コラム

2015-12-01

ストレスチェック活用のススメ(15) ~いよいよ施行!ストレスチェック制度~



平成27年12月1日、本日よりストレスチェック制度が施行されます。
昨年6月の改正労働安全衛生法の公布や、またそれに至るまでの検討期間から見ると
「いよいよ!」といったところでしょうか。
 
施行日に合わせ、新聞やテレビ、ラジオなど、様々なメディアでも
ストレスチェックの話題が取り上げられています。
 
一部では「中小企業はマイナンバーの対応に追われ、
ストレスチェックはまだまだ様子見」とも報じられますが、
本日より年1回以上の実施が義務付けられていきます。
 
来年11月末までに労働基準監督署に届けを出せば間に合いますので、
焦ってバタバタッと準備を進める必要はもちろんありませんが、
具体的な準備はできるところから進めておきたいものです。
 
そこで注目されているのが、11月24日に厚生労働省より発表されたツール。
「厚生労働省版ストレスチェックプログラム」が無料配布されました。
 → http://stresscheck.mhlw.go.jp/
 
「無料ツールがあるのなら、内部だけでいつでも実施できるし、安心だ」
という声を耳にすることもあります。
しかし、その意見にすぐさま「確かに!」と言いにくい事情もあります。
 
その理由を下記にあげていますので、今一度、皆さまの職場の体制を
振り返ってみていただければと思います。
 
①実施者・実施事務従事者は確保できている?
   上記プログラムを利用するとしても、
   「事業者側は個人の結果を同意なく把握してはいけない」
   という条件をクリアできる体制ができているでしょうか。
   人事・総務系の方が実施事務従事者を担当されるとすると、
   人事権を有する方が管理ツールに触れないようにする体制を
   整える準備が求められます。
 
②個人結果の配布の体制は取れている?
   上記プログラムでは、イントラ等で実施したとしても
   実施直後に結果が本人に直接返されるのではなく、
   別途担当者から回答結果を個人に返す仕様となっています。
   そのため、結果を後日配布するための体制などを整える必要があります。
   「プログラムが作動すればOK」とはいきませんので、ご注意ください。

③集団集計の結果は、欲しい情報と合致している?
   上記プログラムで出力される「集団集計」は、
   「仕事のストレス判定図」と呼ばれるものです。
   これは、57項目ある質問項目の中でも、
   「量的負担」「仕事のコントロール」「上司の支援」「同僚の支援」を
   代表値として職場のストレスの状況を、おおまかに把握するのに役立ちます。
   しかし、他にも集計している項目(例:「質的負担」「仕事満足度」など)は
   出力に含まれていません。
 
   個人の結果は同意なく事業者側が把握できないことを思うと、
   事業者側が同意を意識せず把握できる「集団集計」は、
   職場の改善を考えていく上で意味合いが大きくなりますので、
   チェック後の取り組みに活用する情報が「仕事のストレス判定図」で
   足りるのかどうか、検討される必要があります。
 
 
無料ツールを利用すること自体は、非常に有効な選択肢です。
それと同時に、外部機関にチェック実施等を委託することで
得られる実施・管理体制や、職場改善のために得られる情報の違い
についても改めて検討し、皆様の職場にとってより良い仕組みづくりを
進めていただきたいと思います。
 
 
お読みいただく中でお気づきの点やご質問などがございましたら、
こちらよりお知らせいただけますと幸いです。
http://www.cs-port.net/corporate/
 
※当社開発ツール
ストレスチェック義務化に対応した「職業はつらつ診断」
(厚生労働省研究班「新職業性ストレス簡易調査票」に準拠)
http://www.cs-port.net/sc/
 
<ストレスチェック 義務化 広島 メンタルヘルス>

この記事を書いたプロ

株式会社 C's PORT(シーズポート)

人材コーディネーター 森田由美子

広島県広島市中区本川町2丁目6番5号 相生橋KMビル402 [地図]
TEL:082-208-2576

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
森田 由美子プロ

誰にでも備わっている強みを引き出し、自信に変える(1/3)

 「自分の強みって何ですか?」と聞かれたら、果たして即答することができるでしょうか。改めて自分に問いかけると、答えが出ない人のほうが多いのではないでしょうか。企業や官公庁のカウンセリング、コーチング、研修を行う株式会社C’sPORT(シーズ...

森田由美子プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

人と組織を元気にするメソッド(方法論)と資源があること

会社名 : 株式会社 C's PORT(シーズポート)
住所 : 広島県広島市中区本川町2丁目6番5号 相生橋KMビル402 [地図]
TEL : 082-208-2576

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-208-2576

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

森田由美子(もりたゆみこ)

株式会社 C's PORT(シーズポート)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
オリンピック選手の強みは何だろう?

こんにちは。タフネスメンバーの久美です。 この夏は、オリンピックに湧いていましたね。そして、パラリ...

[ メンタルタフネス 強み ]

★わたしの32が自信に導く ~本物に触れる、感動する②~★
イメージ

こんにちは、森田由美子です。「本物に触れる」、というのは今の私の課題のようでもあります。最近、と見に...

[ メンタルタフネス 強み ]

★絵本『せかいのひとびと』評論社 ★
イメージ

こんにちは。タフネスメンバーのS改め”久美”です。 今回は、ピーター・スピアー作『せかいのひとび...

[ メンタルタフネス 強み ]

ひと筆 申し上げます~大切にしたい 日常のひとこま~ (毎年届く干支の置き物)
イメージ

「今年も半分以上過ぎているけど・・・遅くなってごめんね」そう言いながら小さな包みを私の手の平に乗せました...

[ マナー 手紙 ]

★メンタルタフネス講座 初級&中級 7月 in東京 受講生の声② Hさん ご紹介★
イメージ

昨日に続き、実際に受講してくださったHさんのFacebookに投稿されたものをそのまま案内させていただきます!...

[ メンタルタフネス 強み ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ