コラム

2016-01-27

『過去の判断の結集が今日の経営の実態です。』 (京セラ名誉会長・稲盛和

■「過去の判断の結集が今日の経営の実態です。」
              (京セラ名誉会長・稲盛和夫氏)

過去の判断が総じて正しければ、今日はうまく行っているはず
です。逆に、過去の判断に間違えが多ければ、今日の経営はう
まく行っていないはずです。
未来に向かっての判断の結集が、未来の経営の良し悪しを決め
ます。未来に向かっての判断の精度を高めて行かねばなりませ
ん。

経営者(人)は、毎日多くの判断を下しています。
(一週間に136との統計値もあります。出所が定かではあり
ませんので参考程度に考えてください。)
経営者の一番の仕事は判断することです。

■判断の精度を向上させるための留意点について考えてみまし
 ょう。

◆その1:判断の対象を絞ること。

日々多くの判断を迫られる中で、判断の精度を高いレベルに維
持するためには、判断すべき対象の絞り込みが必要です。この
時に参考になるのが、パレートの法則です。大切な20%の事
案に集中してエネルギーを注ぐこと、つまらない事案に多くの
時間を費やさない、との戒めになります。
人はその重要性よりも、感情や感覚を優先してしまいがちです。
嫌なことから逃げ、好きなことに関わる…注意が必要ですね。
重要性の原則に沿って、判断材料を選別してください。

○「パレートの法則=20対80の法則」とは…
『判断の20%が80%の結果を生み出している。』とする法
則です。(イタリアの経済学者、ヴィルフレド・パレート)

◆その2:感情ではなく理性を基準に判断を下すこと。

経営者(人)は、何を基準に判断しているのでしょうか?
稲盛和夫氏(京セラ名誉会長)は、以下の基準を挙げておられ
ます。
・一番程度の低い判断基準は『感情』。
・次の基準は『感覚』。
・その上の基準は『理性』。
と述べられた上で、『理性』は(本当は)判断基準にならない
と、くぎを刺されておられます。『理性』は判断材料を提示す
るものであって、判断基準は他にあると…。
稲盛和夫氏は、最上級の判断基準を『魂』とおっしゃっておら
れます。多分、『集約された知見』のことだと、解釈できます。
『理性で整理された判断材料を基に、知見で判断する』…こう
解釈できます。

人は、感情に支配された判断や行動を時に選択します。激情的
な感情が心を支配して、とんでもない判断や行動を起こしてし
まいます。また、些細な感情のしこりに惑わされた判断を下す
こともあります。
感情に支配された状況での判断は、総じて間違えが多くなりま
す。少なくとも、理性に支配された状況で判断を下すことが必
要です。
体調が悪い時、機嫌が悪い時には判断しない、この決め事も有
効ではないでしょうか。

■整理します。

1.たくさんの判断すべき対象に対して、総花的に向かい合う
のではなく、重要事案に集中して対応しましょう。
『判断の20%が80%の結果を生み出している。』パレート
の法則を思い出してください。

2.『感情』を基準に判断しないように心がけましょう。
『理性で整理された判断材料を基にした知見』を基準に置きま
しょう。
体調が悪い時、機嫌が悪い時には判断しない、この決め事も有
効ではないでしょうか。

自社・自分の未来を決める「今行っている判断」の精度を、意
識して向上させましょう。特に、判断に感情を出来るだけ持ち
込まないこと、重要な判断は体調と心を整えてから行うこと、
この二点はコツとしてご理解ください。

この記事を書いたプロ

石田雄二税理士事務所 [ホームページ]

税理士 石田雄二

広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL:082-264-9024

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
石田雄二プロ

中小企業の財務機能を強化し、経営をサポート(1/3)

 「会社の設立を考えている方のお力になります。ぜひ、ご相談下さい」と、真摯なまなざしで熱く訴えかける石田雄二さん。会社設立と銀行融資に特化した税理士事務所の代表で、税務書類の作成などの一般的な税理士業務に加え、中小企業の経営コーチの役割も担...

石田雄二プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

起業家向け経営トレーニング、銀行融資サポート

会社名 : 石田雄二税理士事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL : 082-264-9024

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-264-9024

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
中小企業と持たざる経営

「持たざる経営」が称賛された時期があります。今でも、生産設備を自社で保有せず、好調な業績を上げているファ...

[ 経営 ]

一般社団法人という選択

一般社団法人は、登記のみで設立することができます(一般社団法22)。社員が最低二人以上で設立が可能であり...

[ 会社設立 ]

『新規事業の数値計画を作成するコツ』

先日、あるお客様の新規事業計画書の作成をお手伝いしました。ある商品を仕入れてインターネットで販売する事業...

[ 銀行融資・補助金 ]

『業務改善助成金の拡充について』

業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者が生産性向上のための設備投資等を行い、事業場内で最も低い賃金を一...

[ 銀行融資・補助金 ]

『営業利益率+5%を目指しませんか?』

■年商約5億円、営業利益約1,000万円(減価償却費約1,500万円)の飲食業を経営しておられる社長様から...

[ 経営 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ