コラム

 公開日: 2011-03-27  最終更新日: 2014-07-04

「ひろしま満点ママ!」の取材を頂きました


3月2日にテレビ新広島の「ひろしま満点ママ!」の取材を受け、3月8日に「街遊びスキャン~今日、何する?」のコーナーで放映されました。


<7万本?の認印>
 レポーターは元気でかわいい國光かよこさんでした。

店に入った國光さんまずは、棚一面の認印の数にビックリ!一体何本あるんですかと質問。「見えるところで4万本、下の在庫を入れたら7万本?正確にはわからんのんですが」と私。

自分の名前あるかなあと國光レポーター。「珍しいお名前コーナー」で発見、私もホッと一安心(^~^)
おもわず「よかったあ、なかったらどうしようか思った」。國光アナも大喜びで、1本、本当にご購入いただきました。315円也、どうもありがとうございました


<新入学グッズ>
 そもそもはんこ屋への取材のテーマが新社会人や新入学に必要なもの、印鑑ということでした。画面で紹介されたのはカラフルなルミネクルール(本当の牛の角の印材にカラフルなコーティングをして風水にも対応したもの)など。 あと、1年生の新しい持ち物に押して便利なゴム印「ゴムッ子」など春はお薦めだったんですがこれはカットされてました。残念(´_`。)


<超高級象牙セット>
 次に当店で一番高価な品が入った陳列ケースをのぞき込んで「随分高いものが入ってますねえ。」(そりゃそうです。高すぎて何十年も売れてない商品が一杯の陳列です。それともそんな陳列に入っているから売れないのか(^_^;)

「はい、当店で一番高価な商品が入ってます。」「どれが一番高いんですか?」「このケース自体が象牙で出来た2本セット94万5千円です」「ええっ94万5千円ですか!すごおい。棚田さん1つどうですか」う~ん、お茶の間の主婦が3メートルぐらい引いてしまった気がする。しかし、これは私が入社する前からあった幻の一品(;^_^A、石山という名人が作った二度と出来ない印材です。長いことやってると色んな商品があるんです。何十年前に仕入れたものかわからないし、売れなくても良い、うちの陳列の飾りの王様みたいなものなのです。とほほ。


<マンモスの実印>
 象牙の印章とならんでマンモスの実印に皆さん興味津々で撮影されました。「本当にあるのおっ」て感じで。あるんです。これが。

最近あまり聞きませんが、10年ちょっと前くらいには当時のロシアから結構入ってきて、象牙の並材程度の金額で仕入できました。マンモスの牙は象牙と違いワシントン条約と関係なく取引可能なんです。天然記念物とか貴重な人類の遺産とかってほどでもないのでしょうか。当時のロシアは何でも売って外貨が欲しかったのでしょうか。私も良くわかりませんが、法律上も何も問題ないようです。ただ、当然象牙より質は落ちます。長年凍土に埋まっていたわけですから。


<職人の手彫り実演>
 我が社のハンコ彫り名人、林田さんの彫る姿を撮りたいということでせまい階段を3階まで上がっていただいて彫るところを撮影です。自分とこの職人を名人と呼んでしまいましたが、林田さんは私が尊敬する職人さんでもあります。
 80歳の今でも「未だに過去の自分の作品を見ると、下手だなと思うときがある。ということは今の自分の方が上手になってるってことでしょ。常に腕よりイメージが先行するんだね。イメージを追いかければまだ上手くなれる」と言われます。まだまだ頑張って彫ってもらわなきゃ。スタジオの棚田アナや古沢アナ、ゲストコメンテーターの方々にも感心していただいたようで、なんだかうれしくなりました。
 手彫りの印鑑は温かみがあり、やはり格別です。これからも頑張って技術を守って行きたいと思いました。

この記事を書いたプロ

有限会社 横田印房 [ホームページ]

販売職 横田泰行

広島県広島市中区幟町11-4  [地図]
TEL:082-221-0320

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

ご夫婦でご来店くださり、お話をさせて頂きました。後日、こんなに素敵なお礼のハガキが!!「一生物として大事に使用させていただきます」こんな嬉しい言葉、あ...

 
このプロの紹介記事
横田泰行 よこたやすゆき

印鑑一筋120年の歴史-個人・企業の幸せを願い印鑑を作ります(1/3)

 広島市中区、1896年から続く老舗印章店「横田印房」。120年にわたり続く手彫り印鑑の技術には親しみやすさと品格が感じられます。「当社の仕事は文字文化の創造業です」と話す 5代目店主の横田泰行さん。熟練の職人が彫り上げる個人印や法人印をは...

横田泰行プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

一生使える実印の提案が強み!

店名 : 有限会社 横田印房
住所 : 広島県広島市中区幟町11-4  [地図]
TEL : 082-221-0320

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-221-0320

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

横田泰行(よこたやすゆき)

有限会社 横田印房

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
カープ優勝セールは店内全商品『25%off』です!
イメージ

おはようございます!ついにカープの優勝が近づいてまいりました。今年のカープは強すぎます!見ていて惚...

[ 会社の出来事 ]

横田印房の考える佳い印章

 印章彫刻の基本とは字法・章法・刀法 印章の基本とは、字法・章法・刀法を言います。字法とは文字の歴史...

[ 印章について ]

実印・銀行印・認印の違いを知っていますか?

おはようございます。昨日今日と広島は寒いですね~。インフルエンザも流行っているので、体調管理気を付けてく...

[ 印章について ]

印章を買う前に知っておきたい4つのステップ
イメージ

印章を買う前に知っておきたい4つのステップ1 用途を考える(サイズを決める) 印章には昔からこの用途ならこ...

「ウチの職人さんを紹介します」
イメージ

横田印房にははんこを彫る者が3人います。社長の私・横田泰行、父・横田啓二(号:丹采)と職人・林田茂美の3人...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ