コラム

2016-02-15

ストレスチェック活用のススメ(22) ~「相談窓口」を見直してみましょう~


ストレスチェックの準備をすすめる企業様から、
「産業医の先生に面談をたくさんやっていただくのは、難しいと思うのだけど」
というお声もよく耳にします。
今日はこれに関連して、「相談窓口」について触れてみたいと思います。
 
今回のストレスチェック制度では、面接指導の対象者を選定する方法として、
チェックの実施結果で見られる得点から判定する方法が一般的です。
「ストレス反応」が高得点(高ストレス)であったり、
業務内のストレス要因(ストレスの原因)がたくさんあると感じていたり、
また職場内に支援してくれる上司や同僚の存在をあまり感じられていなかったり。
こうした状態が長期に渡ると不調に至る可能性があるため、
その予防を視野に入れた面接指導を勧奨し、早期対応を促そうということです。
 
このチェック結果からの判定方法とともに、厚生労働省が提案しているのが、
「高ストレスと思われる方への面接をカウンセラー等が実施して、
面接指導に繋げる方法」です。医師だけでなく、保健師や看護師、
産業カウンセラーや臨床心理士による面接を行った上で、具体的に話を聞き、
緊急性や必要性の高い方を面接指導に優先的に繋げていく、という方法です。
 
この方法の主なメリットには、以下の様なことが挙げられます。
事業者側、産業医の先生、従業員、それぞれにメリットとなるはずです。
 
 ●カウンセラー等との面接でストレス対処の方法に気づける方もおり、
  結果的に面接指導の対象者を減らす効果も期待できる。
 ●メンタルヘルスが専門でない産業医の先生とも協力体制が作りやすい。
 ●医師面談はハードルが高いと思う方も受けやすく、予防の促進になる。
 ●ストレスチェックをきっかけに、必要な方には面接を継続的に実施しやすくなる。
 ●医師の面接指導前のため、事業者側には個人結果を提出する前に実施できる。
 
ストレスチェックの一番の目的は「一次予防(結構な状態の保持増進)」です。
それを思えば、チェックの得点が高い方に、カウンセラー等の面接をまず行ってから
産業医の面接指導につなぐこの方法は効果も高いと思います。
 
ある企業様では、従業員が無料で利用できる電話相談や、
カウンセラーによる訪問相談を制度として既に導入されています。
しかし、利用率はあまり高くないと聞きます。
なかなか機会がなければ、相談しようとは思いにくいというのも事実でしょう。
 
せっかく相談窓口を導入されているのであれば、これを機にストレスチェック制度と一緒に
社内のメンタルヘルス体制の強化を目指して、チェック後の面談対応にもその間口を
広げることを検討されてみてはいかがでしょうか。
自らのストレス状態がチェック結果として手元にあれば、相談のきっかけになりますし、
相談によってストレス対処の幅を広げられると気づく人が増えれば、
社内全体の健康度の底上げになり、不調者の減少にもつながります。
 
外部にストレスチェックの委託を考えている場合には、
一緒にこうした面接や相談窓口についても話をされてみることをおすすめします。
 
 
 
お読みいただく中でお気づきの点やご質問などがございましたら、
こちらよりお知らせいただけますと幸いです。
http://www.cs-port.net/corporate/
 
※当社開発ツール
ストレスチェック義務化に対応した「職業はつらつ診断」
(厚生労働省研究班「新職業性ストレス簡易調査票」に準拠)
http://www.cs-port.net/sc/
 
<ストレスチェック 義務化 広島 メンタルヘルス>

この記事を書いたプロ

株式会社 C's PORT(シーズポート)

人材コーディネーター 森田由美子

広島県広島市中区本川町2丁目6番5号 相生橋KMビル402 [地図]
TEL:082-208-2576

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
森田 由美子プロ

誰にでも備わっている強みを引き出し、自信に変える(1/3)

 「自分の強みって何ですか?」と聞かれたら、果たして即答することができるでしょうか。改めて自分に問いかけると、答えが出ない人のほうが多いのではないでしょうか。企業や官公庁のカウンセリング、コーチング、研修を行う株式会社C’sPORT(シーズ...

森田由美子プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

人と組織を元気にするメソッド(方法論)と資源があること

会社名 : 株式会社 C's PORT(シーズポート)
住所 : 広島県広島市中区本川町2丁目6番5号 相生橋KMビル402 [地図]
TEL : 082-208-2576

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-208-2576

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森田由美子(もりたゆみこ)

株式会社 C's PORT(シーズポート)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
オリンピック選手の強みは何だろう?

こんにちは。タフネスメンバーの久美です。 この夏は、オリンピックに湧いていましたね。そして、パラリ...

[ メンタルタフネス 強み ]

★わたしの32が自信に導く ~本物に触れる、感動する②~★
イメージ

こんにちは、森田由美子です。「本物に触れる」、というのは今の私の課題のようでもあります。最近、と見に...

[ メンタルタフネス 強み ]

★絵本『せかいのひとびと』評論社 ★
イメージ

こんにちは。タフネスメンバーのS改め”久美”です。 今回は、ピーター・スピアー作『せかいのひとび...

[ メンタルタフネス 強み ]

ひと筆 申し上げます~大切にしたい 日常のひとこま~ (毎年届く干支の置き物)
イメージ

「今年も半分以上過ぎているけど・・・遅くなってごめんね」そう言いながら小さな包みを私の手の平に乗せました...

[ マナー 手紙 ]

★メンタルタフネス講座 初級&中級 7月 in東京 受講生の声② Hさん ご紹介★
イメージ

昨日に続き、実際に受講してくださったHさんのFacebookに投稿されたものをそのまま案内させていただきます!...

[ メンタルタフネス 強み ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ