コラム

2016-01-27

『プロパー融資の対応は銀行によって千差万別です。』

弊所にて運転資金の調達をご支援したA社の事例です。目標調
達額は2,000万円で、4行の銀行に融資を申し込み、2行
はNGとなりましたが、1行はプロパー融資で1,000万円、
もう1行もプロパー融資で2,000万円を決定し、合計で
3,000万円の調達を行いました。

民間の金融機関に融資を申し込むと、大きく分けて2種類の融
資を提案されます。「信用保証協会の保証付き融資」と「プロ
パー融資」です。信用保証協会の保証付き融資は、一義的な審
査は信用保証協会が行いますので、どの金融機関から申し込ん
でも、可否の結論は概ね同じです。しかし、各金融機関独自の
審査基準で行っているプロパー融資は、A社の事例のように、
結果に大きなばらつきが出ます。

A社の評価が分かれたのは、「利益ベースでは黒字」だが「資
金ベースでは赤字」だった点です。「資金ベースで赤字」とは、
経常収入より経常支出の方が大きいことを意味します。具体的
には、「経常収支比率」が100%を切っている場合や、「キャ
ッシュフロー計算書」の営業キャッシュフローがマイナスの場
合です。

黒字なのに資金赤字になる要因はいくつかあります。売掛金の
回収サイトが長い等、不利な取引条件で営業活動を行っている
場合、利益は黒字でも資金赤字になるケースがあります。また、
売掛金や在庫を水増しして黒字決算を装った場合も、資金ベー
スは赤字になります。

A社は資金調達に苦労していたようですが、この粉飾の疑念が
要因のひとつと考えられます。よって、売掛金や在庫のエビデ
ンスを用意し、まず、各銀行に粉飾ではないことを理解してい
ただきました。ここがスタートラインです。

その結果、2行は説明に納得して融資を決定しましたが、残り
の2行は、「粉飾でないことは理解したが、資金赤字であるこ
とに変わりはない。黒字倒産の懸念もあるため、今回の融資は
見送りたい。」との回答でした。

社長は結果には満足しておられましたが、「同じ条件なのに銀
行によって答えが違うことが不思議だ。」とおっしゃいました。
銀行によって、支店によって、支店長によって、担当者によっ
て、また、その時の銀行の営業状況によって、プロパー融資の
対応は違ってきます。

まずは、融資可能なシナリオを構築することが先決ですが、ボ
ーダーラインのプロパー融資の相談は、複数行にあたることを
おすすめします。

この記事を書いたプロ

石田雄二税理士事務所 [ホームページ]

税理士 石田雄二

広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL:082-264-9024

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
石田雄二プロ

中小企業の財務機能を強化し、経営をサポート(1/3)

 「会社の設立を考えている方のお力になります。ぜひ、ご相談下さい」と、真摯なまなざしで熱く訴えかける石田雄二さん。会社設立と銀行融資に特化した税理士事務所の代表で、税務書類の作成などの一般的な税理士業務に加え、中小企業の経営コーチの役割も担...

石田雄二プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

起業家向け経営トレーニング、銀行融資サポート

会社名 : 石田雄二税理士事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL : 082-264-9024

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-264-9024

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
中小企業と持たざる経営

「持たざる経営」が称賛された時期があります。今でも、生産設備を自社で保有せず、好調な業績を上げているファ...

[ 経営 ]

一般社団法人という選択

一般社団法人は、登記のみで設立することができます(一般社団法22)。社員が最低二人以上で設立が可能であり...

[ 会社設立 ]

『小規模事業者持続化補助金の公募予定について』

「小規模事業者持続化補助金」の公募が予定されています。平成28年度第2次補正予算の成立が前提ですが、早け...

[ 銀行融資・補助金 ]

『資金繰表による経営管理のすすめ』

毎月の経営状況を正確に把握できる資料は「試算表」です。多くの経営者様が試算表を見て、「売上が上がっている...

[ 銀行融資・補助金 ]

『低粗利益率のビジネスは、小資本企業には不向きです。』

■粗利益率の低いビジネス、高いビジネスは…○最も粗利益率の低いビジネスは金融業です。※金利を粗利益率と並...

[ 経営 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ