コラム

2016-08-04

『経営判断のための指針6カ条!』

経営に正解などありません。それでも、偉人たちが共通して提
唱しておられるおおむね共通のルールはあります。以下、ご確
認ください。

◆1:常に『アッパーニッチ』(×ロアマス)を目指します。

…商品やサービス、市場の開拓時には『アッパーニッチ』を狙
います。絶対に『ロアマス』は狙いません。
『アッパーニッチ』とは、高級、高付加価値ゾーンの隙間のこ
とです。『ロアマス』とは、低価格帯のBIGマーケットのこ
とです。経営資源の乏しい中小規模企業は、常に局地戦に臨む
べきです。絶対に広域で戦うべきではありません。また、低価
格帯のビジネスは、そのスケールメリットや経営管理の優れた
大企業向けです。

◆2:まず『地上戦の営業』(×空中戦の営業)を企てます。

…新しい物やサービスを世に問う時には、まずは自分の足で、
自分の人脈の範囲内から攻め込みます。空中線は、地上戦での
検証を終え、地上戦営業で加速を付けた後に行います。
『地上戦の営業』とは、自分の人脈の範囲内での営業活動のこ
とです。『空中戦の営業』とは、マス媒体を活用する営業のこ
とです。

◆3:『エコ贔屓な経営』(×総花的な経営)を行います。

…経営資源は、強いもの、伸びている所に集中して投下すべき
です。総花的に分散してはいけません。人事においても、伸び
ている人をさら伸ばす…まずはこれです。
『エコ贔屓の経営』とは、長所に集中する経営のことです。
『総花的な経営』とは、分散する経営のことです。経営資源の
乏しい中小規模企業は、バランスよりも尖ることに重点を置く
べきです。

○上記(◆1~◆3)は、大きく広く総花的に攻める、この考
え方を戒める指針です。一方、狭く深く尖った経営を狙う、こ
れは、異論をはさめないぐらい確立された経営指針であるはず
です。しかしながら、今も多くの経営者が、大きく広く総花的
に攻めようとしています。軌道の修正が必要です。

◆4:『ワンマンな経営』(×協議の経営)を行います。

…衆智を集めることは重要です。しかし、結論を協議して出す
…これは正しくありません。社長一人が全責任を負って決めま
す。
『ワンマンな経営』とは、経営判断は社長が一人で決める、こ
の自覚を持つ経営のことです。『協議の経営』とは、協議して
経営判断を下すことを意味します。企業経営において、総意が
正しいケースは稀です。特に厳しい方向への判断は社長にしか
できません。

○社内の総意、これほどいいかげんなことはありません。社内
の総意に判断をゆだねるお人好し社長がうまく行くケースは稀
有です。

◆5:『程度加減の判断』(×YESかNOの判断)を意識しな
   がら経営します。

経営判断の多くは、YESかNOではなく、もっと早く、もっ
とたくさん、いや、セーブして…このように程度加減を決める
ことが多いものです。経営とは程度加減を計っている…この認
識が重要です。
『程度加減の判断』とは、その程度加減を決めることです。
『YESかNOの判断』とは、その判断の可否を決めることで
す。方向性の判断よりも、程度加減の判断の方が難解です。常
に程度加減を計りながら進めてください。

○程度加減の判断も、極めて重要な経営判断の範疇です。アク
セルとブレーキは、トップが直接踏むべきです。

◆6:『ベターな経営』(×ベストの経営)を目指します。

経営の場で、ベストな状況に遭遇する機会は稀です。ベストに
こだわり過ぎると前に進めません。経営はベターの集合体であ
る…この達観が必要です。
『ベターな経営』とは、ベターを良しとする経営のことです。
『ベストな経営』とは、あくまでもベストありきで進める経営
のことです。また、ベストな環境を待ちすぎて、結果、手遅れ
になるケースも少なくありません。

○「ベターな環境下で、ベターをベストに近づける行為」これ
が経営ではないでしょうか。
ベストな状況・環境…これらはないものねだりです。

以上ご確認ください。

この記事を書いたプロ

石田雄二税理士事務所 [ホームページ]

税理士 石田雄二

広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL:082-264-9024

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
石田雄二プロ

中小企業の財務機能を強化し、経営をサポート(1/3)

 「会社の設立を考えている方のお力になります。ぜひ、ご相談下さい」と、真摯なまなざしで熱く訴えかける石田雄二さん。会社設立と銀行融資に特化した税理士事務所の代表で、税務書類の作成などの一般的な税理士業務に加え、中小企業の経営コーチの役割も担...

石田雄二プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

起業家向け経営トレーニング、銀行融資サポート

会社名 : 石田雄二税理士事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL : 082-264-9024

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-264-9024

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
中小企業と持たざる経営

「持たざる経営」が称賛された時期があります。今でも、生産設備を自社で保有せず、好調な業績を上げているファ...

[ 経営 ]

一般社団法人という選択

一般社団法人は、登記のみで設立することができます(一般社団法22)。社員が最低二人以上で設立が可能であり...

[ 会社設立 ]

『新規事業の数値計画を作成するコツ』

先日、あるお客様の新規事業計画書の作成をお手伝いしました。ある商品を仕入れてインターネットで販売する事業...

[ 銀行融資・補助金 ]

『業務改善助成金の拡充について』

業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者が生産性向上のための設備投資等を行い、事業場内で最も低い賃金を一...

[ 銀行融資・補助金 ]

『営業利益率+5%を目指しませんか?』

■年商約5億円、営業利益約1,000万円(減価償却費約1,500万円)の飲食業を経営しておられる社長様から...

[ 経営 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ