コラム

 公開日: 2016-01-20 

『リスケジュールと経営改善計画書作成のポイント!』

●経営改善計画とは、5年以内に債務償還年数が10年以内、
 かつ、資本正(債務超過でない)を達成する計画です。
●リスケジュールは、一定以上の手持ち資金がある状況で行い、
 かつ、リスケジュール中の返済金額は極小に設定することを
 お勧めします。
●リスケジュール中の金融機関対応は、特に丁寧に行ってくだ
 さい。

■リスケジュールとは…

金融機関への返済を一定期間猶予してもらうことで、経営の改
善・安定化を図る施策、これも財務戦略の一つです。リスケジ
ュール、リスケと呼びます。
リスケジュールとは、予定を変更することです。その大半は、
予定を延ばすこと、金融の分野では債務の返済計画を変更して、
返済を繰り延べることを意味します。すべての金融機関の同意
と、衡平(※)な割合での繰り延べが必要です。
※衡平性の原則…返済猶予を受ける時は、すべての金融機関に
 対して原則同じ条件で依頼しなければなりません。A行には
 返済しながら、B行には返済しない、これは衡平性の原則に
 反します。

■リスケジュールを受けられる条件は…

一定期間返済猶予を受けることで、その会社・個人事業者様の
経営が健全化することが条件になります。返済猶予を行っても、
経営が改善する見込みがない時は、金融機関は返済猶予を受け
付けません。
・「経営がうまく行っていません。返済する資金がありません。
 経営が改善する見込みも立ちません。」
 …このケースは、リスケジュールを受け付けてくれません。
・「短期的に資金繰りが厳しい状況です。中期的にこのように
 経営は改善していきます。一時的に返済を猶予いただきたい。
 経営改善の計画は、経営改善計画書で提示します。」
 …リスケジュールが認められるのは、このようなケースです。

■経営改善計画書作成及びその後の対応のポイントは…

金融機関の同意を得るために必要な計画書を経営改善計画書と
呼びます。
※経営改善計画書は、金融機関に提出するためにも必要ですが、
 その本質は経営改善の道標です。

1.経営改善計画の期間は最長5年以内が目安です。

・金融機関目線の経営の健全化・健全な財務とは、債務償還年
 数が10年以内、かつ、資本正(債務超過でない)であるこ
 とです。
・5年以内に、単年度の簡易キャッシュフロー(=減価償却費
 +税引き後利益)が、純債務の10分の1以上(債務償還年
 数10年以内)に到達しなければなりません。併せて、資本
 正の状態に仕上げる必要があります。
●過度に短期間で完了する経営改善計画書はお勧めできません。
 結果として、早期の完了は問題ありません。5か年計画をお
 勧めします。

2.リスケジュール中には、新たな金融支援は受けられません。

・金融機関からの新たな資金調達を行わずに、手持ち資金のみ
 で資金繰りを回し続ける計画が必要です。
・リスケジュールの依頼は、手持ち資金を持ち合わせた状況で
 行わないと、その後の資金繰り計画が立ちません。ある程度
 の手持ち資金を残した状況で行います。
・同様に、リスケジュール中は、極力返済金額を極小(可能で
 あれば0円)に設定します。
 手持ち資金のみで経営改善を完遂するためには、一定の資金
 が必要です。
●リスケジュールは、一定以上の手持ち資金がある状況で行い、
 かつ、リスケジュール中の返済金額は極小に設定することを
 お勧めします。

3.リスケジュール計画は、原則毎年1回更新されます。2年
  以上のリスケジュールを金融機関が受け付けるケースは稀
  です。

・5か年計画に沿って、その進捗を適時金融機関に報告しなが
 ら経営改善を進めます。
・計画に変更があれば適時計画を見直します。
・金融機関は、経営改善計画に沿って、リスケジュールを受け
 付けた会社様を、継続的にモニタリングする必要があります。
 継続的に経営状況がわかる資料の提出が必要です。
※モニタリング頻度は、状況によって変わりますが、毎月また
 は3ヶ月毎が一般的です。
●リスケジュール中の金融機関対応は、特に丁寧に行ってくだ
 さい。

金融機関への返済で資金繰りが悪化している局面において、足
元の経営状況を鑑みて新規の借入れが出来ない状況が続きそう
な時は、リスケジュールの検討が必要です。この時は、経営改
善計画書の立案・提出が必須です。

銀行融資プランナー協会の正会員事務所である当事務所は、財
務戦略の一環として、時に最善なリスケジュール戦略のご提案
と経営改善計画書の作成、その後の継続的な金融機関対応を行
います。
まずは、早めにご相談ください。

この記事を書いたプロ

石田雄二税理士事務所 [ホームページ]

税理士 石田雄二

広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL:082-264-9024

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
石田雄二プロ

中小企業の財務機能を強化し、経営をサポート(1/3)

 「会社の設立を考えている方のお力になります。ぜひ、ご相談下さい」と、真摯なまなざしで熱く訴えかける石田雄二さん。会社設立と銀行融資に特化した税理士事務所の代表で、税務書類の作成などの一般的な税理士業務に加え、中小企業の経営コーチの役割も担...

石田雄二プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

起業家向け経営トレーニング、銀行融資サポート

会社名 : 石田雄二税理士事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL : 082-264-9024

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-264-9024

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
中小企業と持たざる経営

「持たざる経営」が称賛された時期があります。今でも、生産設備を自社で保有せず、好調な業績を上げているファ...

[ 経営 ]

一般社団法人という選択

一般社団法人は、登記のみで設立することができます(一般社団法22)。社員が最低二人以上で設立が可能であり...

[ 会社設立 ]

『★はじめての助成金申請におすすめ★少人数開催!助成金セミナー』
イメージ

●セミナー概要●助成金について、初心者でもわかりやすくお伝えするセミナーです①知らなきゃ損する「助成...

[ 銀行融資・補助金 ]

『小規模事業者持続化補助金について』

「小規模事業者持続化補助金」の公募が始まりました。締切は平成29年1月27日です。約2万件の事業者の補...

[ 銀行融資・補助金 ]

『金融行政の動向について』

日本の金融機関は、長らく「金融庁マニュアル」に縛られてきました。金融庁マニュアルの本来の目的は、金融機関...

[ 銀行融資・補助金 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ