Q&A(このプロの回答)

300日問題
長女が2013年12月に産まれましたが、前夫の子ではなく、今の彼との子です。
私は2012年12月に前夫からDV被害を受けてシェルターに入っていました。調停離婚したのは2013年4月です。
アリバイと言いますが、長女が前夫の子では無いことが証明できます。それで、前夫から私の戸籍に戻すにはどうしたら良いでしょうか?
今の彼と入籍はしておりません。
投稿日時:2014-05-24 10:44:44
法律

中田憲悟 なかたけんご

中田憲悟の回答

親子関係不存在確認の調停・審判・裁判

調停離婚が2013年4月,お子さんが生れたのが2013年12月ということで,約9か月(約270日)の間に出生されたことになりますね。
離婚から300日以内に生れた子は,民法772条で前夫の子と推定されます。そのために,出生届を出したら前夫の戸籍に子として入っているはずです。
相談者がイニシアティブをとって,この父子関係を否定するためには,前夫を相手方として家庭裁判所に親子関係不存在の調停申立てをして,前夫の同意を得て,家庭裁判所の審判を受けるか,調停不調となれば親子関係不存在確認の訴えを提起するしかないでしょう。
審判,あるいは判決が確定すれば,その旨,役場に戸籍訂正の申請をして前夫の子とされている記載を削除し,母である相談者の子として戸籍に記載してもらうことになります。
今の彼を父とするには認知の届出をしてもらうことになります。

回答日時:2014-05-28

Q&A一覧に戻る

 
このプロの紹介記事
中田憲悟 なかたけんご

弱者のために正義を貫く(1/3)

 広島市中心部の八丁堀交差点からすぐ。お好み焼の有名店や広島東洋カープのグッズ店が入居する、明るい雰囲気のビルの5階に「はばたき法律事務所」はあります。名称通り、はつらつとした雰囲気の事務所です。 「世の中の間違ったことが許せない。声を出...

中田憲悟プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

長年の経験と高い専門性

事務所名 : はばたき法律事務所
住所 : 広島県広島市中区八丁堀6-7-504 [地図]
(チュリス八丁堀)
TEL : 082-502-3915

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-502-3915

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中田憲悟(なかたけんご)

はばたき法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ