コラム

2011-04-01

身だしなみは「足もとを見る」


名古屋で二日間、新入社員研修をしてきました。
身だしなみ、言葉遣い、電話応対、ホウ・レン・ソウなど、得意の「体育会系的作法」でみっちりと指導させていただいたのだけど。

今回はこれまでの10年間に及ぶ新入社員研修で一度もやらなかったことをさせていただいた。それは「靴磨き」である。

というのも、これは軽いショックを受ける出来事だったのだが、最近の新入社員さんたちは「足もとを見る」という諺を知らない。意味がわからない人が大半なのだ。だいたい、どこの企業に行っても9割ぐらいの人が、首を傾げながら知らないと言っておずおずと手を挙げる。(学歴、業種、業態を問わず)

このコラムをご覧になる方には釈迦に説法かと思うが、念のため記すと「足もとを見る」とは、相手の弱みを見つけてつけこむということ。

その昔、籠かきや馬方が、旅人の足もとを見て疲れ具合を見抜き、
それによって値段をふっかけていたことに由来する。客は法外な値段であっても疲れていればその金額で了承してしまうことから、相手の弱みにつけこむことを「足もとを見る」というようになった。

さて、私たちビジネスの世界ではどうだろう?
髪型やスーツが申し分なくキマっていても、靴が汚れたりくたびれていたりしては、まったくもってツヤ消しである。

長くなってしまったが「靴磨き」の習慣がない、というより靴を磨いたこともないのであれば、まずは「靴磨き」を実際に体験してもらったというわけだ。

事前に連絡して各自、靴用クリームと布を持って来てもらい、まずは片方の靴を磨いてみる。磨いた片方の靴と磨いていないもう片方の靴を並べてみると、違いは歴然。磨いた靴は息を吹き返したように光沢と質感を取り戻す。

自分の手に靴をはかしてキュッキュと磨き、輝きを取り戻した自分の靴を見て「ワーッ」と驚くという、一連の体験が座学で教わるだけでは味わえない五感を伴った体験として脳に刻まれる。

朝家を出るとき、玄関でピカピカの靴に足を入れるのと、よれよれの疲れた靴に足を入れるのでは、モチベーションも違うだろう。

余談になるが、「交通事故に遭う人の靴はたいてい汚れている」という話を警察関係者から聞いたことがある。
汚れた靴にも気づかないほどの心と生活の余裕のなさが、つい慌てて事故を引き起こすということにつながっているのかもしれない。

自分の靴を手にとり間近で見ると、一見きれいに見える靴でもほこりをかぶっていたり、傷んでいたりすることがわかる。また、かかとの減り具合で歩き方の癖もわかる。靴を磨くという行為は自分を省みるという行為でもあるのかもしれないと私は思う。私も定期的に自分のパンプスをずらり並べて、ひたすら磨くが、その間、かなり集中しているし、何か精神的にリセットされていくような気がする。

この「靴磨き体験」は社長も大変喜んでくださり私も嬉しくなった。
ゆめゆめ「足もとを見られる」ことがないように、頑張れフレッシャーズ!


織田直子

2011年4月1日

※熱田神宮の桜、枝先のつぼみがわずかにほころんでいました。

この記事を書いたプロ

株式会社 アクエリアス情報研究所 [ホームページ]

講師 織田直子

広島県広島市中区本川町2丁目6-11 [地図]
TEL:082-297-4700

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
織田直子さん

自信がつく話し方指導のプロ(1/3)

 「私自身も昔は、大変なあがり症で、人前で話すどころか、授業中に手を挙げることもできない子どもでした」。相手を包み込むような眼差しとおだやかな口調で話すその様子からは、まったく想像ができない織田直子さん。「ものの言い方ひとつで、角が立つこと...

織田直子プロに相談してみよう!

中国新聞社 マイベストプロ

会社名 : 株式会社 アクエリアス情報研究所
住所 : 広島県広島市中区本川町2丁目6-11 [地図]
TEL : 082-297-4700

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

082-297-4700

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

織田直子(おだなおこ)

株式会社 アクエリアス情報研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
「謹んで2014」

あけましておめでとうございます本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます早速ですが、成人の日には「大人の話し方...

[ マナー&コミュニケーション ]

「何秒見つめていられますか?」

暑中お見舞い申し上げます猛暑続きですが、お変わりありませんか?長い?沈黙を破り、コラムをリスタートさせま...

[ 話し方ワンポイントレッスン ]

「笑顔の源は“お母さん”」
イメージ

これは研修で実際にあった話。電話応対の声がどうも暗い、早口、事務的、滑舌が悪い、、、電話の声を録音して本...

[ マナー&コミュニケーション ]

「ラッキー、ハッピー、クッキー」
イメージ

写真を撮るときに、なぜ「チーズ」というのか?これは「チー」と延ばす音の「イー」が、笑顔の口元をつくるからだ...

[ マナー&コミュニケーション ]

「キドニタチカケセシ ペット」
イメージ

初対面の人でも会話をしやすい話のネタとして「キドニタチカケセシ衣食住」と呼ばれるものがある。説明するまで...

[ 話し方ワンポイントレッスン ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ