コラム

2014-12-21

ベンチャーキャピタルからの投資を受けるための条件

ベンチャー企業向けの投資用のファンドがどんどん組成されて
います。ベンチャーキャピタルの投資が活発になってきました。
投資する際の企業価値評価も、ポジティブになってきました。

事業を積極的に仕掛けて、飛躍させたいと考えておられる社長
様は、エクイティーによる資金調達にも挑戦してください。

※銀行借り入れなどによる調達をデッドと呼びます。これは借
入れです。元金に金利を乗せて返済します。一方、エクイティ
ーとは、自社の株式を新たに発行、買い取ってもらうことで資
金を調達します。返済義務はありませんが、投資家は株主とし
て議決権を行使します。デッドとエクイティーの中間的な転換
社債や、議決権を抑えて、配当を優先する、または、近未来の
業績に応じて株価が変動する…様々な種類株もあります。会社
側と投資家の利害を調整する手法も進化してきました。

■エクイティー資金の投資を受けられる会社様の条件を整理し
ます。

◆1:事業性
○会社を成長させて事業を世に問う、近未来に株式公開を目指
すことが条件になります。一定以上の存在意義を有する事業性
が必要です。

◆2:経営者の考え方
○資本を他人から受けて、言いかえると、第三者を株主に迎い
入れて経営ができることが条件になります。経営が変わります。
この決意が必要です。

◆3:将来の収益性
○5年~7年以内に株式公開基準をクリアーできる事業性が必要
です。例外を除いて、5~7年以内に数億円程度の純利益を継続
的かつ、増益基調で計上できる収益性が必要になります。

◆4:足元の実績または、経営者の実績・経歴
○一定の事業実績が必要になります。
・5年後に売上高20億円、営業利益4億円を計画、実績は、前々
 期の売上高が1億円で営業利益が▲1,000万円、前期の売上高
 が2億円で営業利益が2,000万円、今期は半期で売上高が2億
 円、営業利益2,000万円、これならわかり易いですね。
・収益が伴っていなくても、例えば会員組織を作って将来利益
 を出す、この場合などでは、その会員数の推移が実績になり
 ます。確実に組織が構築されていて、将来的に利益を計上で
 きる合理性があればポジティブです。

○実績が少なければ、経営者の経歴と事業性を評価します。
すごい人が、その経験に沿ったすごいことをやる、これに近い
ほど投資評価はポジティブになります。業績の裏付けがなけれ
ば、経営者の経歴と事業性が重要になります。

ただ、事業実績無しの立ち上げ時に投資を受けるのは難解です。

■投資家へのアクションは…
投資家側も事業を探しています。投資に値する事業を見つける
のに躍起です。

◆1:説明資料を準備してください。
・経営者の経歴・経験、今の事業に至った経緯・理由
・事業の有望性と自社が取り組める理由
・中期計画概要、短期的な攻めどころと資金需要
 (何にお金が必要か?)
・足元の業績

◆2:投資家を探してください。
・ベンチャーキャピタルの所在を探すことは容易です。ホーム
 ページで検索すれば出てきます。直接電話をして話せば対応
 してくれます。投資家側も事業を探しています。
・ご縁があれば紹介を受けてください。
 ポイントは、エクイティーに縁深い一社・一人を見つけるこ
 とです。エクイティーの世界は、横のつながりが深く、一社・
 一人が多くの仲間を紹介してくれます。

■投資を受ける際には、よく理解してください。

◆1:投資家も納得する事業計画が必要です。

◆2:それに沿った資本政策が必要です。あわせて株価も決ま
ります。

これらは、投資家と協議をしながら決めることになります。注
意すべきは、名のあるベンチャーキャピタルは総じて紳士では
ありますが、それでも株価は安い方が良い、一方、会社側は株
価を高くしたい、この利害が存在します。
また、企業価値=純資産+将来利益、この将来利益に会計上の
正解は存在せず、売り手と買い手の目論見で決まります。
会社側も専門家の助言を受けた方がよいでしょう。

エクイティーに対する知見は、多岐にわたる複雑な内容です。
すべてを理解することは容易ではありませんが、要点だけでも
留め置きください。

※エクイティー資金の調達を検討したい会社様は、当事務所に
ご相談ください。

○当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。

この記事を書いたプロ

石田雄二税理士事務所 [ホームページ]

税理士 石田雄二

広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL:082-264-9024

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
石田雄二プロ

中小企業の財務機能を強化し、経営をサポート(1/3)

 「会社の設立を考えている方のお力になります。ぜひ、ご相談下さい」と、真摯なまなざしで熱く訴えかける石田雄二さん。会社設立と銀行融資に特化した税理士事務所の代表で、税務書類の作成などの一般的な税理士業務に加え、中小企業の経営コーチの役割も担...

石田雄二プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

起業家向け経営トレーニング、銀行融資サポート

会社名 : 石田雄二税理士事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL : 082-264-9024

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-264-9024

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
中小企業と持たざる経営

「持たざる経営」が称賛された時期があります。今でも、生産設備を自社で保有せず、好調な業績を上げているファ...

[ 経営 ]

一般社団法人という選択

一般社団法人は、登記のみで設立することができます(一般社団法22)。社員が最低二人以上で設立が可能であり...

[ 会社設立 ]

『新規事業の数値計画を作成するコツ』

先日、あるお客様の新規事業計画書の作成をお手伝いしました。ある商品を仕入れてインターネットで販売する事業...

[ 銀行融資・補助金 ]

『業務改善助成金の拡充について』

業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者が生産性向上のための設備投資等を行い、事業場内で最も低い賃金を一...

[ 銀行融資・補助金 ]

『営業利益率+5%を目指しませんか?』

■年商約5億円、営業利益約1,000万円(減価償却費約1,500万円)の飲食業を経営しておられる社長様から...

[ 経営 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ