コラム

2016-07-20

『エクイティファイナンスを成功させるための基本要件は…』

銀行などの金融機関から返済を前提に資金を調達する借入れ
(デッドファイナンスと呼びます。)に対して、投資として資
金を受け入れるエクイティファイナンスについて言及いたしま
す。
※ここでは、縁故増資ではなく、ベンチャーキャピタルなど、
オフィシャルな投資先からのエクイティファイナンスについて
解説します。

■実績が必要です。

「こんな面白いアイデアがあって、このような事業計画で進め
ていきたい。資金があれば、短期間でIPO(新規株式公開)
も狙える。資金調達を希望します。」
この様なケースで資金を調達できる(エクイティファイナンス
を成功させる)ことは極めて稀です。実績がないからです。リ
スクマネーと呼ばれるこの資金とて、実績のないベンチャー企
業(?)は対象外です。

◎例えば、ザッカーバーグ氏が率いるフェイスブックは、自ら
が開発したソーシャルネットワークサービスを、在籍するハー
バード大学内で拡散し、利用者数の増加を実現していました。
利用者数の増加…この実績を持って、投資家からの資金調達を
行っています。
フェイスブックとて、「今からこの様なソーシャルネットワー
クを構築します。近い将来…になります。」とプレゼンしても、
投資の対象にはなりにくかったはずです。

◎例えば、ジョブス氏が率いるアップル社は、自宅の倉庫で小
型コンピューターのプロト版の開発を進めていました。量産し
拡販する資金の目途は立っていないけど、とにかく開発して手
作りで制作して、一台でも販売する…この実績を持って、投資
家から資金調達を行っています。

事業計画書の内容やプレゼン能力を磨き込んでいくら投資家回
りを行っても、実績のないベンチャー企業(?)に資金は入り
ません。まずは、事業としての実績を作ることが必要です。

■攻めの資金でなければなりません。

この資金は、その資金使途が重要です。調達した資金が、高収
益企業になるための成長に使われなければなりません。
1.エクイティファイナンスの対象は、近未来の高収益企業で
  す。営業利益率は30%以上か、又は、数億円以上、かつ、
  成長を続けることが必要です。
2.エクイティファイナンスの対象は、近未来の高成長企業で
  す。売上高の伸び率は30%以上、この程度の成長を長期
  間継続できることが必要です。

■出口(イグジット)が必要です。

エクイティファイナンスは、その資金を回収しなければなりま
せん。5年から最長で10年以内に、投資して保有した株式を
売却して資金化することが要件です。この期間内に、保有する
株式の価値が向上し、かつ、売却先が存在するためには、株式
の公開を行うか、誰かが買い取るか、それに値する会社になっ
ていなければなりません。

■エクイティファイナンスの投資家は、株主として経営に参画
 します。

投資家は、持ち株比率に応じた株主としての権利を有します。
これは、必ずしもネガティブなことではありません。株主とし
て支援してくれるかも…との意味も含みます。
一方、株主への定期的な進捗の報告や、株主総会のオフィシャ
ルな開催、個人経営的な発想では済まされない公式な対応も必
要になります。これも、必ずしもネガティブなことではありま
せん。経営体制が構築されていきます。

■現実的には企業価値2億円程度までは自力で構築するしかあ
 りません。
※企業価値とは、資本金ではありません。純資産+将来利益で
計算される現時点における企業の価値を示します。ここでは、
株数×株価=時価総額と同じ意味です。将来利益は投資家の見
立てで変わります。

企業価値2億円とは、2,000万円の投資を受けても、投資
家の持ち株比率が9.1%(2,000万円/2億2,000
万円)に収まるラインです。ただ、現実的には、この企業価値
に対して投資するベンチャーキャピタルはレアです。
企業価値5億円以上、このあたりからベンチャーキャピタルの
投資対象になります。

企業価値(会社の値段)の見立ては、投資家によって当然異な
ります。また、企業価値は将来価値から逆算して決めることが
多いので、成長し利益を出せる蓋然性が高いほど、企業価値も
高くなります。

成長意欲の高い社長様は、エクイティファイナンスについても
ご検討ください。

この記事を書いたプロ

石田雄二税理士事務所 [ホームページ]

税理士 石田雄二

広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL:082-264-9024

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
石田雄二プロ

中小企業の財務機能を強化し、経営をサポート(1/3)

 「会社の設立を考えている方のお力になります。ぜひ、ご相談下さい」と、真摯なまなざしで熱く訴えかける石田雄二さん。会社設立と銀行融資に特化した税理士事務所の代表で、税務書類の作成などの一般的な税理士業務に加え、中小企業の経営コーチの役割も担...

石田雄二プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

起業家向け経営トレーニング、銀行融資サポート

会社名 : 石田雄二税理士事務所
住所 : 広島県広島市南区的場町1-1-21 クリスタルタワー3F [地図]
TEL : 082-264-9024

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-264-9024

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田雄二(いしだゆうじ)

石田雄二税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
中小企業と持たざる経営

「持たざる経営」が称賛された時期があります。今でも、生産設備を自社で保有せず、好調な業績を上げているファ...

[ 経営 ]

一般社団法人という選択

一般社団法人は、登記のみで設立することができます(一般社団法22)。社員が最低二人以上で設立が可能であり...

[ 会社設立 ]

『新規事業の数値計画を作成するコツ』

先日、あるお客様の新規事業計画書の作成をお手伝いしました。ある商品を仕入れてインターネットで販売する事業...

[ 銀行融資・補助金 ]

『業務改善助成金の拡充について』

業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者が生産性向上のための設備投資等を行い、事業場内で最も低い賃金を一...

[ 銀行融資・補助金 ]

『営業利益率+5%を目指しませんか?』

■年商約5億円、営業利益約1,000万円(減価償却費約1,500万円)の飲食業を経営しておられる社長様から...

[ 経営 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ