コラム

 公開日: 2013-07-22 

職員のつぶやき「子どもの法定相続分について」

事務職員の柳原です。

先日最高裁で、非嫡出子の法定相続分が嫡出子の2分の1とされている民法の規定について、
憲法に違反するかが争われた家事審判の弁論が大法廷で行われました。
最終的な判断は秋になる見通しですが、
判例の変更ができる「大法廷」で審理されたことにより、
従来の合憲判断が覆され、違憲判断がなされるとの見方が強まっています。
もし違憲判断がなされた場合、すでに現在の規定に従って法定相続分で分けた事例は
どのような扱いになるのかも含めて注目されます。

非嫡出子とは法的な婚姻関係のない男女の間に生まれた子のことをいいます。
法定相続分は配偶者が2分の1、残りの2分の1を子が等分することになっていますが、
非嫡出子は嫡出子の半分とされています。

たとえば被相続人Aの法定相続人が、配偶者B、嫡出子C及びD、
非嫡出子Eの4人の場合、法定相続分は次のとおりとなります。

B 10分の5
C 10分の2
D 10分の2
E 10分の1

これが嫡出子と非嫡出子の相続分が同じということになると、
法定相続分は次のとおりです。

B 6分の3
C 6分の1
D 6分の1
E 6分の1

親が生きている間は子に対する権利・義務は嫡出子と非嫡出子で変わりはありません。
また同様に、子の親に対する権利・義務も嫡出子と非嫡出子で変わりはありません。
しかし親の死後、法定相続分は非嫡出子は嫡出子の半分であるとされているのは
不合理といえば不合理にも思われます。
今回争われている民法の規定が、理由のない差別なのか、
家族制度・婚姻制度を守るための合理的な区別なのか、皆さんはどうお考えでしょうか。

残された遺族にもめ事を起こさないためにも、遺言を残すことは大切です。
また、遺産の分割のみについてではなく、
自分の家族への思いを残しておくというのも大切です。
当事務所は遺言の相談も承っております。お気軽にご相談下さい。


(以下はすべて外部サイトへのリンクです。)
▼橋口司法書士事務所
 http://www.shihou-hashiguchi.com/

▼橋口司法書士事務所Facebookページ ぜひ「いいね!」をお願いします。
 http://www.facebook.com/hashiguchi0825117000

この記事を書いたプロ

一般社団法人 人生安心サポートセンターきらり橋口司法書士事務所 [ホームページ]

司法書士 橋口貴志

広島県広島市中区基町5-44 広島商工会議所ビル8F [地図]
TEL:082-511-7000

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
橋口貴志さん

「老後の問題を解決します」。少子高齢社会に新しい価値観を提案する司法書士・行政書士(1/3)

 「現代の超少子高齢化社会では、これまで家族が行ってきた役割を社会が担う必要が出てきました。私たちは、高齢者が安心して最期まで自分らしく生きるためのお手伝いをいたします」と力強く言い切るのは、司法書士・行政書士の橋口貴志さん。老後に直面する...

橋口貴志プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

事務所名 : 一般社団法人 人生安心サポートセンターきらり橋口司法書士事務所
住所 : 広島県広島市中区基町5-44 広島商工会議所ビル8F [地図]
TEL : 082-511-7000

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-511-7000

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

橋口貴志(はしぐちたかし)

一般社団法人 人生安心サポートセンターきらり橋口司法書士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
NTT西日本様と人生安心サポートセンターきらりの協業について

西日本電信電話株式会社 広島支店様(支店:広島県広島市、支店長:黒田吉弘様、以下、「NTT西日本」)と一般社...

[ お知らせ ]

職員のつぶやき「きらりプラチナサロン袋町店オープンしました!」
イメージ

こんにちは。きらり事務局員の三宅です。1月18日(土)に晴れてオープンを迎えることが出来ました。『きらりプ...

[ 橋口司法書士事務所 職員のつぶやき ]

3月30日の中国新聞の朝刊に、「きらり」に関する記事が掲載されました。

3月30日の中国新聞の朝刊に、「きらり」に関する記事が掲載されました。「安心の最後へ「終活」支援」と題する記...

[ きらりの活動 ]

後見制度支援信託制度とは

最近の最高裁の調査により、後見人による不正事案は10ヶ月間で182件、被害総額18億円以上の多額な実情が明らかとな...

[ きらりの活動 ]

牛田・早稲田地域包括支援センターさんの勉強会

本日の午前中は、ある新聞社の記者さんと、きらり会員の自宅を訪問し、午後からは広島市牛田・早稲田地域包括支援...

[ きらりの活動 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ