コラム

 公開日: 2018-01-28  最終更新日: 2018-02-04

インフルエンザ患者 過去最多



インフルエンザ患者さんの数が過去最多と1月27日土曜日の中国新聞の第一面に大きく取り上げられました。
1週間で283万人もの患者さんが医療機関に受診されているみたいです。通常は1月はインフルエンザAが主に流行し、2月頃よりB型が流行しますが、今年はA型もB型も同時に流行しはじめております。

予防接種がもっとも効果的な予防法といわれておりますが、体調管理、うがい、手洗い、マスクの着用、この時期に不必要に人混みにでないようにするなど予防をしていただきたいと思ってます。

 ・うがい 
イソジン消毒液でうがいされる方もいらっしゃいますが、水やアズノールなどでのうがいをおすすめします。イソジンは咽頭部に炎症をきたす場合もあったり、せっかく咽頭にある免疫物質まで消毒する傾向があるからです。家に帰ったらまずはうがいを、可能ならシャワーを浴びたり入浴もおすすめできます。外気で体温を冷やさないこと、入浴などで寝冷えをしないことなども大切です。
 ・手洗い 
インフルエンザウイルスはアルコールで死滅します。アルコールを使用した手洗いを実行してください。玄関にプッシュ式あどの消毒剤を置いておくなどもよいです。
 ・マスクの着用 
一度着用したら、表面を手で触らないこと、マスクをはずすときはゴム紐をもって表面が体に接触しないようにはずすこと。マスクは鼻の穴、口、顎までしっかりとおおい、隙間をつくらないように装着すること。
 ・体調管理 
睡眠を十分に。ある報告では7時間の睡眠の人と5時間半以下の睡眠の人ではインフルエンザに罹患するリスクが3倍以上ちがうとのことです。

昨年から、ブログを書いており、インフルエンザについてもコメントしております。是非、見てあげてください!

この記事を書いたプロ

いのうえ内科脳神経内科クリニック [ホームページ]

内科医 井上健

広島県広島市中区舟入川口町5-7 [地図]
TEL:082-233-0747

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
井上健 いのうえけん

頭痛で苦しむ患者さんを一人でも多く助けたい(1/3)

 日本人の840万人が罹患しているとされる片頭痛。苦しんだ経験のある方も多いのではないでしょうか。これくらいは仕方ないと我慢しがちな頭痛ですが、「頑張ればかなりのレベルでコントロールできますよ」と話すのは、いのうえ内科脳神経クリニックの院長...

井上健プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

内科・脳神経内科医としての十分な経験をもつ頭痛診療医

医院名 : いのうえ内科脳神経内科クリニック
住所 : 広島県広島市中区舟入川口町5-7 [地図]
TEL : 082-233-0747

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-233-0747

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上健(いのうえけん)

いのうえ内科脳神経内科クリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
遺伝する頭痛 片頭痛は遺伝する頭痛 
イメージ

ブログなどでも片頭痛の遺伝性について書いております。一般に、お母さんが片頭痛だと、娘さんの約70%に...

[ 広島の頭痛外来 ]

めまいと頭痛
イメージ

めまいは脳梗塞、脳出血などの脳血管障害に代表される症状としてのめまい。から内耳の三半規管に問題があ...

[ 広島の頭痛外来 ]

危険な頭痛 日本人に多い脳卒中
イメージ

危険な頭痛の原因として、日本人に多いものが脳卒中です。脳卒中は脳の血管のトラブルで起こる病気です。...

[ 広島の頭痛外来 ]

妊娠中の急性期頭痛薬 
イメージ

片頭痛の患者さんにはご理解できると思いますが、頭痛は本当につらいですね。急性期治療薬もどんどん開発され...

[ 妊娠と授乳  ]

片頭痛とは 診断基準も掲載します 
イメージ

当院に頭痛の訴えで受診される患者さんで最も多いのが片頭痛です。酷い頭痛を呈することがあり、脳出血などの命...

[ 広島の頭痛外来 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ