コラム

2015-04-19

金利決定のメカニズム

…最適な金利で調達するためのスマートな方法とは。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

融資の金利について漠然とした疑念をお持ちの社長様も多いの
ではないでしょうか。金利の根拠がはっきりしないため、「本
当はもっと安い金利で借りられるのでは?」とか「他の企業よ
りも高い金利を払わされているのでは?」等の疑念が湧いてき
ます。金利決定のメカニズムは2通りあります。

1.制度によって決まっているケース。
 保証協会の制度融資や、日本政策金融公庫の融資の中には、
 あらかじめ金利が決められているものがあります。国債の金
 利など、市場の状況によって金利は変動しますが、同じ時期
 であれば誰が利用しても同一の金利です。

2.借り手の信用状況によって決まるケース。
 金融機関は、借り手の信用状況に応じて採算ラインとなる金
 利を決めています。採算ラインは、融資金の原資である預金
 の金利や市場金利の水準、及び貸倒引当金で決まります。貸
 倒引当金は、信用力の低い企業への貸出ほど、たくさん積ま
 なくてはなりませんので、信用力が下がるにつれて融資金利
 は高くなります。

制度で金利が決まっている場合は問題ありませんが、信用状況
によって金利が決まる場合、自社の信用状況よりも高い金利を
払っているのではないかという疑念が残ります。しかし、金融
機関は金利に対して概ね正直であると考えて問題ありません。
理由は金融機関も競争にさらされているためです。

金融機関が借り手を上手に説得して、信用状況よりも高い金利
で融資を行ったとしても、すぐに他行が低い金利で肩代わりを
提案してきます。肩代わりされては元も子もありませんので、
多少の幅はありますが、概ね適正金利で提案を行います。

概ね適正金利であることは分かりましたが、誰もが少しでも低
い金利で融資を受けたいと考えています。どうすれば最適な金
利で調達できるのでしょうか。

金融機関も営利企業ですので、取引採算を割ってまで取引をす
ることはありません。よって金融機関の取引採算を無視した過
度な金利交渉は逆効果です。最も良い方法は、取引金融機関を
数行に分けて健全な競争を促すことです。この場合、融資取引
だけでなく、預金取引、為替取引、外為取引なども金融機関に
とっては大きな魅力ですので、これらの取引も絡めて競争を促
します。但し、自社の信用状況が悪化している場合は競争原理
が働きません。逆に取引を解消するために金利の引き上げを迫
ってくる場合もありますので、そのような場合はしっかりと金
利の交渉を行いましょう。

○当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。

○金融機関対応に関するご相談は、当事務所にて承っております。
 お気軽にご相談ください。

この記事を書いたプロ

石田雄二税理士事務所 [ホームページ]

税理士 石田雄二

広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL:082-264-9024

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
石田雄二プロ

中小企業の財務機能を強化し、経営をサポート(1/3)

 「会社の設立を考えている方のお力になります。ぜひ、ご相談下さい」と、真摯なまなざしで熱く訴えかける石田雄二さん。会社設立と銀行融資に特化した税理士事務所の代表で、税務書類の作成などの一般的な税理士業務に加え、中小企業の経営コーチの役割も担...

石田雄二プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

起業家向け経営トレーニング、銀行融資サポート

会社名 : 石田雄二税理士事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL : 082-264-9024

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-264-9024

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
中小企業と持たざる経営

「持たざる経営」が称賛された時期があります。今でも、生産設備を自社で保有せず、好調な業績を上げているファ...

[ 経営 ]

一般社団法人という選択

一般社団法人は、登記のみで設立することができます(一般社団法22)。社員が最低二人以上で設立が可能であり...

[ 会社設立 ]

『小規模事業者持続化補助金の公募予定について』

「小規模事業者持続化補助金」の公募が予定されています。平成28年度第2次補正予算の成立が前提ですが、早け...

[ 銀行融資・補助金 ]

『資金繰表による経営管理のすすめ』

毎月の経営状況を正確に把握できる資料は「試算表」です。多くの経営者様が試算表を見て、「売上が上がっている...

[ 銀行融資・補助金 ]

『低粗利益率のビジネスは、小資本企業には不向きです。』

■粗利益率の低いビジネス、高いビジネスは…○最も粗利益率の低いビジネスは金融業です。※金利を粗利益率と並...

[ 経営 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ