コラム

 公開日: 2018-05-16 

創業融資で3,000万円を調達した事例

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『創業融資で3,000万円を調達した事例』
…実際の調達事例を基に創業融資のポイントを解説します。
                      尾川充広
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日資金調達のお手伝いをさせていただいたAさんの事例です。
勤めている会社を退職し、株式会社を設立して、店舗を作りた
いというご相談でした。

■ 創業プランは以下のとおりです

事業内容:一般消費者向けの小売業態
総投資額:6,800万円(設備6,000万円+運転800万円)
調達内訳:自己資金800万円、勤務していたメーカーからの
     借入3,000万円、金融機関からの借入3,000万円

勤務していたメーカーから3,000万円の資金支援を受けられる
予定ですが、総投資額が大きいため、金融機関からも3,000万
円の調達が必要です。創業資金の最も有力な調達先は日本政策
金融公庫ですので、今回も日本政策金融公庫からの調達を主と
して調達の計画を立てました。

■ 公庫の創業融資のポイントは以下のとおりです。

【自己資金】
創業融資審査における最も重要なポイントは自己資金です。自
己資金は多ければ多いほど良いのですが、日本政策金融公庫は、
最低でも総投資額の10分の1以上の自己資金を求めています。
今回の総投資額は6,800万円で、自己資金は800万円ですので、
自己資金の要件は何とかクリアしています。ただ、800万円と
いう金額は、資本金として事業に費やす資金であり、800万円
の他にも、世帯の貯蓄として500万円程度を有していました。

【キャリア】
次に重要なポイントはキャリアです。創業する事業に対する経
験や実績が重視されます。Aさんはメーカーに勤務していまし
たが、小売店の販売を指導する職務に従事していました。数多
くの店舗の状況を把握しており、ビジネスとして採算が合うこ
とを確信したうえで、今回小売店として独立するため、キャリ
アは十分です。

【総投資額】
融資審査で最も大きな懸念点となったのは総投資額です。申し
込み要件には明確には記されていませんが、最初は1,000万円
程度までの小さな投資から始めることが安全だと考えられて
いますので、6,800万円という初期投資額が問題となりました。

調達金額が大きい場合の対処法は次が有効です。

1.公庫の単独ではなく、民間の金融機関からも資金を調達す
る協調融資で案件を組み立てると、公庫のリスクが軽減される
ため、希望通りの金額を調達できる可能性が高くなります。

2.融資制度のひとつである「経営力強化資金」で申し込むと
希望通りの金額を調達できる可能性が高くなります。経営力強
化資金を利用するためには、認定支援機関の助言を受けて作成
した事業計画書を提出する必要があります。

本件も、公庫経営力強化資金2,000万円、民間金融機関保証付
き融資1,000万円で案件を構築し、満額の資金調達ができまし
た。

最後に金融機関の担当者にお話を聞いたところ、「金額が大き
く難しい案件だったが、自己資金とキャリアがしっかりしてい
たことに加え、計画書類が充実していたこと、個人資産の開示
等に協力的であったことが決めてとなった。」とおっしゃって
いました。

初期投資の大きな事業で創業予定の方は、是非、参考にしてく
ださい。

この記事を書いたプロ

石田雄二税理士事務所 [ホームページ]

税理士 石田雄二

広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL:082-264-9024

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
石田雄二プロ

中小企業の財務機能を強化し、経営をサポート(1/3)

 「会社の設立を考えている方のお力になります。ぜひ、ご相談下さい」と、真摯なまなざしで熱く訴えかける石田雄二さん。会社設立と銀行融資に特化した税理士事務所の代表で、税務書類の作成などの一般的な税理士業務に加え、中小企業の経営コーチの役割も担...

石田雄二プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

広島最安の会社設立サポート、広島No.1の銀行融資サポート

会社名 : 石田雄二税理士事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL : 082-264-9024

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-264-9024

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
中小企業と持たざる経営

「持たざる経営」が称賛された時期があります。今でも、生産設備を自社で保有せず、好調な業績を上げているファ...

[ 経営 ]

一般社団法人という選択

一般社団法人は、登記のみで設立することができます(一般社団法22)。社員が最低二人以上で設立が可能であり...

[ 会社設立 ]

省エネルギー型設備の導入を支援する補助金について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━『省エネルギー型設備の導入を支援する補助金について』 …省エネ型設備への更新...

[ 銀行融資・補助金 ]

中小企業庁の統計から見る倒産の原因と対処法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━『中小企業庁の統計から見る倒産の原因と対処法』 …財務面の強化により回避でき...

[ 銀行融資・補助金 ]

中小零細企業の人事政策について(その3)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━『中小零細企業の人事政策について』(その3)1.「ルールを決めて厳守してもら...

[ 経営 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ