コラム

 公開日: 2015-10-06 

『高収益は事業立地で決まる』(三品和広教授)…そもそも、今掘っている場所にお宝は眠っているのか?

■中期経営計画や創業計画の作成等、将来の事業構想を練る場
 面において重要なことは、事業の領域を検証することです。

下品な例えですが、お宝の埋まっていない地面をいくら上手に
掘り進んでも、収穫はありません。
優秀な経営者のもとに、優秀な人材と多額の資金を投下しても、
石炭の採掘での事業化は難しいはずです。採掘を行うなら、シ
ェールガスか、メタンハイドレートの方が良いはずです。
事業の成功の可否は、そのマネージメントや狭義のテクニカル
なマーケティング力が主因ではないようです。事業領域の設定、
すべてはここから始まります。
事業領域をどう設定するか、これこそが、経営の最大のテーマ
です。

■「週刊東洋経済、2015年9月12日、特集経営学の教科
 書」(東洋経済新報社)に寄稿された、「高収益企業の創り方」
 (東洋経済新報社、三品和広氏〔神戸大学大学院・経営学研
 究科教授〕)の著者である、三品和広教授の記事を引用して
 紹介させていただきます。

『…(高収益企業の研究を通じて)成功例に共通している点は
一目瞭然だった。「事業立地」がよいということだ。仕事の仕
方の工夫や製品開発ではなく、そもそも「何屋さんをやるか」
の選び方が優れている。事業立地の考え方では、ある市場の中
でどこにポジションするかよりもむしろ、そもそもどの市場を
選ぶかが重要になってくる。…』

『…事業の根底には立地(誰に何を売るか)があり、その上に
構え(出荷するモノをいかに入手して顧客に届けるか)、製品
(いかに個別製品を魅力的に仕立てるか)、管理(いかに品質・
原価・納期を守るか)が重層構造を成している。…中期経営計
画などで立地や構えに手をつけることなく、製品の刷新や管理
の強化を打ち出している企業は数多くあるが、この次元で動き
だしたところで、高収益への転換に結び付いた事例はほとんど
ない。…』

『…では、どんな事業立地が好ましいのか。一つはアンアトラ
クティブな(魅力的でない)立地だ。競合がやりたがらないと、
それが最大の参入障壁になる。参入したい人が押し寄せている
状態を食い止めるのは、現実には非常に難しい。…また、提供
するモノやサービスによって、顧客が極めて大きな利得を手に
入れることも、事業立地を選ぶときの重要な条件だ。面白いこ
とに、「儲かるから参入しよう」という人より、「本当に困って
いるひとを何とか助けたい」という人のほうがうまくいく傾向
もある。…』

■『高収益は事業立地で決まる』(三品和広教授)
 自社にとっての事業立地は適正でしょうか?まずは、この検
 証から始めてみましょう。

○飲食店であるならば、メニューの改定や従業員の教育も重要
 ですが、その前に(例えば)業態の検証も必要ではないでし
 ょうか。
○製造業であるならば、主要な卸先のニーズに応えること(下
 請け)も重要ですが、(例えば)直販できる製品開発も検討
 すべきではないでしょうか。
○小売店であれば、(例えば)ネット販売のさらなる強化も必
 要ではないでしょうか。
○農業の六次産業化などは、事業立地見直しの代表例ではない
 でしょうか。

〔ウィキペディアより引用〕…農業、水産業は、産業分類では
第一次産業に分類され、農畜産物、水産物の生産を行うものと
されている。だが、六次産業は、農畜産物、水産物の生産だけ
でなく、食品加工(第二次産業)、流通、販売(第三次産業)
にも農業者が主体的かつ総合的に関わることによって、加工賃
や流通マージンなどの今まで第二次・第三次産業の事業者が得
ていた付加価値を、農業者自身が得ることによって農業を活性
化させようというものである。

■自社の事業立地を検証し続けることは、経営者にしかできな
 い極めて重要な仕事です。であるにも関わらず、案外おろそ
 かにされがちです。

○そもそも、今掘っている場所にお宝は眠っているのか?少し
 横を掘れば、多くのお宝が見つかる、こんなことはないのか?
○そもそも、スコップで穴を掘っているけど、もっと上手に掘
 れる道具はないのか?
○そもそも、掘り出そうとしているけど、掘らずに作る方法は
 ないのか?

『高収益は事業立地で決まる』、高収益企業研究の第一人者が
おっしゃっておられる言葉です。真摯に受け止めて、自社の企
業経営に生かしましょう。
自社の事業立地の検証を始めましょう。

この記事を書いたプロ

石田雄二税理士事務所 [ホームページ]

税理士 石田雄二

広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL:082-264-9024

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
石田雄二プロ

中小企業の財務機能を強化し、経営をサポート(1/3)

 「会社の設立を考えている方のお力になります。ぜひ、ご相談下さい」と、真摯なまなざしで熱く訴えかける石田雄二さん。会社設立と銀行融資に特化した税理士事務所の代表で、税務書類の作成などの一般的な税理士業務に加え、中小企業の経営コーチの役割も担...

石田雄二プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

起業家向け経営トレーニング、銀行融資サポート

会社名 : 石田雄二税理士事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL : 082-264-9024

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-264-9024

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
中小企業と持たざる経営

「持たざる経営」が称賛された時期があります。今でも、生産設備を自社で保有せず、好調な業績を上げているファ...

[ 経営 ]

一般社団法人という選択

一般社団法人は、登記のみで設立することができます(一般社団法22)。社員が最低二人以上で設立が可能であり...

[ 会社設立 ]

『★はじめての助成金申請におすすめ★少人数開催!助成金セミナー』
イメージ

●セミナー概要●助成金について、初心者でもわかりやすくお伝えするセミナーです①知らなきゃ損する「助成...

[ 銀行融資・補助金 ]

『小規模事業者持続化補助金について』

「小規模事業者持続化補助金」の公募が始まりました。締切は平成29年1月27日です。約2万件の事業者の補...

[ 銀行融資・補助金 ]

『金融行政の動向について』

日本の金融機関は、長らく「金融庁マニュアル」に縛られてきました。金融庁マニュアルの本来の目的は、金融機関...

[ 銀行融資・補助金 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ