コラム

 公開日: 2011-12-16 

年賀状に役立つ辰年・龍にまつわるいろんな話し1

 年賀状に欠かせないものと言えば干支(えと)です。

 干支(えと・かんし)は本来、十干(じっかん)と十二支の60通りの組合せで
年号などを表したものですが、年賀状で専ら使われるのは十二支を親しみのある
動物にあてはめたもので、これを日本では通常「えと」と呼び慣わしています。

 干支で年号を表す暦の習慣は、書道などの文化的な世界や有識者の間では今でも残っています。

 ここでは年賀状でよく使う十二支について、ちょっと面白い話しを拾ってみます。

 来年の干支は「壬辰」(みずのえたつ)。辰は動物で言えば龍(竜)です。

 実はこの龍、十二支の中で唯一実在しない動物です。
つまり伝説上の生き物なんですね。
中国のみならず、古来ヨーロッパにも龍の伝説はあったようで、
ドラゴンの名の起源はギリシャ語にあるんだそうです。
しかも、形状も東西ほぼ同じで、巨大な蛇のような長い体に手足がついて、
頭には角が生えています。手足には鋭い爪、口には長いひげ、背中には81枚
(易学では吉数9×9の大吉数)の鱗があります。

 中国の竜には喉元に逆さに生えた鱗があるそうで、これを逆鱗といい、
これにさわった者は怒った竜に殺されるんだそうです。中国では皇帝(天子)を
竜に喩えますから、皇帝の怒りに触れることを「逆鱗に触れる」と言ったんですね。
もとは誰彼なく使うのではなく、皇帝について使ったんでしょうが、
我が国では奥方の逆鱗に触れぬように、なんて使います。

 まあ最近の世の奥方の強いこと、怖いことといったら龍や皇帝に匹敵するかもしれませんね。
おっと、このコラム、カミさんに読まれたら大変です。くわばらくわばら。

 次回は強い竜のお話しを続けます。ご期待下さいね。


<年賀状についてのコラム>

辰(龍)年の年賀状 - 当店自慢の篆刻入り年賀状誕生秘話 -
  http://mbp-hiroshima.com/hanko/column/3295/

年賀状に役立つ辰年・竜にまつわる面白いはなし2
  http://mbp-hiroshima.com/hanko/column/3303/

No.1 謹賀新年と龍 ~篆刻入り年賀状デザイン~
  http://mbp-hiroshima.com/hanko/column/3313/

No.2 臥龍 ~篆刻入り年賀状デザイン~
  http://mbp-hiroshima.com/hanko/column/3314/

No.3 画竜点睛 ~篆刻入り年賀状デザイン~
  http://mbp-hiroshima.com/hanko/column/3338/

No.4  亀龍寿 ~篆刻入り年賀状デザイン~
  http://mbp-hiroshima.com/hanko/column/3347/

No.5 龍攘虎搏 ~篆刻入り年賀状デザイン~
  http://mbp-hiroshima.com/hanko/column/3352/

No.6 雲従龍 ~篆刻入り年賀状デザイン~
  http://mbp-hiroshima.com/hanko/column/3358/

No.7 龍の瓦当 ~篆刻入り年賀状デザイン~
  http://mbp-hiroshima.com/hanko/column/3378/

No.8 壬辰 ~篆刻入り年賀状デザイン~
  http://mbp-hiroshima.com/hanko/column/3399/

カープシャチハタ着せ替えパーツ残りわずか!!


カープシャチハタ着せ替えパーツ入ビジター売切れました。
ホーム仕様も残りあと少し。もし、ご入用の場合、お電話くださいませ!!
店休日は日曜・祝日です。

この記事を書いたプロ

有限会社 横田印房 [ホームページ]

販売職 横田泰行

広島県広島市中区幟町11-4  [地図]
TEL:082-221-0320

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

ご夫婦でご来店くださり、お話をさせて頂きました。後日、こんなに素敵なお礼のハガキが!!「一生物として大事に使用させていただきます」こんな嬉しい言葉、あ...

スタッフ紹介
tagashira

初めまして、横田印房の店長 田頭と申します。このブログ「マイベストプロ」の記事を担当しております。日常の横田印房の出来事を発信してまいります。印章...

 
このプロの紹介記事
横田泰行 よこたやすゆき

印鑑一筋120年の歴史-個人・企業の幸せを願い印鑑を作ります(1/3)

 広島市中区、1896年から続く老舗印章店「横田印房」。120年にわたり続く手彫り印鑑の技術には親しみやすさと品格が感じられます。「当社の仕事は文字文化の創造業です」と話す 5代目店主の横田泰行さん。熟練の職人が彫り上げる個人印や法人印をは...

横田泰行プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

一生使える実印の提案が強み!

店名 : 有限会社 横田印房
住所 : 広島県広島市中区幟町11-4  [地図]
TEL : 082-221-0320

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-221-0320

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横田泰行(よこたやすゆき)

有限会社 横田印房

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
横田印房の考える佳い印章

 印章彫刻の基本とは字法・章法・刀法 印章の基本とは、字法・章法・刀法を言います。字法とは文字の歴史...

[ 印章についてのコラム ]

実印・銀行印・認印の違いを知っていますか?

おはようございます。昨日今日と広島は寒いですね~。インフルエンザも流行っているので、体調管理気を付けてく...

[ 印章について ]

印章を買う前に知っておきたい4つのステップ
イメージ

印章を買う前に知っておきたい4つのステップ1 用途を考える(サイズを決める) 印章には昔からこの用途ならこ...

シャチハタを作りかえる事が出来るのかという質問を頂きました。
イメージ

広島市 銀山(かなやま)町電停から少し北に入ったところ広島市内の方にご利用して頂きやすいお店です。土曜日...

[ ご来店されたお客様の紹介 ]

カープのシャチハタ着せ替えパーツ再販売開始!!
イメージ

おはようございます、ブログ担当 店長の田頭です。カープのシャチハタ着せ替えパーツの再販売を開始いたしま...

[ 会社からのお知らせ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ