務に加え、中小企業の経営コーチの役割も担...

石田雄二プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

起業家向け経営トレーニング、銀行融資サポート

会社名 : 石田雄二税理士事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL : 082-264-9024

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-264-9024

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
中小企業と持たざる経営

「持たざる経営」が称賛された時期があります。今でも、生産設備を自社で保有せず、好調な業績を上げているファ...

[ 経営 ]

一般社団法人という選択

一般社団法人は、登記のみで設立することができます(一般社団法22)。社員が最低二人以上で設立が可能であり...

[ 会社設立 ]

『新規事業の数値計画を作成するコツ』

先日、あるお客様の新規事業計画書の作成をお手伝いしました。ある商品を仕入れてインターネットで販売する事業...

[ 銀行融資・補助金 ]

『業務改善助成金の拡充について』

業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者が生産性向上のための設備投資等を行い、事業場内で最も低い賃金を一...

[ 銀行融資・補助金 ]

『営業利益率+5%を目指しませんか?』

■年商約5億円、営業利益約1,000万円(減価償却費約1,500万円)の飲食業を経営しておられる社長様から...

[ 経営 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ