コラム

2014-11-08

喪中ハガキはいつまでに出せばいいでしょうか?

おはようございます(^^)
横田です。

当店の店長田頭が沖縄へ自転車レースに行っているため、
店内はなんとなく静かです。
沖縄は暑いのかな?
完走がとても難しいと言っていたので、目指せ完走!!ガンバレ!!
もし、仮に完走できなくても、この経験はものすごい財産になると思います。
明日がレースという事なので、天気が良く怪我なく走り切って欲しいと思っています。

今日は、喪中ハガキをいつ出せばいいかについて
喪中ハガキをいつまでに出せば失礼に当たらないか、知っておられますか??

遅くとも12月初旬までには出しましょう。
相手が年賀状を準備する前に送るのがマナーなんです。

だって、準備して喪中ハガキが届いたら、申し訳ないですからね(^^;


もし、喪中ハガキを出さなければいけない方がおられましたら、
上の日にちを心に留めておいてくださいね(^^)


【ちょっとだけ宣伝】
当店は簡単に選べる喪中ハガキから、
お客様が考えた文章を印刷するこだわりの喪中ハガキまで
色々ご注文いただけます。

もし、喪中ハガキを出さなければと考えている方は当店にぜひ声をかけてください(^^)
この日までに欲しいというのがあれば、ぜひ教えてください。
その納期に間に合わせられる様頑張ります!!

この記事を書いたプロ

有限会社 横田印房 [ホームページ]

販売職 横田泰行

広島県広島市中区幟町11-4  [地図]
TEL:082-221-0320

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

ご夫婦でご来店くださり、お話をさせて頂きました。後日、こんなに素敵なお礼のハガキが!!「一生物として大事に使用させていただきます」こんな嬉しい言葉、あ...

 
このプロの紹介記事
横田泰行 よこたやすゆき

印鑑一筋115年の歴史-個人・企業の幸せを願い印鑑を作ります(1/3)

 広島市中区、1896年から続く老舗印章店「横田印房」。115年にわたり続く手彫り印鑑の技術には親しみやすさと品格が感じられます。「当社の仕事は文字文化の創造業です」と話す 5代目店主の横田泰行さん。熟練の職人が彫り上げる個人印や法人印をは...

横田泰行プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

一生使える実印の提案が強み!

店名 : 有限会社 横田印房
住所 : 広島県広島市中区幟町11-4  [地図]
TEL : 082-221-0320

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-221-0320

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横田泰行(よこたやすゆき)

有限会社 横田印房

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
カープ優勝セールは店内全商品『25%off』です!
イメージ

おはようございます!ついにカープの優勝が近づいてまいりました。今年のカープは強すぎます!見ていて惚...

[ 会社の出来事 ]

横田印房の考える佳い印章

 印章彫刻の基本とは字法・章法・刀法 印章の基本とは、字法・章法・刀法を言います。字法とは文字の歴史...

[ 印章について ]

実印・銀行印・認印の違いを知っていますか?

おはようございます。昨日今日と広島は寒いですね~。インフルエンザも流行っているので、体調管理気を付けてく...

[ 印章について ]

印章を買う前に知っておきたい4つのステップ
イメージ

印章を買う前に知っておきたい4つのステップ1 用途を考える(サイズを決める) 印章には昔からこの用途ならこ...

「ウチの職人さんを紹介します」
イメージ

横田印房にははんこを彫る者が3人います。社長の私・横田泰行、父・横田啓二(号:丹采)と職人・林田茂美の3人...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ