コラム

2014-02-04

認知症を正しく理解しよう⑨

【ISHカレッジ:美学セミナーNo.9】
(担当:まさこメディカルクリニック 松岡)

認知症を正しく理解しよう⑨

●認知症の人と接するときの心がまえはどんなこと?
①こころのバリアフリーを
足の不自由な人は、杖や車いすなどを使って自力で動こうとします。
しかし、認知症の人は、自分の障害を補う「杖」の使い方を覚えることができません。
認知症の人への援助には障害を理解することが大切です。
その上でさりげなく援助できる「人間杖」が必要といわれています。
援助する際は、その方の後から声をかけると驚かれるので、必ず目線を合わせてゆっくりと話かけましょう。

②かかわる人の心がまえ
認知症の問題は、介護も問題だと考えるのをやめましょう。
誰でも自分や家族が認知症に可能性があります。
認知症という「病気」のことを理解したうえで、自分だったら、どう生き抜くかということを考えなければ、認知症の人の支援は難しいのです。
「認知症の人」がいるのではなく、自分の友達のAさんが認知症となっただけという現実を受け入れ、友人としてAさんの認知症の障害を補いながら、今までどおりに付き合いができるとことが望ましいです。

この記事を書いたプロ

医療法人淳信会 まさこメディカルクリニック [ホームページ]

内科医 とさかまさこ

山口県周南市新町1-52 [地図]
TEL:0834-21-0609

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
まさこメディカルクリニック 院長 とさかまさこ

栄養学・心理学を医療に活かし、アンチエイジングを進める自由診療を展開(1/3)

 とさかさんは、主に高血圧や高脂血症、心臓病が専門の循環器専門医です。まさこメディカルクリニックでは、循環器内科をはじめとし、一般内科、禁煙外来のほか、心臓病治療ではトップクラスといわれる小倉記念病院の医師による専門外来(不整脈外来など)を...

とさかまさこプロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

栄養と心、身体のバランスを診る医療

医院名 : 医療法人淳信会 まさこメディカルクリニック
住所 : 山口県周南市新町1-52 [地図]
TEL : 0834-21-0609

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0834-21-0609

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

とさかまさこ(とさかまさこ)

医療法人淳信会 まさこメディカルクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
今月の顔8月号「葉子クリニック 院長の内山葉子先生」をご紹介!

美と健康をホリスティックにサポートするグリーンハート監修の『セルフヘルシーライフ美学ねっと・ネットワークサ...

[ ISH通信 ]

徳山の小さなクリニックに、表敬訪問して下さいました。
イメージ

米国コロラド州栄養療法研究所、日本提携校ホリスティック カレッジ オブ ジャパンの校長先生と一緒に、アメリカの...

[ ISH通信 ]

周南記念病院でとさかまさこ医師による講演がありました。
イメージ

周南記念病院でとさかまさこ医師による講演がありました。約70名の方にご参加頂きました。【タイトル】健...

[ ISH通信 ]

まさこDr.が周南記念病院で講演します!!

まさこDr.が周南記念病院で講演します!!【タイトル】 健康を左右する体内ミネラルバランス  ~最新の...

[ ISH通信 ]

ドクターママドゥのセミナー
イメージ

ドクターママドゥのセミナー、本当に素晴らしい。ホリスティックに診る事の大事さ、身体、心、栄養、医学、などな...

[ ISH通信 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ